2010年03月02日

ソレイユ10周年魔笛台本完成?!

毎年5月に子どものための演奏会を開いています。
La Musipue du soleil
いつの間にやら10周年。びっくりデス。
 ・・・・・La Musique du Soleil(ラ・ミュジーク・デュ・ソレイユ)とは、
    子どものために無料演奏会を開催するという趣旨を持った、
    ピアノ講師を中心としたサークルです。毎年5月に子ども向けのプログラムで演奏しています。
    未就学児や発達障害のお子さんも入場可の、
    気軽に聴きに来られる演奏会を目指しています。
    La Musique du Soleil演奏会をきっかけに、様々なコンサートへ足を運んでくださることを、
    La Musique du Soleilメンバー一堂願っています。


今年は10周年ということで、
これまでの楽曲の中から選曲して演奏することにしました。
ここ何年間かのプログラム構成は、
1部が名曲集、2部が音楽と語りなど特集ものになっているのですが、
第1部の名曲集はいいとして、第2部はどうしようか?ということに。

そこで、いろいろ話し合った結果、好評だった「魔笛」をもう一度やることにしました。
ピアノは連弾。以下の楽譜を使用します。


ピアノ絵本館(9) モーツァルト 魔法の笛(れんだん) (ピアノ絵本館 (9))ピアノ絵本館(9) モーツァルト 魔法の笛(れんだん) (ピアノ絵本館 (9))
著者:モーツァルト
販売元:全音楽譜出版社
発売日:1998-12-10
クチコミを見る


舞台構成は、

・ピアノ連弾
・フルート
・語り&歌(1人)

以前は語りと歌を2人でやり、フルートはいなかったので、
前回とまるきり同じ・・・ではありません。

台本も大幅に書き換え。
ピアノ絵本館の文章は、
ちょっと長くて小学低学年のお子さんでは飽きてしまいそうだったので、
以前も全く違う台本を1から作ったのデス。

主役はパパゲーノ。
パパゲーノが語り部となって話を進めていきます。
この物語は結構内容が複雑。
その上オペラや劇ではなく、
語り部が歌ったりお話したりして話を進めていくので、
全体の長さ調節も重要なのデス。
長すぎると飽きちゃうしネ。(^_^;)

ということで、内容をカットした部分あり、
かる〜く触れるだけで済ませた部分あり、
かなり縮小した魔笛になります。
とはいえ、さすがはモーツァルト、楽曲がイイ!
だから好評だったんだよなぁ、とも思います。

今年は前回使わなかった楽曲も使用し、
長かった語り部分の合間に楽曲を挿入したり、
前回より内容が伝わりやすくなったんじゃないかな、と思います。
途中BGMとして楽曲を用いたり、
ピアノで効果音を鳴らしたり・・・、
いろいろ工夫して観る人も、演奏者も、
全員が楽しめるといいな〜♪

今日、昨日話し合って決定した台本を清書し、
メンバー全員にメールで添付しました。
残るは合わせの練習のみ!!
これも和気あいあいとして楽しいんですよね〜。
早く合わせたいなぁ。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【モーツァルト/本---Amazon.co.jp
モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)
クチコミを見る
モーツァルト全作品事典
クチコミを見る
モ−ツァルト (講談社学術文庫)
クチコミを見る
モ−ツァルトの手紙 (講談社学術文庫)
クチコミを見る
モーツァルト (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
クチコミを見る
モーツァルト名盤大全―最新・完全版作品解説&名盤ガイド (ONTOMO MOOK)
クチコミを見る

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 



emksan at 18:08│TrackBack(0) 音楽/コンサート 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by asato20th   2010年03月03日 20:27
こんにちは。
いいですねぇ。大変そうだけど楽しそう♪
私も近かったら観にいけたのに・・・。

私もクリスマス会でスノーマンを紙芝居と音楽でやりましたが、いつかホールで先生みたいにやるのが夢です。
頑張ってくださいね!
2. Posted by よしこ   2010年03月04日 12:50
楽しい舞台をつくってください。

子どもの頃の私は、どっちかというと、音楽は、義務的に弾いていたような気がします。今ようやく、そこからは、脱皮できたのではないかと思います。なぜなら、少し楽しくなってきたからです。

娘は、どうなのか少し心配ですが、
私が楽しんでいれば、どうにかなるのかな。。。
3. Posted by 中嶋   2010年03月05日 16:55
> asato20thさんへ

紙芝居と音楽も楽しそうですね!!サロンは臨場感があって、日常の中に音楽が溶け込んでいる感じがして、私は好きです。この演奏会もそれにかなり近くって、舞台にはなっているけれど客席は90席とこじんまりしているんですヨ。ソレイユ活動のスタンスにはちょうどいい感じで。

発表会もこのこじんまりしたホールを使っています。使い勝手がいいんですよ。響きや楽器の良さを追求したら、いいホールの方がよいのでしょうが、街の小さなピアノ教室、趣味で習ってます・・・という日常生活の一部というピアノ教室にとってはちょうどいいんですヨ♪
4. Posted by 中嶋   2010年03月05日 16:58
> よしこさんへ

お母さんが楽しんでいるのが一番ですヨ!!私たち、辛かったのは親が一歩離れたところから、ただ「練習しなさい!」を言っていたからではないでしょうか?一緒に音楽を聴いて感動し、お互い切磋琢磨しながら練習できたなら、お母さんも楽しんでる、お母さんもがんばってる、私と一緒に音楽をやってる、が実感できていたなら!これは、もうこれ以上望めないってくらい最高の環境だと思いますヨ。

私も大人になってからピアノが義務ではなくなり、心から楽しめる趣味、心から追求したいと思える世界になりました。お互い子どもの頃苦労した分、今楽しみましょうね〜!!