2011年09月18日

気仙沼のピアノの生徒さんたち

88鍵電子ピアノ支援要請のある気仙沼にあるピアノの教室の生徒さん。
私が直接やりとりさせていただいているのは、
この気仙沼のピアノの先生で、
支援楽器のマッチングはピアノの先生にお任せしています。
この気仙沼の先生から楽器を必要としている生徒さんの情報をいただきました。


中学2年生 女の子

津波で家ごと全て流され、家の物は写真の1枚も何一つ見つからないそうです。
先月位まで、ずっと中学校の教室で避難生活をしていて、やっとアパートを借りれたそうです。
3姉妹の長女、学校で吹奏楽部。
楽器がないので、レッスン前に早く来て、教室の電子ピアノで練習しています。


中学校1年生、小学3年生 姉妹 

津波でアパートが水没、骨組みだけ残っていたそうです。
今回合唱コンクールの伴奏を頼まれたので、
先生からキーボードを借りて練習中。ピアノは教室に早く来て練習したり、学校で練習。
借りたキーボードにペダルがなく、大変不便な状態です。


小学3年生、幼稚園年長 姉妹  

津波で家が側だけになり、中は全て流されました。
その日、家にはお父さんが2階にいて、水が入ってきて水の中に沈んだそうです!
でも、水圧で屋根が外れて、奇跡的に外に脱出、
そのまま屋根や流れてくる船にしがみついて、なんとか生還しました。
姉妹で大事にしていた宝物のピアノが流されて、とっても落ち込んでいるそうです。


楽器支援方法の詳細はこちらをご覧ください。
お申し込みは、ブログのコメント欄ではなくメールをください。
どうぞよろしくお願いいたします。


“鏈匱圓罰擺鐵鷆ー圓離泪奪船鵐
被災地楽器店で楽器を購入し、被災者へ楽器支援するための支援金募集。
 
(1口5000円)
   http://musestown.livedoor.biz/archives/51947658.html 


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 13:55│TrackBack(0) 東日本大震災支援 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 空美(solami)   2011年09月20日 14:42
毎日、ネットで支援を呼びかけていらっしゃる中嶋先生。
ご自身の時間をすべてつぎ込んでいらっしゃるのでしょう?
本当にお疲れ様です。

ピアノ支援というより、生きる希望を持てるための支援活動ですね。
この女の子たちの不安やご家族のご苦労は、私には
とても計り知れませんが、応援する気持ちを持ち続ける事だけは忘れないでいようと思います。
2. Posted by 中嶋   2011年09月20日 15:39
> 空美先生

いつもご支援いただき、本当にありがとうございます〜!!
本当に、希望のための支援なんですよネ。
今日、すべての生徒さんの支援を終えたピアノの先生から、
これでレッスン再開できます!と喜びの声をいただき、
とてもとても嬉しく思いました。

支援先のピアノの教室の生徒さん、
すべてに支援が行き届いたとき、
ピアノの先生がみなさんとても喜ばれるんです。
楽器がなくてレッスン再開できなかった子や、
楽器がないけれどレッスンに通っている子など、
先生の生徒さんへの強い思いを感じています。