2008年10月27日

美味しい青汁見つけた!!

青汁というと不味いというイメージですが、
美味しい青汁を見つけてしまったのですヨ。
これまたテレビショッピングなのですが・・・。
”緑効青汁”という青汁の宣伝をしていたのデス。

早速楽天で検索。
が・・・取り扱っている店舗なし。
そこで見つけたのがコレでした。


【緑効青汁と同様の超微粉砕製法】リビタ大麦若葉青汁30包【大正製薬】
【緑効青汁と同様の超微粉砕製法】リビタ大麦若葉青汁30包【大正製薬】


”緑効青汁”の検索で引っかかってきたコレ。
何故”緑効青汁”で引っかかってきたの?と見てみたら、
どうやら味わいが似ているらしい。
商品購入者のレビューは★5つばかり。
緑効青汁を飲んだことのある人は、
同じ味がする、とまで書いています。

でね、お値段なのですヨ。
断然こっちの方が安いのです。
あちらの3分の1くらいのお値段。
これだったら気兼ねなくガブガブ飲めちゃう!みたいなお値段です。

ただし、緑効青汁の方は特許をとっています。
詳しいことはHPを見てもよくわからないのですが。(^_^;)
どうやら栄養のバランスがよいかららしい。
そこでこの安い青汁と緑効青汁の成分の違いを比べてみましタ。
緑効青汁に含まれていてこちらの青汁に含まれていない成分。

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・葉酸
・ナイアシン
・ビタミンE
・ビタミンK1
・ポリフェノール
・アミノ酸

表示されている成分で比べてみたところ、こんな感じ。
緑効青汁の方が成分が多そうですね〜。
逆に緑効青汁に含まれていない成分はというと、

・β-カロテン

だけです。
これは悩みどころ??
やっぱり高いだけあるのでせうか?

とはいえ、お値段の違いは大きい。(^_^;)
ガブガブ飲みたいなら安いほうですよねぇ。
果たしてお値段を気にしながら緑効青汁をチビチビ飲むのと、
気にせず飲みたいだけガブガブ飲むのと、どちらがよいのか?
 ・・・・・ちなみにどちらの商品も、
     農薬を使わず九州の契約農場で栽培されている、
     大麦若葉を使用しています。


私が出した結論は、
気兼ねなく飲みたいときに飲みたいだけ飲める方が続くだろう・・・デシタ。
でね、早速届いたのですよ。飲んでみたのですよ。
感想。


飲みやすいというより美味しい!


少なくとも、私は好きと思える味です。
青汁だと知らなければ、
抹茶か濃い煎茶か・・・と思うんじゃぁないでしょうか?
でね、気に入ったのはほのかな甘み。
加糖を感じるような甘さではありません。
ほのかぁ〜に甘いのです。
それがイイ。

以前ファンケルの青汁を飲んでいた私。
これは冷凍のもので、気軽にスーパーで手に入るものだったのですが、
解凍してからじゃないと飲めないということ、
かさばるので冷凍庫がパンパンになるということ、
ちょっとガマンして飲まなきゃいけない味だったということで、
結局続かなかったんですよね〜。

ところが、この青汁は粉末タイプなので場所も取らない、
飲みたいときにすぐ飲める、しかも美味しい!
ファンケルは頑として飲まなかった彼も、


「これは普通に美味しいよ。普通のドリンクとして飲める。」


と絶賛。
ただ、異常に面倒くさがりな彼は、粉末を溶かすのすら面倒らしく。(^_^;)
結局私が作り置きすることに。


aojiru


この粉末、すっごく溶けやすいんですヨ。
しばらく置いておくと沈殿しますが、
飲む前に軽くシャカシャカ振ればOK。
なんだかあっという間に購入した2箱がなくなってしまいそう。
でもね、安いから怖くない。(笑)

ちなみに、体調ですが・・・。
なんだか体が軽くなっている気がします。
こんなに即効性を感じる私は、
普段栄養が偏っているからなのかも。(^_^;)

ん〜〜♪これでお肌もピチピチになったら言うことないですネ!


ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【青汁/本---Amazon.co.jp
食べること、やめました―1日青汁1杯だけで元気に13年
青汁が効く!―おいしく飲めて「健康力」がぐんぐんつく天然ドリンク (別冊すてきな奥さん)
やっぱり青汁が効く (元気になる赤の本)
飲んだ!効いた!治った!驚異の青汁パワー
ドクター関口がすすめるおいしい青汁「大麦若葉」のすごい力!―これで生活習慣病とスッキリ決別
青汁は効く―健康増進・体質改善・病気予防に (主婦の友健康ブックス)
「ハーブ青汁」で更年期障害を克服!!―ハーブ&大麦若葉 究極の青汁誕生! (健康ブックス)
なぜこんなに効くのか、あなたの超優良ガードマン大麦若葉の大活躍!!―ここまで凄い“ベジ繊維”パワー!

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 12:46│TrackBack(0) グルメ | 健康

トラックバックURL