2010年02月10日

練習経過

こんな風に練習経過を動画でアップしていくのは
初めてのことですネ。
ある程度見た目でどんな音色で弾けているのかわかるものなので、
なんだかいい機会になっているようです。
音色についてはカメラの動画機能を使っているので、
まぁったく期待できないのですが。(笑)

ということで、こんな感じになってきました。
内声の動きがよくなってきました。
これでハーモニーの響きがまとまりとなって聴こえるので。
難しいのがこれとメロディとの兼ね合い。
親指次第ですねぇ。
左も内声も符点のリズムも・・・なんて、
あっちもこっちも気をつけなきゃいけないことだらけで、
しかもこのテンポ!!!!

よほど集中力が持てるときぢゃぁないと、
まだこんな風には弾けません。
しかもまだ荒いし・・・。(^_^;)
とはいえ、練習方法は合っているようです。

あとは、とにかくフレーズ毎に休みすぎないコト。
すぐ息をつきたがるクセがあるようで、
まぁ、その方がテクニック的に楽だからだと思うのですが。
そうすると流れが滞ってしまうのデス。

でもね、滞らないように気をつけると、
抑揚が思ったようにならなかったり。
特に最初の部分。
このVTRは思ったような抑揚がついていないデス。
抑揚をつけると息をついてしまい、
滞らないように弾くと抑揚がなくなってしまい。
あぁ、この最初の部分すっごく歯がゆいです。とほほっ
2,3ページ目はその点やりやすいんですが。
こういう曲の最初って、本当に難しい。(_ _;)

ひたすら訓練ですなぁ。
とにもかくにも、やりたいことははっきりしているのだから、
あとはもっとクールになって突き詰めていくしかないですね。
感情に任せて弾くのは、自分を完全に制御できるようになってから・・・。
道のりは遠そう・・・がんばろっ。





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【ショパン/本---Amazon.co.jp
ショパン (新潮文庫―カラー版 作曲家の生涯)
クチコミを見る
作曲家 人と作品 ショパン (作曲家・人と作品)
クチコミを見る
決定版 ショパンの生涯
クチコミを見る
弟子から見たショパン―そのピアノ教育法と演奏美学
クチコミを見る
ショパン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
クチコミを見る
ショパン知られざる歌曲 (集英社新書)
クチコミを見る

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 20:19│TrackBack(0) ピアノ/練習&勉強 

トラックバックURL