2007年11月23日

ピアノ導入教材を眺めて(6)歌詞の付き方

突然何それ?というテーマですが。
”歌詞の付き方”を眺めてみようと思うのデス。
というのも、私は導入期に歌うということを、
とても大切に思っているからです。

ここで重要だと思うのは”歌いやすい”というコト。
生き生きと歌うことは、
生き生きと演奏することに繋がるからです。

私が教材を眺める中でチェックするのは、
日本語の高低アクセントに無理のないメロディがついているか、ということです。
逆に言えば、そのメロディに合った高低アクセントの歌詞がついているかというコト。
輸入されてきた教材によくあるのです。
とぉっても歌いにくい歌詞に訳されているということが。
これなら歌わない方がマシじゃない?くらいに。(笑)
逆に混乱を招いてしまうんですよね。

家にある教材をイロイロ眺めていたのですが、
結構こだわって教材を選んでいたせいか、
歌いにくい歌詞の楽譜が手元にありません。<(;~▽~)
が、楽曲のフレーズと歌詞のフレーズが一致しないパターンで、
いい例が見つかったので、それをご紹介しますネ。

これは私が気に入って使用している、オルガン・ピアノの例です。
こういうパターンは例外で、これ以外はうまく歌詞が付けられている楽譜なんですヨ。


kyouzaikashi1

これを使って初めてレッスンしたとき、まいったなぁ〜と思ったものデス。
演奏するフレーズと歌詞がズレてます。
本来この楽曲はアーフタクトで演奏されるべきなので、
この歌詞じゃ上手く弾けないんですよね。
混乱してしまうだけです。
普段歌っている歌詞の方が混乱を招かずに済みます。
「わたしゃ おんがーくか」
歌詞の上では付点のリズムが付いてしまいますが、
これはそれほど混乱をきたさないのですし。

この教材でこういう例は本当に珍しく、
うまいこと歌詞が付いている曲ばかりなんですヨ。
気持ちよく歌えば、いい演奏になる・・・みたいな歌詞ばかりです。

例えばコレ。
これはバイエルに歌詞をつけたものですが、
見事な歌詞だなぁとつくづく思います。

kyouzaikashi2

ほんと見事な歌詞ですよね。
日本語の高低アクセントとメロディの自然な関係。
フレーズと歌詞のまとまりの一致。
Bの変化を「さぁ、さぁ」という出だしで表現しているところなど。
こういう曲はしっかり歌詞で歌いこんで、
そこで得たものを演奏に生かしたいなぁと思うんですヨ。

次の例は音符の動きと言葉のイメージがしっくりくるパターン
これも歌っていて楽しいですし、演奏がとっても生き生きと自然になります。
ミュージック・ツリーの例とオルガン・ピアノの例、2つ見てみましょう。


kyouzaikashi3

これ好きなんですよね〜。
指と音がクルクル回る感じが、生き生きと表現されている歌詞ですよネ。
自然に3拍子で演奏できるようになりますし、
1小節のまとまりも生き生きと演奏できるようになる歌詞です。
これはミュージック・ツリーからの例ですが、
次にあげるのはオルガン・ピアノからの例です。


kyouzaikashi4

これも大好きな曲です。
”くるくるくるくる”そのまま指の動きのイメージですよネ。
動きと拍子とフレーズが一致する歌詞って本当にすばらしい!
しかも日本語の高低アクセントにも無理がなく歌いやすいですよね。
こういう楽曲に出会うとウキウキしちゃいます。

楽器店へ行って楽譜を眺めると、
歌詞に気を使っている教材なのか、
全く意識されていない教材なのか一目瞭然です。
子どもにとっての歌詞は、そのまま楽曲のイメージに繋がるもの。
だから、ないがしろにはできない・・・というのが私の意見です。

でも、最近の教材は気を配っている教材が多いですネ。
教材って進化するんだなぁって、こういうとき思います。
特に輸入ものは、そのまま輸入していいのか・・・ってトコロなんですよね。
日本に合った輸入の仕方というか・・・。
本来その教材が求めているものを日本で発揮するためには、
日本用に変換しなきゃいけないことも出てくるわけで。

こういうところにまで気を配ってくれている教材は、
使いやすい教材が多いなぁと思うんですヨ。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 

【コダーイ/本---
Amazon.co.jp
うたえ!ピアノ (コダーイシステムによるピアノメソード)
いっしょにあそぼうわらべうた―5歳児クラス編
コダーイ芸術教育研究所の「教育プログラム」
ハンガリーマイバの教育プログラム―「幼児教育」の考え方と実践
ハンガリー音楽の魅力―リスト・バルトーク・コダーイ (ユーラシア選書)
コダーイ教育作品―分析と応用
ピアノの学校 1 コダーイ こどもの音楽教育
コダーイ・システムとは何か―ハンガリー音楽教育の理論と実践


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック






emksan at 09:00│TrackBack(0) ピアノ/教材を眺めて 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かおり   2007年11月23日 23:32
歌詞…メロディー合っていないのって、気持ち悪いですよね!

ちなみに…私は、歌詞がついていない曲に言葉が付いて聞こえちゃうことがあります。
例えば…ツェルニー50の4か5番が「たまごくらぶひよこくらぶ」とか。
2. Posted by 中嶋   2007年11月28日 12:43
メロメロパークにレスしちゃいました&メロメロパークへのレスありがとうございました♪やっぱりかおりさんの耳って楽しいぃ〜(*^-^*)ゞ

みなさん、かおりさんのモーツァルト君もかわゆいですよ〜。是非右サイドバーメロメロパークの「HOME」をクリックして、「メロダチ」からモーツァルト君宅へ遊びに行ってみてくださいネ!