2010年04月17日

SYOTAくんの今後の目標

SYOTAの部屋のSYOTAくん。
楽曲の構成感はずいぶんと落ち着いてきて、
そこら中がサビだらけ〜という時期は過ぎたようです。
そこで、新しい目標を設定しなおすことにしました。

新しい目標は、
メロディとハーモニーに奥行きを出す、です。
要するに繋留音と先取音のコト。
でも、くどくどと説明してもわかりにくいだけなので、


・小節線をまたぐタイを使ったメロディを8小節作ってくること。


という宿題を出すことにしました。
今日その宿題を見たら、大譜表で書いてくれていました。
最初は慣れないタイの扱い。
メロディだけで精いっぱいかと思ったのに、
彼はメロディとハーモニーが同時に頭の中で鳴っているんですよね〜。
しかも、形になっている部分が結構あるんですよ。

でもね、意味もわからずやっているので、
たまたま出来たって感じなんですねぇ。
左右にハーモニーのゆらぎが全くない状態で、
一緒にタイをつけている箇所が何箇所かありました。


「小節線をまたいだタイには、ハーモニーのズレが生まれます。
今はそのための練習をしています。」



ということで、全く同じハーモニーの動きでタイがついている箇所を
その通り演奏した後、ハーモニーをずらして演奏してみました。


「こんな風にね。ズレるところに美しさがあるの。」


SYOTAくんの顔が一瞬明るく興奮します。
そうでしょ、そうでしょ!
これって、SYOUTA君が好きな響きでしょぉ〜!!
と内心興奮する私。(笑)

早速手直し開始。


「ここも、同じハーモニーの動きになっちゃってるね。
どんな風にずらしたらいいかな。」



即座に楽譜へ向かって手直しするSYOTAくん。
ここまでくれば、私の出番なぞないのデス。
私が思いつかないような、素敵なハーモニーのズレを作ってくれる。
こういうところがすごいんだなぁ〜。
なるほど、ここがこうなるのか!!みたいに、
目からうろこで驚かされることしばしば。
才能のない私が手を出したところで、太刀打ちできんのですヨ。

6月のホームコンサートでは、
ここで勉強したことを取り入れてもらって作曲してもらおうと思っています。
この練習が身に付いたら、
早速作曲に取りかかってもらうつもりです。

今回は、構成もこちらから提案はせずに、
(多少のくくりはまだ必要かと思うけれど・・・)
自由にやってもらおうと考えています。
楽しみぃ♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【自閉症/本---Amazon.co.jp
自閉症だったわたしへ (新潮文庫)
クチコミを見る
自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心
クチコミを見る
自閉っ子、こういう風にできてます!
クチコミを見る
我、自閉症に生まれて
クチコミを見る
光とともに 14―自閉症児を抱えて
クチコミを見る

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 17:51│TrackBack(0) ピアノ/レッスン 

トラックバックURL