2012年11月30日

続:発達障碍ってどんな障碍?

先日「発達障碍ってどんな障碍?」というブログ記事を書いたら、
多くの方がこの記事に興味を抱かれたようでした。
しかし、あの記事では思ったような答えが得られなかった、
と思われた方も多いのではないかと思います。

先日書いたように、言葉による説明には確かに限界があります。
どんなにわかりやすい説明を聞いても、
実際に接してみない限り、
本当の意味ではわからないだろうと思うからです。

でも、多少わかりやすい説明があったほうが、
とっつきやすいだろうなぁとも思い・・・。
かなりわかりやすく説明しているサイトを見つけたので、
紹介させていただくことにしました。
このブログ記事一番下にリンクを貼っています。

ところで、私は発達障碍の子どもたちがピアノを習いたいと思っても、
教室をたらいまわしにされてしまう現状を、
どうにか打破したいと考えています。
障碍のない定型発達の子が気軽にお教室を見つけられるように、
発達障碍の子がお教室を探すのに苦労しなくて済む社会をと願っています。

ピアノの先生方の中には、
発達障碍について勉強不足だからと、
尻込みしている方も多いのではと思います。
実際興味があり、
発達障碍に関する書籍を読んだり、
勉強を進めているにもかかわらず、
「まだまだ自信がない」と思われている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、どんなに本を読んで、
発達障碍に関する知識を得たとしても、
「これで自信をもって教えられる」と思える日は、
決してやってきてはくれません。
それは、出会っていないからです。

もし発達障碍に興味があり、
いずれはピアノ教室に受け入れてみたいと、
心が揺れ動いているようでしたら、
とりあえず出会ってみよう!接してみよう!と
是非はじめの一歩を踏み出してみてください。

本には発達障碍に関する、
あらゆる特徴が書かれていることでしょう。
でも、それらすべての特徴を併せ持つ子はいません。
いきなりあれやこれやすべての特徴について学ぼうとするよりも、
初めて出会う目の前にいる子どもから、
その子の特徴、個性を見ていくほうがずっとずっと現実的です。

私たちピアノ指導者は学校の先生方と違い、
1対1で指導することができる、という恵まれた仕事です。
一人の生徒さんの個性を、
じっくりと腰を据えて見ることができる仕事と思います。
いきなり大勢の子どもと接するわけではないのですから、
まずは一人とじっくり接してみませんか?

「そうは言っても先生と呼ばれる以上は!」
という義務感、責任感を持たれる方も多いことでしょう。
確かに私たちはピアノ指導者としてはプロです。
でも、障碍に関してはプロではないんですよね。
わからないことはわからない、教えてもらいたいと、
素直に親御さんに伺っていく、
そうやって信頼関係を築き上げていき、
親御さんと一緒にレッスンを作り上げていく気持ちでよいのではと思います。

実際、私も初めて出会ったときは当然のこと、
未だに、お家での様子や、学校での様子など、
親御さんに伺いながら、
どういう声かけがよいのか、
どういうペースがよいのか、
いろいろと試行錯誤しながらレッスンしています。

教育に正解はないと思っています。
根底に愛情があり、
生徒さんを知ろうと思う気持ちさえあれば、
親御さんと二人三脚で、
愛情あふれるレッスンを展開していくことは可能と思います。

これら私の言葉たちは、
興味のない人、理解のない人へ向けたものではありません。
発達障碍に興味を持ったため、
私のブログに辿りつき、
私のブログと巡り合ってくださった方々へ向けたものです。

どうか尻込みせず、その一歩を踏み出してください。
勉強することより、まずは出会うことが先です。
勉強し続けたところで、結局のところ何もわからないからです。
まずは一人でいいんです。
その一人と出会うことが、糧になるはずと思います。

出会ってみたら、
なんだ!あんなに不安に思っていたのに、
そんなに不安に思うことなかったんだ!と思うかもしれません。

もしかしたら、
わぁ!一体どうしたらいいんだろう?!
と悩むことが出てくるかもしれません。

そんなときは悩みを一人で抱えずに、
私たちみんなで手を携えて、
お互いに情報交換し合っていきましょう。
mixiコミュニティ「発達障害とピアノ」は、
いつもそこにある、
気軽に参加できる、みんなのコミュニティです。


mixiのコミュニティ
「発達障害とピアノ」
ピアノ講師限定、非公開制
mixiは招待されなくても
登録できます。
http://mixi.jp/


いつか、障碍あるなしなんて関係ないんだ、
ほかの生徒さんと同じスタンスで教えればいいんだ、
と思えるようになったら最高です。
障碍のない定型発達の子への指導法で悩むのと、
発達障碍の子への指導法で悩むのとは、同じことなのですから。


【わかりやすい説明のあるサイト】

発達障碍の種類・基礎知識
http://allabout.co.jp/gm/gc/302571/

自閉症の原因・症状・特徴
http://allabout.co.jp/gm/gc/302572/

アスペルガー症候群の原因・症状
http://allabout.co.jp/gm/gc/302570/

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状
http://allabout.co.jp/gm/gc/302091/


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 09:00│TrackBack(0) 障碍&幼児 | ピアノ/レッスン

トラックバックURL