2011年09月16日

音楽バカは教養人

”音楽バカにはならないで!”


これまで何度も耳にしてきたこの言葉。
私はとてもとても違和感を覚えるんです。
ここでいう「音楽バカ」というのは、
言葉を変えれば「練習バカ」ということなのでしょう。
そう考えればしっくりきます。

だって、真の音楽バカはとてつもない教養人なんですヨ。
音楽を追求すればするほど、
歴史を知らなきゃいけない。
美術史を知らなきゃいけない。
文学を知らなきゃいけない。
建築史を知らなきゃいけない。
政治を知らなきゃいけない。

近代史を知らずして、20世紀の作曲家の楽譜を紐解くことができますか?
20世紀の作曲家には、時代に翻弄された苦しみがあるものです。
第1次世界大戦、第2次世界大戦、この時代の政治を知らずして、
近代の作曲家を演奏することなどできないのではないでしょうか。

バッハを演奏するのに、
キリスト教についての知識が全くなくて良いものでしょうか?
イコンを見た人と見てない人とでは、
演奏の深みに大きな違いが出てくるでしょうし、
なにより演奏者の楽曲へ向かう想像力に大きな違いが出てくることでしょう。

西洋文学に親しむことは、作曲家の世界に触れることでもあります。
シューマンを演奏したいなら文学に親しむべきでしょうし、
ギリシャ神話を想像できる人とできない人とでは、
演奏に必要な想像力に大きな差が出てくることでしょう。

印象派を知る上で、
当時の画家が何を目指していたのかを知ることは、
演奏の際の大きなヒントになります。

また、作曲家も建築家も画家も、
影響を受けた思想というものがあるものです。
西洋思想について知ることは、
作曲家に近づく一歩となるでしょう。

こういったことを学び始めると、
では日本人である私はどう表現すべきなのだろう?という壁にぶち当たり、
逆に日本文化に興味が湧いてくるものです。

キリスト教について学んだ人は、
イスラム教やユダヤ教についても知りたくなるでしょうし、
ギリシャ神話に触れた人は、
ギリシャ文学やそれにまつわる絵画に興味を持ち始めるでしょう。
思想について学んだ人は、
思想が社会や政治、文化を形作っているのだということに気づかされます。

こうしてみると、
政治も思想も、文学も絵画も、建築も宗教も、
すべてが繋がりをもって歴史は流れているのだ、ということに気づかされます。
音楽はその中の一部分であり、
クラシック音楽はこういった広範囲な歴史と深く関わり合っているのです。

ね?音楽バカって、すんごい教養人だと思いません?
だから、私は生徒さんに、どんどん音楽バカになってもらいたいと思うし、
私も真の音楽バカを目指したいと思うのですヨ。
でもね、あまりにも広範囲なので、
記憶力の悪い私は、なかなか真の音楽バカになれずにいます。(^-^;
真の音楽バカへの道のりは厳しい〜!!


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 21:01│TrackBack(0) 音楽/その他 

トラックバックURL