2009年04月07日

空間という音響とテンポの関係

りんごちょこちょこ録音するようになって、ひしひしと感じているコト。
それは空間という音響とテンポの関係なんですヨ。
ただでさえ録音すると響きが少しカットされるのに、
響きのない空間で録音すると、さらに響きがなくなってしまう。
これがホールでの録音だったりすると、随分と違うのですが・・・。

で、それがどうテンポと関わっているのかというと、
響きがないと、ゆったりしたテンポに耐えられなくなる・・・
ということなのですヨ。

ホールのような響きのある空間では、
音が空中を漂い、それが自分の耳に届くまでの心地よい間合いというか、
・・・それが響きなんだろうけれど
聴いている人が響きを堪能できるだけの時間が必要になってきます。
それが心地よいリズムや揺れとなって耳に届くわけですが、
響きがカットされやすい録音では、
そういった間合いが全く必要なくなるので、
ゆったりと演奏するとぐずぐずした演奏に聞こえてしまうんですよねぇ。

もちろん私の演奏がゆったりした演奏を聴かせるほどになっていない、
というのも大きな要因ではありますが。<(;~▽~)

プロのピアニストってのは、
この空間で、この程度の響きならば、
これくらいのテンポで弾かないと自分の解釈したものは表現できないだろう・・・
みたいな計算があるんでしょうね〜。
耳に響きが届くまでの間合いというか、
響きがなくなればゆったりしたテンポはダレて聞こえてしまうだろうし、
響きのある空間で速く弾けば走馬灯のように音たちが走り去り、
何を演奏しているのかさっぱり・・・なんてことになるかもしれない。

よく、これこれの演奏家のこの楽曲の演奏は、
テンポが速いだの遅いだのって評論を聞くけれど、
それってすごく機械的な表面的な判断だなぁと思ったり。
特にCDはこの点において、あまり信頼できない・・・と思ふ。
演奏されているまさにその空間で聴かない限り、
そこで演奏されたテンポがどのような音響効果を作り出し、
それがどのような解釈となって聴衆の耳に届くのかは、
その場で聴いていないとわからないことなんだろうなぁと思うから。

人の体感って、そんな正確ぢゃぁないですよ。
いろぉんな錯覚に惑わされる。
演奏家はその錯覚を知った上で演奏しているわけで、
その錯覚はCDでは得られない錯覚なんですよねぇ。

それにしても、こういうことを考えれば考えるほど、
プロはすごいなぁと思うわけデス。
テンポとは何ぞや?
私は「体感」だと感じています。
私の場合それが表現できるとこまではいっておらず、まだまだ未熟なのですが・・・。
理解しているのと体言できるとの間には、大きな溝がありますですねぇ。とほほっ

体感とは、ゆったりして”聴こえる”、快活なテンポに”聴こえる”ということ。
こればっかりは、メトロノームじゃぁどうしようもない。
リズム感だったり拍子感だったり、左右の音のバランスだったり、
そういうちょっとした扱いが変わるだけで、
メトロノームでいうテンポそのものは変わっていなくても”体感”は変わって聴こえるものだから。

雨の日また、空間の音響が変われば
同じテンポで演奏していても、
”体感速度”は
かなり違ってくるでせう。
指揮者・・・誰だったか
忘れてしまったけれど・・・、
雨の日と晴れの日の
テンポを変える、
という話を聞いたことがあります。

やっぱりテンポって”体感”。
昼のコンサートと夜のコンサートで
テンポを変えている指揮者も、
もしかしたら
いるかもしれないですね〜。
大切なことは作曲家が
どんな”体感”を
表現したいと思って、
楽譜を書いたか・・・なのでしょう。
演奏って奥が深いですぬぇ・・・。

がんばろっ


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【バレンボイム/本---Amazon.co.jp
バレンボイム音楽論──対話と共存のフーガ
クチコミを見る
ダニエルバレンボイム自伝
クチコミを見る
バレンボイム/サイード 音楽と社会
クチコミを見る
ピアノを語る バレンボイム・ポリーニ・アラウ・リヒテル・ブレ
クチコミを見る

 ・・・・・バレンボイムの自伝とサイードとの会話「音楽と社会」には、
    発音される音と音響の関係(錯覚について)、
    オケと指揮者の関係などについて書かれている箇所が結構あり、面白いですヨ。



楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 11:56│TrackBack(0) ピアノ/練習&勉強 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kana   2009年04月09日 22:10
音については所によっても好みが違うみたいです。

おおまかですが、欧米でもアメリカとイギリスが最もハーモニーや共鳴音や騒音、低域ノイズの領域にも音響のメッセージを読み取ろうとする傾向が強いです。高コンテキストの文化ですね。反対なのがドイツ・オランダ系みたいです。高テキスト文化です。フランス・イタリアなどはその中間みたいです。

言い換えると、低音の量感と空間の拡がりを求めるのが高コンテキスト文化、そういうものを重視しないのが高テキスト文化。

日本では、ドイツ系の録音やドイツでプレスしたもののサウンドが好まれる傾向にあります。実はドイツ本国以上に好んでいるかもしれません。

こういうことを書いていると、またオーディオにはまっちゃいそうになります(笑)。
2. Posted by 中嶋   2009年04月10日 11:05
>kanaさんへ

そうなのですか〜!では、私は高コンテキスト好みってことですネ♪