2010年05月18日

なんだ、いい感じ♪

La Musipue du soleilも無事終わり、
気分を入れ替えて、発表会一本に的を絞る時期がやってきました。
ってことで、私の練習も講師演奏に向けての練習に。
昨日から練習し始めています。

でね、思ったこと。
なんだ、いい感じぢゃん♪

1か月全く弾けなかったのに、
暗譜があやしくなっている点をのぞけば、
かなぁりいい感じ。
というか、以前よりよくなってるんですねぇ。

まず、流れがある。
響きも良くなってる。
あれれ?!なのです。

やっぱり夢中になりすぎるとダメなんですねぇ。
特に、私はこの曲で流れを大切にしたいと思っているので、
俯瞰できていないと、いい演奏にはならないのデス。
熱中しすぎると視野が狭くなって、流れが滞ってしまう。
あぁ、怖い怖いっ。(笑)
夢中になりすぎは禁物ですネ。

こうしてみると、改めて熟成させることの大切さを感じます。
無理やり練習して弾いたところで、もうこれ以上にはならない。
そういうときは、一度熟成させるといいのかもしれないですネ。

ってことで、この曲は練習しすぎ禁物。
このままの状態で、あとは安定感を目指していきたいなぁ。
そのためには、以前記事に書いた基本的な練習方法と、
コルトーを中心に。

この曲の響きを作るための指ができていて、
この楽曲のイメージがはっきりしていれば、
あとは弾けるはずなのだから。
基礎さえ押さえておけば、自由な感性で弾けるハズ!

それにしても不思議。
響きすら良くなっているのだから。
あれだけ苦労して響きの実験をしまくったからかなぁ。
それが熟成されたってことなのでせうか。
確かに、この曲は流れと響きが一体化しているので、
響きだけを追求したところで、
流れが滞っていては響かないんですよねぇ。
それが熟成したことで良くなったのかな。

うん。いい感じ。
とにかく練習しすぎに注意しよぉ。
片手ずつの暗譜は確実になっているので、
あとは、部分出しができるようにしておけば、安心かなぁ。
今後の練習の流れは、

.侫ンガーウェイツを付けてコルトー
▲侫ンガーウェイツを付けて、この楽曲で基礎練習。(以前記事に書いたもの)
ゆっくり響き確認、流れ確認
ぅ謄鵐歡未蠶未稽習

部分練習は、ここにちょこっとだけ加える程度。
30分もあれば練習終わっちゃう・・・みたいな流れですねぇ。
こりゃ、この曲の練習だけじゃダメだなぁ。
どうしてもこの曲に集中したくなっちゃって、
視野が狭くなる可能性大。
何か他の曲も練習しよっと。



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【ショパン/本---Amazon.co.jp
ショパン (新潮文庫―カラー版 作曲家の生涯)
クチコミを見る
作曲家 人と作品 ショパン (作曲家・人と作品)
クチコミを見る
決定版 ショパンの生涯
クチコミを見る
弟子から見たショパン―そのピアノ教育法と演奏美学
クチコミを見る
ショパン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
クチコミを見る
ショパン知られざる歌曲 (集英社新書)
クチコミを見る

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 



emksan at 16:43│TrackBack(0) ピアノ/練習&勉強 

トラックバックURL