2006年10月05日

カデンツを弾く

先日ブログに書いたカデンツについての説明です。
まず3和音の作り方について、
ハ長調を例に説明したいと思います。

3waon

スケール内1つ1つの音を根音として、
その上に1つ跳びの音を加えていきます。(3度の音程)

ドを根音として、1つ跳びの「ミ」、そのまた1つ跳びの「ソ」で、
気力族擦出来上がります。→ドミソ

ファを根音として、1つ跳びの「ラ」、そのまた1つ跳びの「ド」で、
犬力族擦出来上がります。→ファラド

ソを根音として、1つ跳びの「シ」、そのまた1つ跳びの「レ」で、
垢力族擦出来上がります。→ソシレ

基本的カデンツを弾く上で、覚えておきたいのが、
機↓検↓垢裡海弔力族擦任后
それぞれの和音には機能があります。

帰T(トニック)
権S(サブドミナント)
喉D(ドミナント)


ここで弾けるようになろうと思っている基本的カデンツは、
記賢垢鰺僂い拭TSDTというひとまとまりの文章です。

T(トニック)で、この調は○調だぞと意思表示。
S(サブドミナント)で、変化へ向う広がりを感じ、
D(ドミナント)で、大きな緊張感とともに解決したいという意思を感じ、
T(トニック)で、Dが解決することで一安心します。


これらの和音を、
ドミソ→ファラド→ソシレ→ドミソ
と演奏したのでは、音がポンポン飛んで落ち着かないですね。

ファラドは、ドファラでもラドファでも、犬力族擦任后
並び方が変わっても、構成音が同じであれば犬廊犬覆里任后
ソシレも、シレソでもレソシでも垢力族擦任后

そこで異常な跳躍を含ませずに、
自然なハーモニーの流れを感じるカデンツを作ります。

cdur-tsdt

左は根音を弾きます。
犬離侫.薀匹蓮
ドミソに近いドファラとします。
垢離愁轡譴魯轡譽修箸覆蠅泙后
これらのカデンツは、体で覚えてしまうのが一番。
弾くべき音がわからなくなってしまったら、
左手の根音をもとに、3和音を口で言ってみます。
そうすれば、右手で弾くべき音が見つかるでしょう。

どの調でも手の移動は同じ動きです。
気ら犬惺圓とき、右手親指は同じ音です。
垢郎険Δ近づく動きになり、
両手とも一音ずつ中央へずれます。

ここで一番感じておきたいことは、
D→Tです。
Dの不安定感や緊張感をしっかりした音で演奏し、
その調の主和音である気悗硫魴茲魎兇犬泙后
このときの気蓮■弔糧省の音量で演奏すると、
D→Tの流れを感じ取りやすいです。

また、先日ブログに書いた「限定進行音」を感じること。
垢力族擦痢屮掘廚麓膕察淵鼻砲鯑海音です。
シ→ドという音の流れをよく感じて弾きます。

長調の一例です。

tsdt1


短調は垢瞭害擦♯になります。
右手親指が調号より半音上がることになります。

tsdt2

↓ランキングに参加中。ポチッとよろしくお願いします♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログへ


【楽典】
やさしくわかる楽典 楽典―理論と実習 おもしろく学ぶ楽典―音楽指導ハンドブック
音大受験生のためのパーフェクト楽典・問題集 やさしい楽典―音階・調・和音
新しい楽典 やさしい楽典―音符・読み方 ポケット楽典
音符と鍵盤でおぼえるわかりやすい楽典 大人のための楽典ワーク(2)
楽しく学べる楽典教室 (解答付) 

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア


emksan at 14:16│TrackBack(0) ピアノ/知識 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ごん   2006年10月07日 11:46
こ、これは・・・!

小学校の頃、ピアノの先生にいきなり譜面に「書いてっ!」って言われて、意味が全然分からず(というか、その時は全く教えてもらってなかった)、泣いた覚えが・・・(^^;
「IV」とか「V」とかって、そういう意味だったんですね〜、と今読んで知りました(^^;;;;
2. Posted by 中嶋   2006年10月08日 11:27
>ごんさんへ
そんなことを突然言われたことがあったのですか〜。こうやってみると、楽典って簡単ですよね〜。理論的には小学で習う分数計算よりずっと簡単だと思います。ちなみに、私は算数大嫌いで・・・(_ _;)数学以前にヒィヒィ言ってマシタ。