2010年07月23日

ロミオとジュリエット

体調がいいなんてブログに書いたら、
体調が悪くなってしまいましタ。(^_^;)
久々のダウンです。
いつ以来だろう、本当に久々のダウン。
今日なんとなぁく復活の兆しが見えてきましたが、
咳が出てきているんですよね。
ふうっ。夏バテでせうか?
そういや昨年もこの時期バテてたなぁ・・・。


ところで、今日はロミオとジュリエットなのです。
ギリシャ神話、オウィディウスが書いた変身物語。
神話伝説の変身に関する話を集めたもので、
先日朗読したのもここからのピックアップでした。


オウィディウス 変身物語〈上〉 (岩波文庫)オウィディウス 変身物語〈上〉 (岩波文庫)
著者:オウィディウス
販売元:岩波書店
発売日:1981-09-16
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


でね、まるでロミオとジュリエットじゃん!という物語があったのですよ。
もちろんあそこまで複雑ではないですが、
認められない恋愛、真夜中の落ち合い、
すれ違った勘違いによる死。
ここいら辺が、ロミオとジュリエットそっくりなのです。

そこで、シェイクスピアはこの伝説を知っていて、
ロミオとジュリエットを書いたのかな?と不思議に思い、
ネットで調べてみることにしました。
ウィキペディアです。ウィキペディアって便利♪

ありました、ありました!
『ピュラモスとティスベ』の文字。
やっぱりこれを元にしてたのね〜〜〜!!です。
なんか原型に触れることができて嬉しい♪
でもね元があるとはいえ、やっぱりロミオとジュリエットは現代的。
ピュラモスとティスベには、もっと古典的で素朴な味わいがあります。


ところで、最近ヒストリーチャンネルで
『神話の世界』〜神々の戦い という特集がありました。
全10話。ぜぇんぶ録画。
面白かった〜。
http://www.historychannel.co.jp/cgi-bin/time_t/epg370_title_list.cgi?title_year_date=20100717&title_time=110000&year=2010&month=7

特にオデュッセウスは、ホメロスの本を読んでいたので面白さ倍増でした。
ギリシャの神々以外に、北欧の神々も扱われていて、
それが事実上の歴史とどのように関わりがあるのかといった視点も、
興味を惹かれましたヨ。
また、当時の人々の価値観などが垣間見えてくるようなアプローチも、
面白かった理由のひとつかも。

そのほか、映画にもなった「指輪物語」も扱われていました。
映画は見ていたものの、それがどういう本なのか全く知らなかったので、
この特集をみて読んでみたくなっちゃった。
現代の人間が作り出した神話。面白いですネ。


あぁ、それにしてもメデューサが
こんなに悲しい性を持っていたなんて、知りませんでした。
当時の神々は時に不条理で、人間にもたらされる運命も不条理なものです。
メデューサという存在がこんなに知れ渡っているのは、
見た目やその特性だけによらず、
こういう悲しさを背負っていたからなのかもしれないですね〜。


突然ですが、『ピグマリオ』という漫画を思い出してしまいました。(^_^;)

ピグマリオ (1) (MFコミックス)ピグマリオ (1) (MFコミックス)
著者:和田 慎二
販売元:メディアファクトリー
発売日:2001-06
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

ここに出てきたメデューサに、こういう背景って描かれてましたっけ?
思い出そうとしても全く思い出せません。(^_^;)
とにかくめちゃくちゃ面白かったという記憶だけが残っています。
なんだかまた読みたくなってきちゃいました。
買うと本棚がとんでもないことになりそうなので、漫画喫茶か?!


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【ギリシャ神話/本---Amazon.co.jp
ギリシャ神話集 (講談社学術文庫)
クチコミを見る
面白いほどよくわかるギリシャ神話―天地創造からヘラクレスまで、壮大な神話世界のすべて (学校で教えない教科書)
クチコミを見る
ギリシア神話 (図解雑学)
クチコミを見る
ギリシア神話 (岩波文庫)
クチコミを見る
図説 ギリシャ神話「神々の世界」篇 (ふくろうの本)
クチコミを見る
ギリシア神話〈上〉 (新潮文庫)
クチコミを見る

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 16:11│TrackBack(0) 読書 

トラックバックURL