2009年05月04日

古本を買う♪

あっという間に先日購入したジュール・ヴェルヌを読み終えてしまい、
もっともっと読みたい!が炸裂中。
でもね、ジュール・ヴェルヌの気になる本はどれも古本。
翻訳されてないものもあるしぃ。とほほっ

でね、探していて気づいたのですヨ。
Amazonの古本は、たぶん一般の人も売り手になっていると思うのですが、
そのせいで価格設定があいまいなんですよねぇ。
要するに信頼できない価格が目に付く・・・ということデス。
その分、市場価格より安い値段の古本も探せばあるのかもしれませんが。

私が買いたい古本はどれも高く思えたので、
”古本”で検索してみることに。
そしたらlivedoor'booksが出てきたぢゃぁないですか。
知らなかった・・・。
私、livedoorのブログ使ってるのに。<(;~▽~)
ここでも古本を扱っていたのですねぇ〜。
市場価格を分かった上での価格設定に思えたので、
いくつか気になる作品を検索して、在庫があった3冊を購入しましタ。


・カルパチアの城(私が買ったのが最後だったようで、もう在庫切れデス。)
・インド王妃の遺産(同上)
・氷のスフィンクス(同上)


livedoorの古本は1500円以上送料無料なので、その点もお得ですね〜。
新刊と古本同時に購入できるようだし、これからしばしば使うことになりそう♪

ここ2日は”カルパチアの城”を読みました。
面白かったぁ〜。
確かに・・・もうジュール・ヴェルヌのやり方ってのが見えてきているので、
結末はこうなるだろうなぁ〜というのは読めちゃうんですけどネ。
それでも面白いからいいの♪うほっ

ところでこの本、映画になってないかなぁ〜?と思いながら読みました。
景色がね、すごく美しいのですよ。映画っぽいというか。
映像になっていたら見てみたいなぁと思いながら読んでいたところ、
最後の解説で映画になっていることが判明♪

作品名は『カルパテ城の謎』。
1981年チェコで制作された・・・


コメディ?!


うぅ〜む。この本はコメディではないんですけどぉ。
コメディ映画の巨匠オルドリッチ・リプスキーという人が監督らしいデス。





検索してみると好きか嫌いか両極端に分かれる映画のようですが、
私はシリアスな映画が観たいなぁ。
謎のゴルツ男爵を深く描くと面白い映画になると思うんだけどなぁ。
景色も美しく、いろんなエピソードも映画向きだしぃ。
う〜ん。いつかシリアスな映画にならんだろぉか。
でもなぁ・・・・ストーリーの内容が古いからならないかぁ。とほほっ


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【ジュール・ヴェルヌ/DVD---livedoor'books
カークク・ダグラス/海底2万マイル
アルノシュト・ナヴラーチル/幻想の魔術師カレル・ゼマン 悪魔の発明
マイケル・グレイグ/SF巨大生物の島
ジェームズ・メイスン/地底探険
気球船探険/洋画
デビッド・ニーブン/80日間世界一周
ブレンダン・フレイザー/センター・オブ・ジ・アース

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 09:00│TrackBack(0) 読書 

トラックバックURL