2013年01月25日

音楽の中で息を吸う意味

Aという曲想からBという曲想に移るとき。
瞬時にBの雰囲気に切り替わらない。
そんな生徒さんに出会うことがあります。

上手くいかない理由のほとんどは、
息の吸い方にあると感じています。
音楽の中で息を吸うという行為が、
「曲想が終わった」という安堵になっているからです。

こんなとき、私は指揮のような動きで、
説明することにしています。
指揮法にのっとった動きではありませんヨ。
あくまでも「指揮もどき」の動きです。(^_^;)

次の動画。
呼吸1と呼吸2では、
次に出そうと思う音色やノリに、
異なったものを感じるのではないでしょうか。




私たちは歌を歌うとき、
フレーズが終わったために息を吸うのではなく、、
次のフレーズを歌う準備のために息を吸いますよね。
ピアノも同じです。


Aという曲想の終わりの安堵で息を吸うのではなく、
Bという曲想の準備のために息を吸います。


Bの曲想がやわらかでゆったりとした曲想なのであれば、
Bに入る直前の呼吸は、やわらかでゆったりとした息の吸い方になります。
Bの曲想がきびきびとした歯切れのよい曲想なのであれば、
Bに入る直前の呼吸は、きびきびとした歯切れのよい息の吸い方になります。


息を吸うのは次の音楽のため。


こう説明すると大人の生徒さんなどは、
「なるほど。言われてみれば!」という感じで、
目を輝かせてすっきりとした表情を見せてくれます。

子どもの生徒さんの場合、
普段拍子打ちと歌を日常的にやっているので、
このようなレッスンが必要になることはほとんどありませんが、
楽曲が難しく複雑になってくると、
曲想の切り替えがうまくいかないことも。
そんなときこの説明をすると、
その場で切り替えができるようになります。

切り替えがうまくいかないと思ったら、
是非指揮もどきをしてみてください♪
次の曲想のため、どんな動きで指揮をすることになるでしょう?
結構楽しいですヨ!


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


emksan at 08:00│TrackBack(0) ピアノ/レッスン 

トラックバックURL