2010年04月13日

シューマン

ガーデニング4生徒さんでシューマンを弾いている人がいます。
レッスンのたびにシューマンの曲に感動する私。
どうやら私はシューマンの対位法の使い方が、
たまらなく好きらしい。

ショパンもほほぉ〜という使い方をしているし、
メンデルスゾーンだってそこら中に使っているけれど、
でも、シューマンのは一味も二味も違う。
対位法の醍醐味を味わえるような気がするんですヨ。

あのハーモニーとメロディーの美しさったら!
シューマンは精神病棟で亡くなったけれど、
作曲していたときはその美しい響きに酔いしれながら、
夢中になって楽しんでいたんぢゃなかろうか・・・。
だって、こんなにも美しく対位法を扱うことができて、
こんなにも美しい響きとメロディを自分の手で作ることができたら、
私だったら楽しくて楽しくてたまらない。(笑)

シューマンの苦悩は作曲そのものにあったのではなく、
そのほかのことが大きな要因だったんだろうとも思うし。
それとも、そんな風に考えるのは、
私の浅はかさというものでせうか?ゴメンナサイ

シューマンはピアニストになることを諦めた作曲家。
当時それほどもてはやされたわけではなかったし、
華やかなショパンやリスト、メンデルスゾーンに比べると、
目立たない作曲家かもしれません。

ガーデニング5でもネ、シューマンって天才だったんぢゃないかしらん、
と私は思うのですヨ。
シューマンの対位法は、とても素朴で作為を感じません。
だからこその美しい響き。
だからこその奥行き。
こりゃ誰にも真似できないだろう、と思ふ。

きっと私はシューマンが使うハーモニーも好きなんだな、うん。
派手すぎなくて私好みなのかもしれません。(笑)
あぁ、こんな風に作曲できたらなぁ〜。

うっとり〜
ひたすらうっとり〜

いかんいかん。
これじゃレッスンにならないぢゃんっ。(笑)


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【シューマン/本---Amazon.co.jp
音楽と音楽家 (岩波文庫 青 502-1)
クチコミを見る
作曲家 人と作品 シューマン (作曲家・人と作品シリーズ) (作曲家 人と作品シリーズ)
クチコミを見る
シューマン (マンガ音楽家ストーリー (6))
クチコミを見る
オルフェライブラリー シューベルトとシューマン 青春の軌跡 (オルフェ・ライブラリー)
クチコミを見る
シューマン―愛と苦悩の生涯
クチコミを見る

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック



emksan at 21:44│TrackBack(0) ピアノ/レッスン 

トラックバックURL