2011年04月25日

ダイレクトに支援

避難所の食事、改善を
 「1日2食」「肉野菜なし」栄養士会』時事通信4月24日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110424-00000033-jij-soci


牡鹿半島支援/ハミングバードより/4月23日ブログ
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1453855.html
牡鹿半島内には 現在も
生鮮食料品を買う事の出来るお店はありません。

石巻市内には イトーヨーカドー系列のお店は
ありますが 非常に遠い上(片道10K弱) 
津波、地震等の影響で
そこへ移動するための 車 バイク 自転車の
多くが 水没 消失してしまっています。
バスは通り始めましたが
非常に便数も少ない上
時間も不定期の様な状態…

自衛隊さん や 個人や団体からの支援
社会福祉協議会 からの 支援
それらの 多くが
 お米 水 レトルト 缶詰 等
保存の利くものが中心です。
現在 個人宅避難者で
欲しい食料のナンバーワンは
生鮮食料品 です。

お肉、お魚 は 日保ちも悪く
高額ですから 支援するのは難しい
そこで やはり 生野菜 果物を
是非 お願いしたいと思います。



〔邵擇梁りていない避難所・自宅避難者への支援
避難所から抜け出し、新生活を送る方のための支援


私は今、この2点に絞って支援しています。
避難所から抜け出すのも大変です。
すべてが流されてしまっているため、生活用品すべてが必要なのです。
しかし、先行き不透明のまま、すべてを買い揃えるのは大変なこと。

仙台のピアノ講師、かおるさんが△亡悗靴討了抉膤萋阿鮖呂瓩討い泙后
大きな団体による支援ではありませんが、
確実にダイレクトに被災者を支援することができます。

http://kabo518.exblog.jp/16235015/ (第1便報告)

このたび、第1便として支援へ向かってくださいました。
私は支援金をかおるさんに寄附させていただきました。
物資支援もありですが、
支援金はその場その場で必要なものを購入することができるので、
柔軟性があるように思います。

今行政は細かなところまで行き届いていないのが現状です。
炭水化物ばかりで野菜がない、自宅避難者まで手が行き届いていない、
避難所から抜け出るための支援が片手落ち・・・。
行政も人手が足りないんです。
多くを被災地の行政に望むのは酷なのかもしれません。

そのため、このような1人1人の小さな支援が、
とても大切と感じています。
小さな積み重ね。
地道にこなしていくしかない。
それが現状なのだろうと思います。

かおるさんの支援は、このような小さな小さな一歩ではありますが、
確実な一歩でもあります。
なによりダイレクトに支援することができるのです。
毎回毎回ブログなどで支援活動の報告ができるわけではありません。
人と人の繋がり。
かおるさんを信じて、無条件にかおるさんの支援を応援してくださる方。
是非ご協力をよろしくお願いいたします。

今後長い長い支援が必要だろうと考えています。
この支援を一度きりの支援と思わずに、
長期的に見守ってくださるよう、
心よりお願い申し上げます。

http://kabo518.exblog.jp/16216938/ (支援物資募集)


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 16:05│TrackBack(0) 東日本大震災支援 

トラックバックURL