2007年03月

2007年03月30日

早くも復活の兆し?!

今日もカイロプラクティックへ行ってきました。
一昨日より昨日、昨日より今日。
どんどん調子がよくなっていくのがわかって嬉しい!
今日は前回できなかった施術をしてもらえました。
血行のよさにも体がついていけるようになり、
具合悪くなることも、ほとんどなくなりました。
その上、ぐ〜っすり眠れるんですよねぇ。ありがたや〜

今日、ピアノ弾いても大丈夫ですよ、と言っていただけました♪
もちろん座りすぎ、下向きすぎ・・・は避けなければですが。
ピアノって下を向きますよね。
これが首に悪いんです。
私の首は、これが原因で真っ直ぐになってしまったようです。
ピアノだけでなく、パソコンもやってたから尚更。
パソコンの画面もちょっと目線より下にあるんですよね。
本当は、目線と同じ位置に画面がある方がよいそうです。

kubi

単純な図ですが、顔の下の線は首のつもりデス。
本来、この直線で描かれた首は、曲線を描くはずなのですが、
私の首は直線。
ということで、首の付け根である赤丸部分が出ているのです。
青線は顎が出ているということ。
顎が出てしまうと、さらに赤丸に負担がかかります。
顎は引いている方が◎。

右側の図は、下を向いているときの状態。
ピアノを弾いたりパソコンをしたり、本を読んだり。
考えてみると私は下を向く機会がすごく多い。
これが赤丸の首にすごく負担をかけているようです。

一昨日カイロプラクティックで施術していただいた後、
これと、丸くなりがちな肩に気をつけて生活していたのですが、
随分よくなってきたように思います。
この首に悪い寝方、良い枕の使用方法なども教えていただいたので、
とても気持ちがラクになりました。

腰の方は、まだ30分も座っているとお尻がしびれてきてしまいますが、
長く座らないように気をつけていたり、
座った後にストレッチするようにしているだけで、
気持ちも違うし、状況がよくなってきているように実感することもできます。
普段イスではなく畳の生活なので、
今日は畳に座るときの注意事項を伺ってきました。
姿勢のよい座り方はわかるけれど、
家でリラックスしながらテレビみてるのに落ち着かない。(^-^;
で、いい方法を教わったのデシタ。


驚くほどの回復力です。
リンパ腺が腫れていた頃は、確かに安静が必要だったろうけれど、
ある程度リンパ腺の腫れが引いた時点で、
多少腫れていてもストレッチはしていたほうがよかったのかも・・・。
もっと早くカイロプラクティックに出会っていれば、
これほど長い間苦労することもなかったのかな。
その上、風邪だとか肩だとかにかかりきりになってしまい、
腰痛を無視していたのも問題だった・・・。
もっと早くに検査してもらいに行けばよかったんですよね。

お陰で、3月丸々つぶしてしまったような感があります。
生徒さんたちにも、すごく迷惑をかけてしまいました。
来週からは復活して、この3月の分を取り戻さねば・・・と思います。


私が行っているカイロプラクティック医院。
AKEDA CHIROPRACTIC


♪ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ



emksan at 21:32|PermalinkTrackBack(0) 健康 

2007年03月28日

カイロプラクティック

今日この20日間路頭に迷っていた私に、
一筋の光が見えてきました。嬉しい!!

気になってはいたのです。
右肩の炎症のため、右肩を動かしちゃいけない。
「お姫様な生活」がいい。

ところがところが、
この20日間で背中がギシギシひどくなり、
腰は益々痛くなってくる。
右肩の炎症もよくなりそうもない。
それどころか、右腕にまで症状が現れ始め、
箸を持つ手が痛いと感じ危機感を覚えたほど。

本当に動かないのがいいことなのか?
益々体の血行が悪くなる一方で、
悪循環にはまってしまっているんじゃないのか?

ヘルニアの兆候があると言われたものの、
それに対処してもらえたわけではありません。
ただ、症状がなんなのかがわかっただけ。
西洋医学ってそんなもんかも。(_ _;)
兆候程度では、施術に至らない。

でも、それがわかったお陰でもらったパンフレット。
腰痛のための運動が書かれたパンフレット。
腰を伸ばすことの大切さについて書かれていたパンフレット。

やっぱり肩の炎症も腰痛も、
生活習慣病の一種なのでは・・・と思い至ったのでした。

で、見つけたのがカイロプラクティック。
背骨のゆがみ、骨盤のゆがみなどを治し、
血行を良くする施術。
整体のようにボキボキッとやる東洋医学ではなく、
アメリカで開発された西洋医学の一種。
科学的アプローチをもとにした施術。

ネットで調べたところ、
きちんと施術できる人を見つけなきゃいかんと書かれていました。
いろいろ検索をかけていると確かに・・・と思えることがいくつか。

まず、ダイエットやエステを目的とした、
「いらっしゃいませ〜」的なカイロプラクティックサロン。
これは今の私が求めているものでは決してない。
物を売りつけられるようなお店もあるようで・・・。
あまり「施術」というイメージではないですね。

もう1つ見つけたのが、整体や指圧とのコラボ。
一体ここは整体をするところなのか、カイロプラクティックをするところなのか?
とりあえず、今の私に整体や指圧のような激しい衝撃を与えたら、
症状が悪化することは目に見えていたので、
これも私が求めているカイロプラクティックではない。

カイロプラクティックを専門にしている「医院」で、
「施術」を目的としているところ。医学を目的として開業しているところ。
このカイロプラクティック、
ほとんどの主要先進国で国家資格制度として成り立っているらしいのですが、
日本には国家資格制度がなく、誰でもカイロ治療室を開くことができてしまうのです。


世界的な教育基準は、
四年制以上のカイロプラクティックを専門とする全日制の大学を卒業していることです。
国家資格制度のない日本ではありますが、
カイロプラクティックを学ぶための大学は存在しています。
 ・・・・・http://www.chiro.jp/ (RMIT University unit Japan)

今日私を見てくれた先生は、
大学を卒業した後、すぐに開業する人もいるが信じられないとお話していました。
卒業してすぐに施術できるようになるもんじゃない、と。

この先生のプロフィールは以下の通り。

・RMIT University unit Japan Biomedical Health Science学部 Chiropractic学科 卒業
・RMIT University Bundoora campusにて人体解剖学実習、治療テクニック実習 修了
・「頚椎アジャストメントに対する椎骨動脈損傷の危険度」の研究を行う
・RMIT大学日本校付属新橋外来センターにて2年間インターン実習を行う
・KIZU CHIROPRACTIC勤務

B.App.Sc.(応用理学士)
・B.C.Sc(カイロプラクティック理学士)所得
・日本カイロプラクターズ協会会員(JAC)


これらのプロフィールを見て、信用できそうだと今日行くことにしたのでした。
行って正解でした。
この1週間レッスンをお休みにすることにした私。
とにかく最悪な悪循環にはまっている自分がいる。
なんとかしてここから脱出しないと先がない。
一向に右肩はよくならないだろうし、腰痛もひどくなる一方だろうと思って。

この先生に仕事を一週間お休みしていることを伝え、
なんとかこの一週間で悪循環を断ち切り、
いい循環に持っていきたいと相談しました。
私一人の力で、いい循環に転換させることができるほど、
軽い悪循環ではなくなっていたからです。

なにしろ右腕を動いちゃいけない。
動かすと腫れてきて具合が悪くなってきて・・・。
でも動かないとあらゆる筋肉が萎縮してギシギシミシミシ、
どんどん血行が悪くなっていく。
一体どうしたらよいのやら、
素人の私にはもうどうしようもなかったのです。

原因がはっきりわかりました。
先日病院で首が真っ直ぐですね・・・と言われた原因。
真っ直ぐな首がなぜ悪いのかということ。
どうすれば真っ直ぐな首が治るのかということ。
肩の炎症は、この真っ直ぐな首が原因だということ。

パソコンをやっちゃいけない、
ピアノを弾いちゃいけないということが、
具体的にどういうことなのか・・・ということ。
今私はあることに気をつけながらキーボードを打っています。
教えてもらったことに気をつけながら・・・・。

1時間半以上見ていただきました。
痛くない心地のよいマッサージは、
ただのマッサージではなく必要なマッサージ。
私の姿勢、私の骨の状態をじっくりみてくれてからの施術です。

先日病院でもらったパンフレットや、
私がインターネットで調べたストレッチ方法についてお話したら、
何に気をつけてストレッチすれば効果的なのかを教えてもらえました。
ヘルニアの兆候も、これからの過ごし方次第でよくなるハズ。
不安だった気持ちに一筋の光が入ってきました。
だって、まだまだ「兆候」なんだもの。
西洋医学でどうこうできる段階にまで達していないのだもの。
これからこれから!!

とにかく、あまりにも安静にしすぎた20日間を過ごしてしまったため、
ストレッチをすると具合悪くなってしまうのが現状。
血行が悪かったところに、突然血行が良くなると、
そういう症状が出るとのこと。
逆立ちをした後、気持ち悪くなるのと同じような具合悪さなのです。

しかし、具合悪くなっても横になれば治ります。
具合悪くなるからといってストレッチをしないで安静安静と動かずにいたら、
悪循環から抜け出ることができません。
今回の施術も、仕事を休みにしているので、
多少具合悪くなっても構わないとお話してお願いしました。
ちょっと先生も怖かったみたい。(笑)
突然血行が良くなると、具合が悪くなったり、だるさが増したり、
眠気がおそってきたりするそうなので。

でもね、ここを抜け出さないと悪循環は断ち切れないですよね?と。
仕事は休みにしてあるし、今後のために必要なことなのであれば、
施術しちゃってください・・・とお願いしたのでした。

ここ2日、ストレッチしては横になって具合悪さを取って・・・
という日々を過ごしていたので、
今日施術していただいた後、それほどの具合悪さには襲われずにすみました。
さすがに家に帰ってきたころには、グテングテンで1時間ほど横になりましたが・・・。

今日は血行がよくなっているので、
ぬるめのお風呂に浸かるか、お風呂に入らないか・・・と言われました。
明日からはウォーキングをしてもよいそうで、
しっかりとウォーキングをして悪循環を断つべく動こうと思っています。

明日はウォーキング以外はあまり動きすぎないでゆったり過ごすこと。
施術後の様子を見るため、明日は施術はせずに、
明後日もう一度施術してもらうことにしました。

今日の施術後、実はとても体の調子がいい!!
右肩が気にならない。腰痛もよくなってる。
腰の上に上半身が無理なくスッと載ってくれる。
その上、歩いたときの足先への体重のかかり方が今までとまるきり違う。
実はこの点、以前からすごく気になっていたんです。

あるとき自分の靴を見たら、かかとの外側だけが磨り減っていました。
あれれ?私は歩くとき変な重心で歩いているんだなぁ〜と。
それ以来、足先で地面をきっちりとつかめるようにと思いながら歩くようにしていました。
でもね、なかなか実感が湧かない足先だったのです。
どうも地面を掴みづらい。いつもフワフワしている感じ。
こんな感じじゃないはずだなぁ〜と思いつつ、
歩くときはいつも指先を気にしていました。

ところが、施術後の今日は驚くほど上手に歩けたのです。
足先で地面をきっちりつかめる感じ。
そうそう!歩くってこういうことだったはず!と。

せっかく生徒さんたちにいただいた1週間のお休み。
とにかく悪循環を断ち切るための有意義な1週間にしたい。
5月にはLa Musique du Soleil演奏会があり、
6月にはお教室の発表会。
今後充実した日々を過ごしたいと思っているのに、
それができない体ではどうしようもない!
大切にしていきたい周りの人たちに迷惑をかけてしまうばかりです。

生活改善、体調改善。
この先生のお陰で良い循環へと上手く方向転換できたら、
今度は自分の力でその循環を益々良いものにしていけそう。

あまりにも嬉しくて、長くパソコン前に座りすぎですね。
今日はおしまい。
ピアノ練習後のクーリングダウン方法についても教えていただいたのですが、
それについては、また後日書こうと思います。
 ・・・・練習後に固まった肩や首、腰の筋肉を和らげるためのストレッチ方法についてです。

私が行っているカイロプラクティック医院。
AKEDA CHIROPRACTIC


♪ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【カイロプラクティック/本】
ガンステッド・カイロプラクティックの真髄―歴史・哲学からテクニック・実践まで
カイロプラクティックのこころ
アトラス No.9(2007.1.)―カイロプラクティックの総合情報誌 (9)
「治る力」を引き出す正統カイロプラクティック―『病苦を絶つカイロプラクティック』〈PART2〉
カイロプラクティック
大間違いの整体・カイロプラクティック選び
肩こり・腰痛・ムチ打ち症なんて怖くない―最新カイロプラクティック治療のすすめ



emksan at 20:31|PermalinkTrackBack(0) 健康 

2007年03月26日

椎間板ヘルニアの兆候?!

あくまでもね、兆候なんですヨ。
今日今見ていただいている先生の紹介で、
大きな病院へ行って調べてきてもらったんです。

今年に入ってから、右足親指がジワジワすること。
たまに太ももの付け根がジワジワすること。
柔軟体操などをすると、足全体がピリピリしてくることなどなど。
もちろん腰痛も。

で、腰と首のレントゲンを撮ってもらったのでした。
あくまでも兆候・・・なので、様子見。
とりあえず、今の状態が少しでもよくなるように、
負担にならない運動を入手。
運動ってほどじゃぁ〜ないのです。
腰を伸ばす感じ。

肩の炎症も、腰が要因になっているかもしれない・・・と。
でね、面白いというか・・・なんというか。
普通首の骨っていうのは湾曲しているらしいのデス。
ところが、私の首の骨は美しいほどに真っ直ぐ。
これって、肩に負担がかかるらしいんですよ。

もともと真っ直ぐな骨なのか、
何かが原因で真っ直ぐになっているのか・・・。
これは普段の骨の状態をわからないので、
なんとも言えないらしいのですが。
とりあえず、肩に負担がかかりやすい状態ということがわかりました。

肩にいい簡単な運動を教わりました。
やりすぎると肩の炎症がひどくなりそうで怖いので、
こわごわとやることにします。

今は腰にしても肩にしても、
運動すりゃいいってもんじゃなくて、
下手するとひどくなる可能性もあるので、
様子を見ながら運動をすること・・・となんとも曖昧な状態です。(_ _;)

でも、兆候が確実に病名をいただくまでにならないように、
なんとかここで食い止めたいところです。

座るって、腰にすごい負担らしいですよ。
だから、座りっぱなしっていうのはいけないと教わりました。
考えてみると昨年末から座りっぱなしの日々でした。
レッスン→自分の練習→レッスン→自分の練習〜〜〜
常にピアノの前に座ってた数ヶ月。
これが腰にきた原因かなぁ〜と思ってます。

1時間置きくらいに、立って腰を回すなどするようにと言われました。
座りっぱなしの職業の方は、気をつけなきゃですね。

考えてみると、肩の炎症も座り続けと関係がありそう。
治ってきたなぁと思うと腫れたり・・・。
それって、よくよく考えてみると座り続けた日だったりするんですよね〜。
秋田まで片道5時間のとき、肩の炎症が悪化して腕まで腫れてきたけれど、
結局それも座りっぱなしだったからなんだろうし。

常に同じ姿勢っていうのはいけないですね。
気をつけよぉ〜〜。
ってことで、パソコンも左手でキーボード打てばいいってわけじゃなく、
パソコンの前に長く座ってるのがいかんのだろうと・・・。
で、今日も単色、てきとぉにこのへんで切り上げます。m(_ _)m


♪ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ

私が最近購入した音楽本&CDはコレ!


【腰痛/本】
NHKきょうの健康 1日5分でOK! 「腰痛」「肩こり」健康体操
見放された腰痛はこう治す―レーザー手術、顕微鏡下手術で短期間に治す最先端治療
トータル・バランス・コンディショニングで動いて良くなる!腰痛―「どうしていいかわからない」人のための腰痛改善法
腰痛スッキリ!
腰痛、肩こり、手足のしびれ
骨盤・背骨のゆがみを治す!〈決定版〉筋肉・筋膜ほぐし―ひとりでできる!10秒で肩こり・腰痛が消える
首・肩・腰の痛みを解消!
ひとりでできる股関節・肩関節体操―腰痛、肩こりが5分でスッキリ!
疲れ目・肩こり・腰痛解消ハンドブック
お医者さんがすすめる よく効く! 腰痛体操
新版・マッサージのしくみ―肩こり・腰痛を治す!
徹底図解 腰・ひざの痛み―がんこな痛みを癒す

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック

   

emksan at 14:20|PermalinkTrackBack(1) 健康 

2007年03月23日

支えられて・・・

私は何か辛いことがあると、
いつも生徒さんたちに支えられているんだなぁと、
ぬくい気持ちになります。
最近もそう。

突然の用事で、お教室の行事が中止になったとき。
 ・・・・・内輪だけの小さな行事だったので、
     中止にさせていただいたのです。
レッスンの最中に行事を中止にせざる得ない連絡が入ったのですが、
そのとき横に座っていた生徒さんが、
手分けして他の生徒さんたちに連絡してくれると申し出てくださったのです。

謝る私を暖かく包み込んでくれるような感じで、
優しく声をかけてくださったので、
とても心強く、暖かな気持ちになりました。

また、肩の炎症を気遣ってくださる生徒さんたち。
連弾のための個人レッスンをしていたとき、
連弾用にイスを移動しようとしたら、
「先生はダメダメ!だめですよ、私が動かしますから!」
申し訳ないと思う反面、とてもありがたくて嬉しくて。

ある生徒さんはレッスン後に、
「先生、私食器洗っていきますよ。」と。
ええ〜〜!!いくらなんでも恥かしいからいいよ、
と言ったのですが、
「○○○(彼のこと)は、食器を洗うのが嫌いなんでしょう?
先生は無理しちゃだめですよ。」
と洗ってくれたのです。

なんだか申し訳なくって、
「紅茶を淹れるから、それを飲んでいってくれる?
そうしたら甘えて洗ってもらう〜。」とお願いし、
一緒に紅茶を飲んで、
ついでにWiiで遊んでもらいました。(笑)

今日は引っ越して伊豆にいるダウン症の子が、
初めて制服姿でレッスンにきてくれました。
引っ越しても月1回くらいのペースで習い続けてくれている子。
今年、とうとう中学生になります。

昨日はなんだか体調が優れず、
夜よくなりつつあった肩がまた腫れてきて、
久々にリンパ腺がモコッと腫れてきて、
かなぁりブルーだった私。
でもね、そんなとき生徒さんのとびきりの笑顔や、
成長した姿に出会うと、
すっごくすっごく元気になれるのです。

とってもかわいらしい趣味の良いデザインの制服で、
成長したこの子の制服姿を彼が見たがるだろうなぁと、
即行隣の部屋からカメラを持ってきて撮影しました。
早く撮った写真を見せてあげたいなぁ〜。

今日このお教室の暖かな雰囲気作りに、
初期の頃から貢献してくださっていた生徒さんから、
引越の連絡をいただきました。
彼女とは楽しいピアノ合宿で、
一緒にお風呂に入った仲。

引っ越しても、弾きっこ大会やホームコンサートには出たいと言ってくださって、
私も「是非一生のお付き合いをさせてほしい」と言いました。
お別れは寂しいけれど、
本当のお別れではないのだと思うと、元気になれます。
なんてったって、3か月に1回は行事があるのですもの。
日頃のレッスンに通うには遠い距離だけれど、
すごく遠くに行ってしまうわけではありません。
いつでも会えると思える遠さ。

彼女はホームコンサートを本当に家でやっていた頃からの生徒さん。
新しい大人の生徒さんが入ってきやすいように声をかけてくれたり、
子どもの生徒さんの成長を一緒に喜んでくれていた人です。
寂しいけれど、ずっと私と繋がっていてくれると思える心強さと、
なによりも暖かいぬく〜い思い。

風邪で体調を崩したり、肩が炎症して思うように動けなかったり。
辛いなぁと思うとき、私にはいつも生徒さんたちがいてくれる。
「大丈夫ですか?」と上っ面ではない心からの言葉をかけてくださったり、
「いつもがんばってるから、ちょっと休んでもいいんですよ。」
と励ましてくださったり。

この動けない精神的にもブルーになりがちな肩の炎症は、
人生の中で一番大切にしていかなければならないものを、
改めて心に留める機会を与えてくれました。
たくさんの暖かな心に支えられて生きているのだということ。
見失っちゃいけないぞ。
天からの声が聞こえてくるようです。

【おまけ】
「先生!パソコンやっちゃダメでしょ!!」
と叱られそうなので、おまけの言い訳。(笑)
全部左手で打ってます〜〜
もちろんマウス操作も左手ですよ〜〜
だから上手く文章もまとめられてないんですねぇ<(;~▽~)
面倒なので色も単色!


♪ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ

おしゃれなCD収納書籍収納がたくさん!



emksan at 19:30|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/レッスン 

2007年03月19日

11ぴきのネコ

毎年5月連休の翌週に開いている、La Musique du Soleil演奏会
ピアノ講師を中心とした有志が集まって、
無料で開催している子どものための演奏会です。
もちろん未就学児や発達障害のお子さんなどもOKです。
気軽に聴きに行ける、がモットーの演奏会です。

今年も第1部は名曲選。
ピアノだけではなく、フルートや声楽もあります。

 ショパン:ノクターンop.9-2 幻想即興曲(ピアノ)
 
山田耕筰:この道(声楽)
 滝廉太郎:花(声楽)
 成田為三:浜辺の歌(フルート)
 メンデルスゾーン:春の歌 紡ぎ歌(ピアノ)


そして第2部はやるたびに好評の音楽と語り。
これまで「ピーターと狼」「魔笛」「窓際のトットちゃん」を、
隔年でやってきましたが、
今年の演目は「11ぴきのネコ」です。

11ぴきのねこ(絵本:馬場のぼる著)

この原作を元に井上ひさしが台本を書いたミュージカルがあるのですが、
それを教育音楽用にと青島広志が合唱曲に作曲しています。

11ぴきのネコ 合唱版(楽譜)

La Musique du Soleilでは、
ナレーター1人、ネコに扮する役が2人、
ピアノ伴奏者1人という構成で話を進めます。

私は親友と2人でネコに扮します。
これが楽しいんですよねー。
魔笛ではパパゲーノとパパゲーナをやったコンビです。
彼女が作ってきてくれた台本のたたき台を元に、
いろいろ試行錯誤した結果、
全体の流れが随分とはっきりし面白いものになってきました。

どちらがどのセリフを言うとか、
どちらがどちらの旋律を歌うかなど、
サクサクサク〜〜決まるので気持ちぃ〜〜。
2人ともノリノリ。
照れもなくセリフを声に出すので、おかしくてたまりません。

2人で同時に言うセリフもリズムが生まれてメリハリがでてくるので、
そこかしこに挿入しているのですが、さすがはコンビ!!
1回で合います。
2人ともなりきりすぎ、テンション高過ぎです。(笑)

話し合い&練習の合間に、
ネコ扮装をどうしようという話題になり、
早速楽天で検索。

  

この2点を購入しました。(ネコの耳とネコの尻尾)
黒ネコもあったのですが、舞台栄えしないということで却下。
白のセーターに、黒ズボンで揃えることになりました。

楽しい歌詞とセリフ、曲もとっても面白いです。
是非是非お子さんを連れて聴きにいらしてくださいネ!!

5月12日(土)
13時会場、13時半開演予定
大森スポーツセンター小ホール
 ・・・京急線平和島駅徒歩5分


【お誘い】
ピアノ講師、他楽器講師の方でLa Musique du Soleilの活動にご興味のある方、
お気軽に中嶋までメールをください。
emikosan★terra.dti.ne.jp
 ・・・イタズラ防止のため、★の部分を「@」に置き換えてメールをください。


♪ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ

おしゃれなCD収納書籍収納がたくさん!


【音楽絵本】
楽器の絵本 ピアノ
紙のピアノの物語
ピアノえほんディズニープリンセス
ミッキーのピアノ絵本
ピアノがひきたい
ピアノは知っている―月光の夏
ぼくにピアノがひけたら
ふしぎなピアノ―おんがく動物園
タコがピアノをひいたとさ
ピアノをひくのはだれ?
魔笛
にぎやかな音楽バス
夜の音楽美術館
野はらの音楽家 マヌエロ

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック

 

emksan at 20:51|PermalinkTrackBack(0) 音楽/コンサート 

2007年03月15日

ピアノの歴史10【スクエア・ピアノ】

ピアノの歴史 銑は、ブログカテゴリ『音楽/ピアノの歴史』からご覧ください。
【スクエア・ピアノ】

ジルバーマンが亡くなった直後、
プロイセンとオーストリアの間に7年戦争が勃発しました。
ベルリン楽派の優秀な音楽家たちは次々に宮廷を離れていき、
ジルバーマンの技術を受け継ぐ弟子たちは、
1760年集団でイギリスへ渡ります。

弟子たちのリーダーであったツンペは、
1761年に自分のアトリエを持ち、
そこでスクエアピアノを製作しました。
現存している最も古いスクエアピアノは1766年製のものです。

Squarepiano

これは国立音楽大学所蔵のスクエアピアノ。製作年代はわかりません。

この楽器、クラヴィコードに似ていると思いませんか?
当時のフォルテピアノは、
古くからある鍵盤楽器の外形や装備を受け継ぎました。
スクエアピアノはクラヴィコードから、
グランドピアノはハープシコードから受け継いだのですね。

ツンペの発音機構は、イギリス式シンプル・アクションと呼ばれています。
ジャックがハンマーレヴァーの根元を突き上げる方式で、
木のハンマーはなめし皮で巻かれていました。

スクエアピアノは小型で経済的だったため、
イギリスで爆発的な人気を勝ち得ます。
クラヴィコードに比べると音量が豊かでしたし、
スピネットに比べると表現力が豊かだったからです。
1770年代には、1年に何百台も製作されたそうですよ。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


フォルテピアノ奏者小倉貴久子さんのCDだけ集めています!


【フォルテピアノ/CD】
鍵盤音楽の領域vol.4 [フォルテピアノコレクションI]
浜松市楽器博物館コレクションシリーズ(4) フォルテピアノ
モーツァルト : フォルテピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調、K.452
モーツァルト:ピアノ協奏曲第8
モーツァルト:フォルテピアノの
モーツァルト:ピアノ三重奏曲1
モーツァルト:ピアノ・ソナタ全
モーツァルト:フォルテピアノによるソナタ集
モーツァルト:フォルテピアノのための変奏曲集
モーツァルト:ピアノ協奏曲15
幻想のフォルテピアノ《月光》-クラヴィーアの歴史と名器

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック





emksan at 12:01|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/ピアノの歴史