2013年04月09日

ピアノの響きを楽しむレッスン

小学1年生になった女の子。
私お気に入りのミュージックツリーという教材を使用しています。
(絶版になっているため、中古楽譜を購入してもらっています。)
オルガンピアノ2巻と併用し、
ミュージックツリーBをレッスンしています。


ムードを変えて


この教材には時々ペダル使用の楽曲が出てきます。
踏みっぱなしにするだけなので、
ペダルを踏む技術習得が目的なのではなく、
響きを感じることが目的です。

この曲では、最初の2小節が長3度の響き、
後半の2小節が短3度の響きです。
ペダルを踏み続けていても、
前半がフォルテ、後半がピアノなので、
違和感なく響きを堪能することができます。

この子はすでに、
ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ長調と短調を、
5指の型で毎日弾くことを習慣にしています。

(右)ドレミファソファミレドーシード
(左)ドレミファソファミレドーソード

そこで、この曲をいろんな調で弾いてみよう!ということになりました。
好きな調を選んでもらい、弾いてもらいます。

響きを存分に味わってもらいたかったので、
この曲を弾く時だけは部屋を暗くし、
ピアノにだけスポットライトを当て、
ピアノの蓋は全開にしました。
もうこれだけで生徒さんの表情はキラッキラに。

私がこんな風に蓋を全開にし、
部屋の雰囲気を暗くしてスポットライトを当てるのは、
毎回のことではないので、
「特別なこと!」というワクワク感があるようです。

最後の音も、余韻を味わいながらペダルを上げていきます。
いろんな調を試した結果、
この子は楽譜通りのニ長調の響きが一番好きだったみたい♪

先日もう1人の子にも、同じようなレッスンをしたのですが、
このときはいろんな調で試すということをしませんでした。
すればよかったなぁ・・・。
今度しようかな。(笑)

それにしても、やっぱりこの教材はスゴイ。
大切なのは第3音。
その大切な第3音への取り組みが、
このような導入期から開始しているのだもの。

生徒さんに3の指の音が変化するんだねと、
変化した指に着眼させ、
その響きがどう変化するか聴かせてあげると、
演奏がたちまちハーモニックに様変わりします。

オルガンピアノ2巻に入ったとき、
ミュージックツリーはAだけでおしまいにして、
Bはやらなくてもいいかな・・・と迷ったのですが、
やっぱりBをやることにしてよかった!


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  





emksan at 18:53│TrackBack(0) ピアノ/レッスン 

トラックバックURL