2013年12月02日

大阪弁ってテトラコルド?

大阪弁ってメロディックだなぁと、いつも思ふ。
英語のような強弱アクセントも感じる。
なので、標準語よりリズミカルとも思ふ。
とにもかくにも、音楽的ということ。

何故こんなにメロディックに感じるんだろう?
方言とはいえ、
高低アクセントで成り立っているという点は、
標準語と変わりないはず。
(多少強弱アクセントを感じたとしても)
でも、単純に標準語と高低の位置が違うだけ、
ということではないんじゃないかなぁと。

そんな風に大阪弁を聞いてみると、
音程の幅が標準語よりある気がしてきました。
基本、標準語の幅は2度あれば十分。
ところが、大阪弁は2度では収まりきらない。

最初は3度かな・・・と思ったんです。
でも、違う気もしてきて。
もしかしてレーソという4度の音程で、
しかも、ミがないんじゃない?と。

「レファソ」って、これテトラコルドじゃんっ。
(邦楽の小泉文夫氏によるテトラコルドで、
3音によって成り立つ方です。)

言語そのものが音階でできてるってこと?

私は言語の専門家ではないので、
あれこれ調べたわけではなく、
感覚的に考えているだけなのですが、
大阪弁アクセント体系のように、
大阪弁について書かれたサイトをあれこれ探してみても、
方言って基本2度で考えられているらしく、
どうも私にはしっくりこないんですよね。

たとえば、「そうやねん」という発音。
私には「ソーファレ」と聞えてきます。
「ソーファミ」でもなければ、
「ソーファファ」でもないんですよね。

たとえば、「わからへん」という発音。
私には「ファソファレ」と聞えてきます。
「ファソファミ」でもなければ、
「ファソファファ」でもないんですよね。

こういう視点から、
大阪弁を研究している人っていないのでせうか?
また、このような音階を持つ言語って、
他にもあるのかな。
あるなら聞いたことのない外国語でもいいから、
その響きを聞いてみたいなぁ、なんて思ったり。

テトラコルドは、わらべ歌や民謡などの音階ですが、
言語そのものが音階を持っているとしたら、
本当に面白いと思ふ。

大阪弁の数の数え方は、
もうそれだけで音楽的だもの。
一度大阪弁の数の数え方を、
楽譜に起こしたものを見てみたいなぁ。
誰か楽譜に起こしてくれないだろぉか?(笑)


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 22:04│TrackBack(0) 音楽/その他 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぞうちゃん   2013年12月02日 22:34
こんにちは。

高校の頃、夏休みの課題だったか岩波文庫の「日本の耳」という本を読まされました。中身はもうすっかり忘れてしまいましたが、一つだけ覚えているのが「からたちの花が咲いたよ」に音程をつけるとどうなるか、というところ。

おもしろいのがやはり大阪弁で、もとの詩を「からたちの花が咲いたわ」という大阪弁に直して音程をつけると、音域はなんと1オクターブに及ぶ、ということでした。

私は本名「なおこ」です。関西方面の出身で大阪にも親戚がいますが、彼の地の知り合いは、私のことを「お」にアクセントをつけて呼びます。私には「ドソド」と聞こえます。

2. Posted by ぞうちゃん   2013年12月02日 23:54
訂正です。

岩波文庫→岩波新書
失礼しました。
3. Posted by 中嶋   2013年12月03日 10:20
>ぞうちゃんさん

なんと1オクターブですか!!!すごいっ。また、「なおこ」はやはり4度なのですね。私、人によっては、もしくは感情の度合いによっては、その時々で4度の人と、5度の人がいるんじゃないかなぁと感じたり・・・です。それにしても、高校で面白い本が課題だったのですね〜!!!