2013年05月20日

ムジカノーヴァ6月号特集記事に・・・

今日発売のムジカノーヴァ6月号。

MUSICA NOVA (ムジカ ノーヴァ) 2013年 06月号 [雑誌]
MUSICA NOVA (ムジカ ノーヴァ) 2013年 06月号 [雑誌] [雑誌]


今月の特集は・・・

「音が苦」から「音楽」へ
考える楽しさ、わかる喜び

東北大学大学院教授の北村勝朗先生、
相愛大学講師であり
ピアノ指導者である北村智恵先生とともに、
私の記事が載っています。

今回の私の記事は、
編集部の方がまとめてくださったもので、
私がまとめたものではありません。
本やHP、ブログに書きためてきた私のあらゆる文章を、
この記事を担当してくださった方が熟読してくださり、
引用しながらまとめてくださったものです。

この企画についてご連絡いただいたとき、
担当者の方の一言一言に強く共感させられました。
しかし、その時点ではまだどのような形にするか、
具体的に見えていないということだったので、
私がネット上にアップしてきた、
今回の特集に繋がるであろう記事を
いくつかご紹介させていただき、

「まずは私という素材を知っていただき、
それを岡地さんに調理していただくというのでいかがでしょう?」

とご返信差し上げました。
先月に入り、原稿が送られてきました。
心が震えました。

私が紹介した文章だけでなく、
この10年私がネット上にアップし続けてきた、
あらゆる文章を熟読してくださっていることがわかったからです。
なによりも、私が目指している指導の視点を、
根本的にご理解いただけていることに感動しました。
そして、その根底に流れている指導の視点を、
とてもわかりやすくまとめてくださっていたのです。

私がネット上にアップしてきている記事は多彩です。
何年にも渡るものですから。
この多彩なまとまりのないネット上にアップされた記事たちから、
的を外すことなく、私の指導の視点を抽出するという作業は、
どんなに大変だったことだろうと思います。

この方がまとめてくださった記事は、私の宝物です。
これほどまでに深く、私の指導の視点を理解してくださり、
共鳴してくださり、わかりやすいくまとめてくださった
岡地まゆみさんに敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。


【この記事の元となっているネット上の文章】

セミナー内容の詳細
http://musestown.livedoor.biz/archives/52017712.html

ブログ記事カテゴリ「ピアノ/レッスン」
http://musestown.livedoor.biz/archives/cat_50011244.html

HP内「ミューズ図書館」音楽に関するエッセイ集
http://www.terra.dti.ne.jp/~emikosan/tosyokann.html

もしかしたら、この他にも岡地さんは読んでくださっているのかもしれません。
今、私が思いつくネット上にアップしている記事を、
上記にリンクさせていただきました。

また、岡地さんは私が出版した
「あきらめないで!ピアノ・レッスン」も熟読してくださっており、
今回の記事の根底には、
この本にある指導の視点が土台となっています。
上記リンクの「セミナー内容の詳細」は、
この本に関するセミナーの詳細です。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 10:29│TrackBack(0) ピアノ/レッスン 

トラックバックURL