2012年09月11日

研究発表初体験

ここしばらくブログの更新頻度が激減していたのは、これが理由です・・・。
この2カ月、ずっとずっとパソコンの前に座り続けていました。
平日は5,6時間、休日は10時間なんて日も!
初体験だったのできつかった!!

でも、大学時代卒論でお世話になった恩師に
ご指導を仰ぎながらのまとめ作業だったので、
学生時代に戻ったかのような、新鮮な気持ちもありました。
まぁ・・・確かに・・・・・
これまで経験したことのないタイプのきつさがありましたが。
なんとか乗り切ったなぁという感じです。
精神的に折れそうになる私の心を支え続けてくれた主人に感謝です。

研究発表の内容は、「ピアノ導入期における教材」です。
会場は東京家政大学。
幼児音楽研究会における発表でした。
周りは大学の先生方ばかり・・・。
私のような小さな街のピアノ指導者が発表だなんて!ですが、
恩師が実践派を応援してくださる方だったので、
このような貴重な機会を与えていただくことができました。

与えられた発表時間は20分。
厳密な時間割で6名の発表が次々に続きます。
終了時間5分前になると合図が出されるというシビアさ。
そして、その後はドキドキの質疑応答。

台本を作成し終えてからこの1週間、
のどが枯れるんじゃなかろうかというほど、
ストップウォッチを片手に練習しまくりました。(笑)
舌が回らないと時間通りに収まらない!
いかにすらすらと言いたいことが的確に口から出てくるか・・・。
ピアノの練習と同じです。

その上、初めて使用するパワーポイント。
実は、このソフトの存在を知ったのは最近のこと。
静止画と動画の両方を使用する必要があったので、
パワーポイントが一番よい、ということになったのです。

普段家にこもりきりの生活をしている私。
ノートパソコンにも使い慣れていないですし、
パワーポイントのソフトの使い方すら知りません。(^_^;)
主人に必要な資料や動画をスライドショーに作成してもらい、
パワーポイントの使い方を教えてもらい・・・。
まぁ、まさに手取り足とり状態でした。(笑)

また、当日無事機材が動作するのかが不安で不安で。
音声がきちんと出るのか、パソコンが固まってしまわないか、
ソフトがきちんと動くのか・・・。
不安だらけです。
でも、研究会でお世話になっているお2人の先生から、
いろいろとアドバイスをいただき、
また、当日接続などのお手伝いしていただくことで、
無事練習通り機材が動いてくれ、
練習通りにお話することができたのでした。

自分の頭の中身を、
誰もが理解できるような形で、
また、誰もが納得できるような形で提示するということの難しさを、
今回は痛感させられました。

私が提案するピアノ導入期における教材の在り方というものを、
どのような切り口から、どのような形で提示したらよいのか。
恩師のご指導のお陰で、まとめることができました。
恩師のご指導がなかったら、ごちゃごちゃとしてまとまりが悪く、
誤解を受けるようなまとめ方になっていたのではと思います。

今回は20分という制限があったので、
”表現を伴った身体へのアプローチ”に焦点を絞りました。
こんな風に焦点を絞ってお話できたというのも、
結果的にはとてもよかったことのように思います。

幼児音楽研究会では機関誌を発行しています。
昨日、研究大会発表のまとめを、
この機関誌投稿用に作成しました。↓
http://www.terra.dti.ne.jp/~emikosan/20120909.pdf


私以外の方々の研究発表は以下の通り。
機関誌は研究会会員になれば読むことができますヨ。
ご興味のある方は、是非こちらへ。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~youonken/index.html


・原 加奈氏(中野たから幼稚園) 
『絵本からのごっこあそび〜その展開と子どもの育ちについて〜』

・花輪 充氏(東京家政大学) 
『絵本の読み聞かせの自在性を探求する〜リーダース・シアターの手法を手がかりとして〜』
(東京家政大学学生さんによる実践)

・中山 裕一郎氏(信州大学) 
『「さくら・さくらんぼ」 保育における音楽について』

・大里 修二氏 (金城学院大学)
『 こどもと音楽における「まなびおこし、まなびほぐし」 』


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 



emksan at 14:21│TrackBack(0) ピアノ/教材を眺めて 

トラックバックURL