2007年09月20日

指使いで音が変わる?!

指使いが全く書かれていない楽譜のレッスン。
これまたとっても楽しいものです。
何故なら「どの指使いがいいかな?」と、
私が悩む姿を生徒さんに見せられるからです。

そして一緒に、
「こっちより、こっちの方が○○じゃない?」と考えます。
弾きやすいための指使いもあれば、
欲しい音色が得られやすいから・・・という指使いもあります。

今日の生徒さん。
こんな楽譜に出会いました。

yubitukaiaaa

青い指使いは通常弾くであろう指使い。
私の好みは赤い指使いです。
この曲、速いテンポの2拍子。
張りのある音が欲しいところなんですよね。

手をおちょぼ口のようにすぼませると、
指の付け根が安定し、
必然的に指は棒のように固くなります。
スコーンという張りのある音が出やすくなるのです。

どちらの指使いも試してもらって、
やっぱりこっち!と生徒さんも納得。
この子はちょっと不器用な子なので、
これ以上複雑な指使いにはしませんでしたが、
同音連打の特性&2小節のまとまりを考えると、
1小節目は赤い指使いで、
2小節目は青い指使いで・・・
の方がさらに効果的かもしれません。

同音連打は指使いの宝庫ですね。(笑)
リズム感、まとまり、拍子感・・・それぞれの兼ね合いを考えて、
指使いを決定しようと思うと、
結構複雑な指使いになったりします。

この2小節についても、もっと細かいニュアンスを求めるなら
1小節目最初のミソ2つは赤い指使い、後のミソ2つは青い指使い、
2小節目の最初のファソ2つは赤い指使い、後の2分音符のファソは青い指使い。
これに限らず、いろんな指使いが考えられるんだと思うんですヨ。

指使いって本当に不思議です。
音楽は体と一体になって表現されるものなんだなぁと実感させられます。


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【コルトー/楽譜---Amazon.co.jp】・・・コルトーの指使い、参考になりますヨ!
コルトー版 ショパン 12のエチュード Op.10
コルトー版 ショパン・12のエチュード Op.25
コルトー版 ショパン 24のプレリュード
コルトー版 ショパン アンプロンプチュ
コルトー版 ショパン バラード Op.23,38,47,52
コルトー版 ショパン ピアノソナタ 作品35
コルトー版 ショパン・マズルカ 第3集
アルフレッドコルトー版 ショパンマズルカ 第2集
コルトー版 リスト ハンガリー狂詩曲 第11番
コルトー版 リスト ハンガリー狂詩曲 第10番
アルフレッドコルトー版 ツェルニー 25のエチュード op.748 CD付
ショパン ポロネーズ(アルフレッドコルトー版)
コルトー版 ショパン作品集 第1集
コルトー版 ショパン ピアノソナタ 作品58


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック





emksan at 17:31│TrackBack(0) ピアノ/レッスン | ピアノ/How to

トラックバックURL