2006年12月21日

ピアノの歴史1【鍵盤の歴史】

自分の脳みそを整理する意味合いも込めて、
ちょっとピアノの歴史について書いてみようかな・・・と。
今のところまで書いているので、
までは順次アップできるのですが、
それ以降はいつになるかわかりません。<(;~▽~)
ちょいと忙しくしているので・・・。
ただ、このままだといつまでたってもアップできなさそうなので、
とりあえず書いたものだけはアップしちゃうことにしました。


【鍵盤の歴史】

鍵盤ってピアノが生まれるずっと前からあったんですね〜。
鍵盤そのものの発達はオルガンとともにあります。
最初のオルガンは紀元前3世紀半ば
北アフリカのアレキサンドリアでクテシビウスにより考案された、
ヒュドラウリスという水圧を利用した楽器だそうです。
お風呂場で洗面器をひっくり返して上から押すと、
中の空気が水を押す・・・これを利用したオルガンです。

hydraulis

この楽器はパイプ列に送風して発音させるために、
キーが取り付けられたんですよね。
とはいえ、まだレヴァーと言ったほうがいいような段階だったようですが。
これらのレヴァーが盤状に整列していたようです。
・・・・・見たことがないので、どんな感じなのか見てみたいですね〜

その後、皮袋のふいごから送る空気で発音するオルガンが出てきて、
演奏に使わない音を鳴らさないようにする「ストップ」機能が生まれます。
(最初は、1つのキーを操作すると何本ものパイプが鳴ってしまっていたそうです。)

これらレヴァーのようなキーがボタン状に変わり、横に並ぶようになり、
ついには四角いボタン状で半音鍵も見えるようになるのは14世紀のこと。
この頃になると、オルガンは教会で使われるようになり、
15世紀頃からは教会の建築にあわせて設計されるようになりました。

ところで、黒鍵って最初からあったわけではありません。
白鍵だけだとファ-シ間の響きが増4度で響きが硬い!
そこで完全4度を求め♭シの鍵盤ができたそうです。
現代のように5つの黒鍵が揃ったのは、13世紀〜14世紀ごろかけてでした

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


のだめカンタービレ特集♪


【パイプ・オルガン/CD】
パイプオルガン赤ちゃんのための子守歌集
オルガン音楽のすゝめ [豊田市コンサートホールのパイプオルガン]
パイプオルガンによる讃美歌集
パイプオルガン・讃美歌Xマス
パイプオルガン大好き
パイプオルガン・クリスマス
Tientos y Glosas en Iberia
Scheidemann - Organ Works
トッカータとフーガ / バッハ : オルガン作品集
ヘンデル:オルガン協奏曲集(作品4&7全曲)
結婚行進曲~華麗なるオルガン名曲集
バッハ/初期オルガン作品集「愛」
ラインベルガー:オルガン作品全集第5集
デュプレ:オルガン作品集第5集 「かくも喜ばしき日」「聖なる十戒」他
バッハ/中期オルガン作品集「望み」
バッハ/後期オルガン作品集「祈り」
レーガー:オルガン作品集(4)
サン=サーンス:オルガン作品集



emksan at 11:52│TrackBack(0) ピアノ/ピアノの歴史 

トラックバックURL