2013年10月19日

電子辞書ってすごぉい!

先日電子辞書を購入しました。
ああ、どうしてもっと早く
この存在に気づかなかったんだろう!
電子辞書ってすごいですねっ。


【送料無料】SHARP / シャープ Brain PW-A7400-R [レッド系]
【送料無料】SHARP / シャープ Brain PW-A7400-R [レッド系]

7300にしようと思っていたのですが、
実際に触ってみて7400に決めました。

もともと本を読むために買ったので、
国語系の辞書が多く登録されている
電子辞書を探していたのですが、
実際に使ってみると、
ブリタニカ国際大百科事典が大活躍!

漢字中心に検索することになると思っていたのですが、
実際は語彙の意味を調べることの方が多くて。
今読んでいる本がニーチェだからと思います。
三省堂のスーパー大辞林3.0も良いのですが、
ブリタニカの方が詳細な感じがしています。

あれも引いておこう、これも引いておこうと、
怪しい語彙も念のため、
頻繁に検索しながらの読書。
電子辞書が手元になかったときは、
30分で眠くなっていたニーチェ。
電子辞書があると意味がよくわかるので、
眠くならないということに気づきました。

哲学書は私には難しいんだし、
とりあえず雰囲気さえつかめればと
読み進めてきた本ですが、
辞書があるだけで、
ずいぶんと理解できるものなのですね。

私はお布団の中で横になりながら、
リラックスして本を読むのが好きです。
電子辞書は軽くて小さいので、
ヒョイヒョイッと横になったまま、
気軽に検索できるのがいいんですよね〜。

面倒くさくないって重要なんだなぁと、つくづく。
あれもこれもササッと調べられるので、
調べるという行為に気をとられることなく、
記憶が新しいうちに本を読み進めることができます。

しかも、調べた語彙の説明文に、
さらに調べたい言葉が出てきたとき、
そこをペンでなぞり「ジャンプ」を押すだけで、
その語彙についても調べることができちゃう。
調べる行為の負担が全くないというのは、
一貫した思考を保ち続けながら調べられるので、
ホント助かります。

私の場合、記憶力が異常に弱いので、
調べるという行為に夢中になっているうちに、
前後の記憶があやふやになり、
思考が分断してしまうんですよね。

ところで、私が購入したシャープのBrainは、
一括検索することができます。
この機能のお陰で、
ひとつの語彙を調べるとき、
複数の辞書で調べると、
その語彙についての理解が立体的になりやすい、
ということがわかりました。

ある言葉を検索すると、
Brainに入っている全ての辞書から、
その言葉を抽出してくれるんです。
世界史辞典、ブリタニカ、大辞林、
場合によってはカタカナ語辞典などに、
私が調べる言葉は引っ掛かります。

同じ言葉の説明でも、
辞書によって説明の角度が違うんですよ。
特に哲学系の言葉は、
いろんな角度からの説明文を読むほうが、
私にとってはわかりやすいようです。

この電子辞書、
漢字検索がほとんどだろうと思い、
購入したものでしたが、
この漢字検索も超お手軽なんですよ。
ペンで書いて検索できるからです。

特にありがたいのは、熟語の検索。
一文字ではなく、
この二文字をどう読むのかが知りたい、
なんていうときとっても便利!
そのまま二文字を書けばいいだけなので。

今のところ検索できなかった言葉は、
ひとつもありません。
あれもこれも、必ず見つかる!
凄すぎですっ。

電子辞書は、私にとって高価なおもちゃ。
手元にあるというだけで、ワクワクしてきちゃう。
幸せ♪♪♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 21:55│TrackBack(0) 読書 

トラックバックURL