2011年04月30日

1日2食、おにぎりだけの避難所

宮城県沿岸部の方々へ自立支援をなさっている、
仙台にお住まいのピアノ講師かおるさん。
ブログでその活動を逐一報告してくださっています。
そして、昨日のブログ。

お子さんとお母さまを亡くした、かおるさんのお友だちの記事。
1日2食の避難所生活。
車で買い物へ行くと40分かかります。
車や自転車を流されてしまった方のことを思うと胸が詰まる現実。

http://kabo518.exblog.jp/16258143/

是非読んでみてください。
テレビでは放映されない現実です。
この方は日々、遺体安置所へ通っているとのこと。
この方のように、まだご遺体が見つかっていない方々が
たくさんいらっしゃいます。

ネット上には海外メディアが取り上げた遺体安置所の写真も出回っているようですが、
私は怖くてそれをクリックすることができずにいます。
写真を見ないで想像するだけでも胸が苦しくなるのに、
数ある遺体安置所をめぐり、愛する人のご遺体を探すということ。
想像を絶します。

そこには生々しい”におい”もあるのです。
遺体安置所だけでなく、
被災地も、においがすごいと聞きます。
埃もすごい。

今、東京と神奈川ではしかが流行っているようです。
発展途上国の避難所では、
必ず海外ボランティアが避難所のすべての被災者にワクチンを打つそうです。
先進国の日本は?
何故日本では避難所生活している被災者にワクチンを打たないのでしょう?
はしかが流行る可能性があるからと、注意を促すだけ?

医療支援が滞り、2次災害が起こらないことを、
強く願うばかりです。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 12:44│TrackBack(0) 東日本大震災支援 

トラックバックURL