2010年09月15日

浴びるほど弾く

ようやく浴びるほど弾く・・・の時期が訪れてきたようです。
ベートーヴェンの話。
ベートーヴェンと向き合うには、それ相応の覚悟がいるものなのですねぇ。

弦楽四重奏をたくさん聴くことで、
ベートーヴェンの奥深さを知り、
ベートーヴェンの生涯を改めて見渡したことで、
ベートーヴェンの精神性を感じ、
やっとこさベートーヴェンと向き合う覚悟ができたみたいデス。

初めての経験だったなぁ。
作曲家を受け入れるのに覚悟がいるだなんて。
私はいつも生ぬるく、
理不尽さや不条理さとは無縁で生きていけるようにと、
自分の環境を選んで生きています。
 (選べるだけ幸せなんだなぁとも思うのだけれど・・・。)

だから、ベートーヴェンのように厳しく、
社会や自分の人生に起こる不条理さや理不尽さとしっかと向き合っている音楽は、
心の安定を望んでいる私の心が大きく揺さぶられるので、
耐えられなくなるのだろうと思います。

でもね、ようやく・・・ホントようやく向き合える気がしてきて。
浴びるほど聴くのは一端終止符を打ち、
今度は浴びるほど弾こうと。
とりあえずは、悲愴と同時期に作曲された曲を全部弾こうと思っています。

でもまずは、悲愴全楽章をば。
20年前とはいえ、一度弾いている曲なので譜読みはラク。
後期の作品は大変ですが、
この時期の作品は譜読みに関してはラクなのですよ。
指が動くか動かないか・・・という程度の意味ですヨ。

ところで、この浴びるほど弾く。
人前で演奏する曲ではないにしろ、
ベートーヴェンを知るための練習なわけで、
中途半端すぎても意味がなくなってしまいます。
ということで、どの辺で手を打つか・・・なのデスヨ。(^_^;)
最低限の仕上げはやらないと、何も学べないだろうなぁと。

で、全楽章弾いてマス。
全楽章を真面目に取り組んでいると、
第1楽章の演奏が変わる。
今日実感しました。スゴイ。

これまでは、全楽章弾いても弾くので精一杯。
全楽章弾くことで、ある楽章の演奏が変わる、ある楽章が見えてくる、
なぁんてことはなかったように思います。
ところが今回は違う。
全楽章弾く意味を実感できている自分がいて、とても嬉しい♪
頭で理解するというのではなく、
心で、体で感じていることが嬉しいのですヨ。

これまでは全楽章の譜読みって、
義務的な意味合いの方が強くて、
心から楽しめない自分がいたのですが、
今回は違うようです。

あぁ、38歳にしてようやくここかよ・・・ですネ。(^_^;)
ほんっとのろまなんですねぇ、私って。

それにしても2楽章の難しいことったら!!
涙を浮かべて微笑む。
これが悲愴第2楽章の私のキーワード。
これがなかなかねぇ。
どうやって音にしたら、こういう演奏に聞こえてくるのでせう?
緩徐楽章って、本当に難しいですね。
がんばろぉ〜♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【ベートーヴェン---楽天
【送料無料】やさしく読める作曲家の物語 〜モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、ドビュッシー〜
文庫 新編 ベートーヴェンの手紙 上/L.V.ベートーヴェン 小松雄一郎
名盤鑑定百科 ベートーヴェン
【ひびきの本】ドラマティック・ベートーヴェン 〜自己プロデュースの達人〜
ベートーヴェンおもしろ雑学事典
「救済」の音楽 バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ワーグナー論集
名曲悪口事典 ベートーヴェン以降のクラシック名曲悪評集
ベートーヴェンの生涯
一冊でわかるベートーヴェン




emksan at 18:03│TrackBack(0) ピアノ/練習&勉強 

トラックバックURL