2007年10月

2007年10月29日

ピアノの歴史19【ベートーヴェン第4期】

ピアノの歴史1〜18は、ブログカテゴリ『音楽/ピアノの歴史』からご覧ください。




【ベートーヴェン(1770〜1827)】

Broadwood1820

このピアノは国立音楽大学楽器学資料館が所蔵している、
1820年製のブロードウッドです。
 ・・・・ベートーヴェンが持っていたピアノの音域と同じ。
    写真で見る限り、形もそっくりです。


1817年47歳の誕生日を迎えたベートーヴェンに、
1台のピアノが贈られました。
カルクブレンナー、リース、フェラリ、クラーマー、クニヴェットら
ロンドンに在住していた音楽家からの贈り物、
ジョン・ブロードウッド・アンド・サンズのグランドピアノでした。

イギリス式のアクションを持ち、
音域は6オクターブありました。(C1-c4)

oniki1

ダンパーペダルとシフトペダル付き。
右側のダンパーペダルは2本に分かれており、
そのうちの右側が高音域のダンパーを持ち上げ、
左側は低音域のダンパーを持ち上げました。
 ・・・・・一体どんな感じなんでしょうね〜。
     面白い使い勝手のよさそうな機能ですよネ。

ベートーヴェンはこのピアノを終生所有し続けました。
現在、ハンガリー国立博物館が所蔵しています。


【1818-1821年頃・・・使用楽器ブロードウッド製C1-c4】
 
〜イギリス式6オクターブ〜
ピアノソナタOp.106第3-4楽章、Op.109、Op.110、Op.111

作品106の第1-2楽章には、このブロードウッドにはない高音域が使われています。
ブロードウッドを手に入れる前のピアノはf4までの音がありましたが、
このブロードウッドはc4に留まります。
しかし、低音域が4度も広がりました。
第3-4楽章をこのピアノで作曲したベートーヴェンは、
第4楽章で初めてC1という最低音を使っています。

この音は第4楽章の115小節目に出てくるのですが、
面白いことにすべての音がオクターブで書かれているにも関わらず、
最初の1音はオクターブで書かれていません。
これは、このピアノでは出せなかった音だからなのですね。
 ・・・・・こうやってみると、本当にベートーヴェンの意思を尊重するならば、
     この音をオクターブで弾くべきなのでしょうか?
     しかし右手が大きく跳躍し上昇する勢いを感じるのは、
     第2音目からだとするなら楽譜通りの方がいい気もしますし。
     ベートーヴェンはピアノの性能をわかった上で、
     この第1音目だけはオクターブで弾かなくてもいいように、
     作曲したのかもしれないですよね〜。
     オクターブで弾くか弾かないか。
     ピアノを弾かない人にとってはどうでもよさそうなことでも、
     実際弾く人間にとっては音楽の感じ方が全く異なってくるので、
     結構重要だったりするんですよネ。

その後作曲された作品109や作品111には、
このピアノでは弾けない高音が使われています。
しかし、当時のピアノで不可能だったわけではなさそうです。
ウェーバーがこの頃持っていたピアノの音域は6オクターブ半あり、
これら作品を演奏できる音域を持っていたからです。

ベートーヴェンにとって最後となったピアノは、
コンラッド・グラーフが製作したものでした。
ベートーヴェンの死の数年前に作られたピアノのようです。
このピアノはウィーン式のアクションで、
ベートーヴェンが所有してきたピアノの中で一番広い音域を持っていました。
しかし残念ながら、
このピアノでピアノソナタやピアノ協奏曲が作曲されることはありませんでした。


『ベートーヴェンはピアノの不完全さについてひどく不満を述べ立て、
こんなピアノでは効果のある音も、力強い音も出すことができない、
と言ってブロードウッドのピアノを指し示した。
私の目に映ったのは、なんと惨憺(さんたん)たる場景だったことか。
高音部はもはや全然音が鳴らなかったし、切れた弦がからまって、
まるで嵐の突風に吹き寄せられた茨の塊のようなありさまであった。』

 
--------1824年9月、最後のソナタ(Op.111)を書き終えたベートーヴェン。
       そのときベートーヴェンの自室にあったブロードウッドについて。
       (ハープ製作者のヨハン・アンドレアス・シュトゥンプの手記より)



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 

【ベートーヴェン/本---Amazon.co.jp
ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)
第九―歓喜のカンタービレ
ベートーヴェン―音楽の哲学
ベートーヴェン (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
ベートーヴェン事典 (全作品解説事典)
200CD ベートーベン (200音楽書)
ベートーベン―生きる喜びと情熱を作曲した大音楽家 (小学館版学習まんが人物館)
ベートーヴェンの遺髪
ベートーベン―マンガ音楽家ストーリー〈3〉 (マンガ音楽家ストーリー (3))
ベートーベン―運命の大音楽家 (講談社火の鳥伝記文庫 (11))
DVDブック 歓喜!ベートーヴェンを楽しもう (DVDブック)
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ演奏法と解釈
ベートーヴェン〈不滅の恋人〉の探究 決定版 (平凡社ライブラリー あ 21-1)


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック






emksan at 19:11|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/ピアノの歴史 

2007年10月27日

〜しなければ・・・ではなく・・・・

ここのところ楽典やらなにやら、
真面目なコトばかり書いていましたが、

「これだけのことを勉強しなければ、
ピアノってやっちゃいけないんだ。」


なんて決して思わないでくださいネ。
より深く追求したい・・・という人が、
より深く追求していけばいいことで、
ピアノと向かい合うスタンスは、
人それぞれで構わないと私は思っているのです。

どの向き合い方が正しくて、
どの向き合い方が悪い、なんてないです。
音楽が人を選ばぬよう、
音楽を奏でるためのピアノも人を選びません。

nekopiano私のお教室では”趣味”として習っている人がほとんどです。
この”趣味”にもいろんなスタンスがあって、
上達思考が強い人、
レパートリーを増やしたい人、
生活への潤いを求めている人、
様々なピアノとの向き合い方があります。

だから、私はそれぞれのスタンスに合わせて、
自分の中にある引き出しを持ち出します。
ブログに書いた内容すべてを、
すべての生徒さんに伝えているわけではないんです。
それぞれにタイミングがありますものネ。

2年前はなんとなぁくで習っていた人が、
ピアノにはまって追求型になっている人もいれば、
2年前は必死だった人が、
今は仕事の兼ね合いである程度の距離をピアノと置きながら、
ピアノを生活の潤いにしている人もいます。

指導者である私は、
生徒さんがどういう生活をしていて、
どういうスタンスでピアノと向き合いたいと思っているのか、
常に知っていたいと思います。
相手の立場を無視して、
自分のスタンスを押し付けた指導をしてしまうと、

「〜しなければ!」

と生徒さんに焦りばかりが募ってしまう。
結果、何故ピアノを習い始めたのか・・・
という根本を生徒さんが見失ってしまう。

特にクラシック音楽を愛好する気持ちの強い人は、

「〜しなければ!」

に陥ることが多いような気がします。
クラシック音楽の深さをわかっていればわかっているほど、
真面目に取り組みすぎてしまうのでしょうね。
そして、そのような取り組みしかしちゃいけないと思ってしまう。
そういう人は、相手に対して批判的になりがちです。

でもね、私はやっぱりいろんなスタンスがあっていいと思うんですヨ。
深く追求することだけが正しいわけじゃない。
その人がピアノを自分の人生の中でどのように位置づけ、
どのように関わっていくことが自分にとって最善だと思うのか。
もっと自分勝手でいい

もちろん私のように、ピアノを職業にしている人間、
しかも指導する立場として職業にしている人間は、

「〜しなければ!」

が全くないというのも考えもので・・・。
全くなくなってしまうのは無責任すぎますものね。
そんな先生には習いたくないと誰もが思う。

でもね、そんな立場にあっても尚且つ、
”楽しみ”を誰よりも味わっていなければ・・・とも思うのです。
先生が真面目一辺倒では、生徒さんが窒息してしまいますよね。
先生が楽しそうにピアノと触れ合っているから、
生徒さんもピアノが益々楽しくなるんだと、私は感じています。

で、難しいのがバランス
音楽を職業にしている人、誰もが抱える問題だろうなぁと思ふ。
isu趣味のままでいたほうが幸せなのか、
趣味を仕事にしたほうが幸せなのか・・・みたいなネ。

責任感という”義務”を負う一方で、
”趣味”としてピアノを心から楽しむ気持ちも失っちゃいけない。
誰と比べるでもなく、自分で自分を見極めながら歩んでいかないと、
このバランスは保てないんですよね。
誰かと比べてしまったら最後、
ひやぁ〜〜〜〜っとアリ地獄に落ちてしまう。(^_^;)

ということで、このブログはそんなピアノ講師が書いてるブログです。
これだけのことを勉強しなきゃいけないのね!なんて思わないでくださいネ。
ブログの記事に振り回されることなく自分主体で読んでください。
これを書いている私も自分主体で書いているんですもの。
お互い自分主体でいきましょう♪
そうすれば、お互いを気持ちよく尊重し合え
気持ちよくピアノと向き合っていけるはずだから・・・。


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ




emksan at 09:00|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/レッスン 

2007年10月26日

私を成長させてくれた生徒さん

flo-479生徒さんから嬉しいお電話がありました。

「ピティナのピアノ指導者検定に
受かりました♪」


大人の生徒さんで
ピアノが大好きだった彼女。
1年半ほど前ピアノ講師になりたいと、
本格的なレッスンに切り替わりました。

1年間みっちり
国立音楽大学の聴講生として、
音楽を深く追求しながら、
ピティナのグランミューズ部門A1に
挑戦し予選通過。
聴講生としてあらゆる角度から
密度の濃い時間を過ごした彼女は、
音大卒ではないという
コンプレックスを跳ね返すべく、
この指導者検定に挑戦したのでした。

試験に受かるためのスキルだけでは納得できない私のレッスンは、
正直きつかったと思います。
楽典にしたって、問題を解くためだけの勉強であれば、
それほど大変ではないのデス。
でも、私はピアノ講師になりたいという彼女に、
それ以上のものを求めました。

今の彼女は、
私がピアノ講師なりたてだった頃より、
音楽をずっと深く理解しています。
それがなによりも嬉しい!

この1年半、彼女を通してたくさんのことを学ばせてもらいました。
楽典を指導するという視点を得たことで、
あらゆる角度から楽典を眺めなおす機会を与えられました。
コンペのためのレッスンからも、本当に多くのことを学びました。

一緒に音楽を追求していると思えることは、本当に幸せなことでした。
彼女が聴講してきた講義内容を、私に報告してくれることもありました。
私の知らないことを彼女が仕入れてきて、
彼女の知らないことを私が仕入れてきて。
pmshusy10情報量は2倍になってお徳だね♪
といいながらの会話は、
本当に楽しく充実したものでした。

今日から彼女は”ピアノの先生”です。
自信を持って自分はピアノ講師だと
胸を張って欲しい。
そして、私も彼女の名を汚さぬよう、
音楽への真摯な姿勢を忘れずに
精進していこう。


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【ピアノ教室・レッスン/本---Amazon.co.jp
子どもの心をとらえるピアノレッスン―心理学から学ぶピアノ指導のヒント (あなたのピアノ教室シリーズ)
もっとよくなる!あなたの教室―ピアノ教室運営の手引き
さらによくなる!あなたの教室―ピアノ教室運営の手引き
楽しい街のピアノ教室―おかあさんと教師と子供の生き生き音楽体験
ピアノ教室の救急箱―レッスンのトラブルQ&A実例集
指導者のためのピアノレッスンカルテ―スケジュール&生徒情報&教室経営
演奏と指導のハンドブック―ソアレスのピアノ講座 音の世界
もっと知りたいピアノ教本―これからのピアノ・レッスン (これからのピアノ・レッスン)
もっとピアノがうまくなる子、ならない子


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック





emksan at 09:00|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/レッスン 

2007年10月25日

ホールで聴くということ

olive1大人の生徒さんのレッスンでのこと。

「先生の音はやっぱり違うな〜。」

私がほんの数小節弾いたときにかけてくれた言葉。

「いやいや、生徒さんと同じじゃ先生やってられないから〜。」

と恐縮しつつ、ちょっと嬉しかったりする私。
 ・・・・・とはいえ生徒さんたちの音色が、
     どんどんキレイになってくると、
     私ももっとがんばらねば〜と思うのデス。


この方はレッスン中、いつもたくさんの感動をしてくれます。
レッスンに来てよかった、
ピアノがあると生活に張りが生まれる・・・などなど。
お会いするたびに、ピアノの感動話をしてくれます。

昨日は「聴く」ということが話題になりました。

「レッスンでの先生の音を聴いたり、
動きを見たりするのがすごく印象に残っていて、
家での練習に役に立つんです。」


”こういう音で弾きたい”

そのためには、

”こういう動きで弾きたい”


itirinn2目標がはっきりと見えて練習に張りが生まれるようです。
聴くって本当に大切。
だから、ピアノ講師である私が生徒さんの目の前で弾くとき、
適当ではなく、いつも心を込めた音で弾かなければと思います。
いい音ってどういう音なのか?
それを体感できるレッスンにしたいと思うから。

でもね、私にも限界があります。
一流ピアニストのような音色では決して弾けないし、
なにより響きを吸収してしまう空間でのレッスンです。

「コンサートは、100回レッスンを受ける以上の価値があるんですよ。」

私ごときが奏でる音で、それほどの影響を感じてくれるのであれば、
演奏会へ行ったら、どれだけ多くのことを学べることか!!

「ホールも楽器なんです。
響きそのものを”体感”できる、
体で感じることができるのがホールなんですヨ。
その上、私なんかが遠く及ばないほどの音色を奏でる
大ピアニストが弾くのを聴いたら!」


onp2こんな会話をしていたら、
演奏会にとっても興味を持ってくださった様子。
ただ、ピアノソロってコンサートに慣れていない人にとっては、
ちょいと眠たくなるものなんですよね〜。
で、お勧めしたのが、ピアノ協奏曲がプログラムに入っている演奏会です。
ピアノ演奏が聴ける上に、オケの演奏も聴けちゃう。

質の高い値段がちょいと張るかなぁ〜なんて演奏会の、
安い席のチケットを買って、足しげく通うのが私流。
 ・・・・・正直、高い席に座るより気がラクだったりもします。
     サントリーホールなどの高い席は、
     周りがドレスアップしててちょいと気が引けるのデス。(^_^;)

ただし、安い席でも決して選びたくない席・・・ってのもあるのですが。
その辺のコツなんかもお話して。(笑)

いいホールでの演奏会は、
響きを体で感じることができます。
レッスンでは得られないたくさんのことが得られる空間。
演奏会へ行くと、ピアノを弾く楽しみが倍増するんですヨ♪

onp4なにも特別気を張らなくってもいいんです。
ただただ音楽に身を任せればいい。
それが気持ちいいんだもの。
ホールで聴く醍醐味はそこにあります。

気楽に日常の延長線上で行く。
でも、そこには日常では得られない新鮮さがあるんです。


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【ピアノ協奏曲/CD---Amazon.co.jp
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1〜4番
「のだめオーケストラ」LIVE!
モーツァルト : ピアノ協奏曲第23番&第26番
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
グリーグ&シューマン:ピアノ協奏曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番&第5番
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」
チャイコフスキー: ピアノ協奏曲第1番 ヴァイオリン協奏曲、他


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 15:13|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/レッスン 

2007年10月23日

シフォンケーキ”FOUET”(フエ)

週末那須にある生徒さんの別荘へ遊びに行って来ました♪
私たち夫婦合わせて三家族。
こうやって一緒に過ごすと、
レッスンでは見えなかった子どもたちの成長を感じて嬉しい♪

ten3141

dotcupで、今日はグルメな話題。
那須には美味しいお店がたくさんあるんですね〜。
以前生徒さんにお土産でいただいた、
美味しい美味しいふわっふわのシフォンケーキ。
FOUET(フエ)というお店へ行きました。

cup-cupプレーンのほかに、
抹茶、ヨーグルト、紅茶、バナナなどの味があります。
とにかく食感がイイ!!
ふわっふわなのに、しっとぉりしてるんです。
パサパサ感が全くない!
なんだろうなぁ、あの食感。
あんなシフォンケーキないですよ。

でね、シフォンケーキは那須で食べてっと。
自宅用に長持ちするパウンドケーキを買ってきたんです。
見た感じとても密度の濃そうなパウンドケーキだったので、
こりゃ私好みの味かも!と。

これがねぇ、想像以上に美味しいのです。
チョコ、胡桃、チェリーetc.
これでもかってくらい入ってて、
表面がカリッとして、中は密度が濃いのにしっとりしてて。
いくらでも食べちゃいそうな自分が怖い・・・(^_^;)
密度が濃いってことは、
カロリー高いってことですもんねぇ〜。(冷汗)

それからそれから、
店内でクリームブリュレなるものも食べました。
しっとりとろぉ〜り、バニラビーンズと卵黄がたっぷり入ったプリンなんですが、
店内でその表面にカラメルを載せて焼いてくれるんですヨ。
30分以内に食べないと、
カラメルが融けてきちゃうので、早めに・・・と言われ、
結局店内で食べた私たち。
出来たてって美味しいぃ〜〜〜!!

isu2甘くて香ばしくて!
店内で食べて大正解♪
このお店、美味しいだけじゃなくて居心地がいいんですヨ。
パティシエがとっても素敵な女性なんです。
シフォンケーキのように柔らかな感じの人。
癒し系の女性で、お店全体が優しい雰囲気に包まれています。

那須へおいでの際には、
是非是非行ってみてくださいネ!
どれも美味しくて絶品ですヨ♪

FOUET(フエ)



ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【テーブルウェア/キッチン用品---Amazon.co.jp
折りたたみ式 足つきトレイ テーブルトレイ
たてよこ使えるワンタッチ ポット 2.2L H-5299
OXO ターンテーブル(中) 1071353
A di ALESSI 楊枝入れ "Magic Bunny" グリーン ASG16 GR
柳 宗理 グレープフルーツスプーン 6点セット
FOR LIFE ホールリーフマグ(茶漉し付き) ホワイト 280-WH
Frabosk カプチーノクリーマーLOVE 178.31
Melitta グラスポット アロマジョイ ホワイト 12杯用
HARIO 水出し茶ポット・ピュア 1000ml MDP-10TW
iwaki パイレックス クラフトライン しょうゆ差し 80ml 5022-SV
HOGRI サラダサーバー 1721 HG065


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック

 



emksan at 17:19|PermalinkTrackBack(0) グルメ 

2007年10月21日

ハーモニーの変化をただただ感じて・・・

なんか最近楽典のことばかり書いているような・・・。(^_^;)
で、今回は「ただ感じるだけ」のお話。
小難しい理論は置いておいて、
 ・・・・第一私も理論は苦手なのデス。(_ _;)
「感じることが演奏に繋がる」というお話です。

シューマンの小練習曲Op.68-14。
これはハーモニーを感じるための練習曲。
だから、ハーモニーの変化がとってもとっても美しい!!

「これは何調の曲かな?」

私が必ず生徒さんに聞くコト。
というのも、ここがわかっていないと、
この先小難しい話を抜きにした「感じる」を、
探すことができないんですよね。
だから必ず聞くんです。
答えは、ト長調。
調号は#が1つ。ファに#が付きます。
 ・・・・ここが重要なのデス。

本来ファだけに#が付くはずなのに、
ト長調の音ではない音が出てくるトコロ。
この曲にはたっくさん出てきます。

harmony1

早くも6小節目で出現しますね〜。
どの調から借りてきた和音だ・・・なぁんてことは置いておいて、
とにかく普通じゃない音が出てきた!と思うコト。
ト長調の曲なのに、ト長調にない音が使われているということは、
作曲家が意識してその音を用いた・・・というコト。
そのト長調にない特別な響きを感じよう!ということなのです。

生徒さんと一緒に楽譜を眺めながら、
このようにト長調ではない音を抜き出していきます。
なんか違う。なんか普通じゃない。
なんか特別な響きがする。

その特別な響きに何を感じるかは、人それぞれ。
大切なことは、そこに何かを感じるということ。

次に、ハーモニーそのものの変化を、
もっと強く感じるために、
分散されている音を和音にして弾いてみます。

harmony2


響きをしっかりと感じ取りたいので、
必ずペダルを使用して弾いてもらいます。
これがとぉっても気持ちがよくて楽しいんですヨ。
ハーモニーって本当に美しいですネ。
こういった練習をするとき、
大人の生徒さんにしろ子どもの生徒さんにしろ、
「響きに包まれるような気持ちでね。」と言います。
こんなに気持ちのよい練習ってないです、ホント。
 ・・・・・実はこれ、譜読みの手助けにもなります。
     バラバラに音を読んでいるより、
     響きとして譜読みができるので、
     大まかな流れが掴みやすいんですよね。


こうやってハーモニーの響きを楽しみながら、
ト長調にない音が含まれているハーモニーを、
よ〜〜く感じながら弾きます。
そのハーモニーを強めに弾きたければそれでもいいし、
弱めに弾きたければそれでもいい。
大切なのは、やっぱり感じるコトなのです。

感じずにたまたま強く弾いた音は、
とてもに響きますし、
感じずにたまたま弱く弾いた音は、
存在感のない薄っぺらな響きになります。

でも、感じた上で強く弾いた音は、
心に強く訴える力を持って響きますし、
感じた上で弱く弾いた音は、
遠くまでポーンと響く美しい弱音となって響くんです。

だから、そのハーモニーを両隣のハーモニーよりも、
弱く弾こうが強く弾こうが、それは人それぞれでいい。
大切なのは、そこに何かを感じて弾いているか・・・ということなんですよね。

こういった「感じる」ということを訓練するというか、
鋭敏な感覚を養う・・・というか。
そういう練習をしていると、

「この音を強めに弾いてごらん。」

とか

「この音を弱めに弾いてごらん。」

なぁんてことを指導しなくてもよくなります。
先生が、その音を強めに、だとか弱めに、だとか言うのは、
やはりそれなりの前後の流れや縦のハーモニーだとか、
まぁ、いろいろな要素を考えた上で言うわけですが、
それを一口に「強く」だとか「弱く」だとか表現したところで、

「いやいや、それはちょっと強すぎるね。」

とか

「いやいや、今のは弱すぎるね。」

なぁんてことになってしまって、
それはそれは丁度いい具合を探すのに手間取ります
そのうち生徒さんも何がなんだかわからなくなってきて、
混乱してしまう。

こういう指導がとっても難しい曲ってあるものですが、
この小練習曲の場合は、
その点とてもラクな気がします。
本当に、ただ感じるだけで音になりやすい曲だからです。

ところで、この「感じる」ということに慣れてきた生徒さん。
こんなことがありました。
インベンション第1番のこの部分。

harmony3

この赤丸のところ。
この音を何も感じずに弾いていたので、

「そのソの#を感じて弾きたいねぇ〜」

と言ったところ、
私の想像とは逆の表現をしてくれました。
私はこの#ソを強調するような演奏を思い描いていたのです。
終止のカデンツだし、
ちょっと他の16分音符より幾分大きめの音で・・・と。

ところがこの子は、とってもいい間合いを使って、
ちょっと抜き気味の音で表現してくれたのです。
それがとても素敵だったんですヨ。
バロックの曲はやりすぎると変ですが、
だからといって全然やらないのもなんかなぁ・・・って思うのです。
特にこのような終止カデンツのところでは、
やはりそれを感じる演奏がしたいトコロ。

この子の演奏は、そのあたりもとっても丁度よくって。

「感じてね。」

のひと言で音にできるようになってきているということ。
それが私が押し付けた表現ではなく、
感じた結果、自分はこういう風に弾く・・・を体言してくれて、
なんだか喜びひとしおだったのデシタ。

ピアノに向かい始めたばかりの頃って、
「感じてね。」の本当の意味が伝わらないものです。
でも、こうやって感覚を鋭敏に養っていくことで、
「感じてね。」を自分なりの音で表現できるようになる。

結果、私はたっくさんの刺激を受けることになるんですヨ。
あぁ、そういう弾き方も素敵だねっ!と発見することが多くなる。
私にない感性と出会うことは、とっても刺激的で、とっても楽しいこと。
いろぉんな感性との出会いがあるピアノ講師って、
なんて幸せな職業なんだろう、と思う瞬間でもあるんです。


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【シューマン/本---Amazon.co.jp
シューマン (マンガ音楽家ストーリー (6))
クララ・シューマン―愛をつらぬいた女性ピアニスト (学習漫画 世界の伝記)
吉田秀和作曲家論集〈4〉シューマン
シューマニアーナ
シューマン―愛と苦脳の生涯
クララ・シューマン―愛の手紙
絵本で読む シューマン
おばあちゃんからの手紙 ― クラーラ・シューマンから孫娘ユーリエへ
シューマン―音楽と病理
作曲家と出会うシューマン その生涯と作品


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 09:00|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/レッスン