2006年10月

2006年10月31日

教えるというコト

ピアノ講師という職業は、
レッスンするのが50%
そのために勉強するのが50%って気がする。
勉強も仕事のうち。

これって、ピアノに限ったことじゃないんだろうなぁと思う。
教えるって責任があるコト。
だから勉強し続けなきゃいけない。
学校の先生も、茶道の先生も、
華道の先生も、水泳の先生も・・・。
あらゆる指導者というものは、
過去勉強したストックだけでは指導できないで、
そのバックグラウンドに「勉強」があるんだろうと思う。

ピアノで言えば、
まず自分のための勉強はしてきていても、
指導法というものについての勉強はしてきていないもの。
だから、世の中にはどういう指導法があって、
自分にはどういう指導法が合うのか勉強しなきゃいけない。

また、昔習っていた教材は、
ただ先生に指導を受ける身として使っていただけで、
その教材がどのようなスタンスに立って書かれた教材なのか、
どういう生徒に向いているのか・・・なんて考えて使ったことがないので、
これまた教材研究なる視点で勉強しなきゃいけなくなる。

ある程度指導法が身に付いたら身に付いたで、
生徒は成長するわけで、
その成長に応じた深みのあるレッスンができなきゃいけない。
幅広い知識や洞察力というものはレッスンに深みが出てくる上、
「ただ弾くだけ」というレッスンから脱却するのに必要なことでもあるから。

これは大学時代に勉強したことだけでは、とてもとても間に合わないのデス。
数百年という時代の変遷は(鍵盤楽器において)、
この世の中にどれだけの作品を残し、どれだけの作曲家を生んだことか。
この膨大な情報量は、大学4年でなんとかなるものではありませぬ。
一生かけても足りない。(^-^;

このようにクラシックは奥が深くて、
もっともっと〜と常に思わざる得なくなるのデス。
・・・・・特に、私はまだまだ未熟だから尚更。(_ _;)
だからね、ピアノの先生になりたいと思う人は、
儲けようって思っちゃ失敗しますネ。(笑)
収入の半分は、勉強で消えるので。<(;~▽~)

大学の教授や、ピアニストとして生活していけるだけの収入があるなら別ですが、
地域のピアノ講師にとっては、支出ばかりで収入の少ない世界。
クラシックってお金のかかる世界だなぁと思う。
生徒がお父さんに「ピアノじゃ食べていけないぞ」と言われました。
納得納得。私も彼がいるから食べていけてるんです。(感謝!)

だからといって裕福な人にしかピアノ講師はできない、なんて思いたくないですね〜。
そのためには家族の理解が絶対に必要だけれど。
あとはどれだけ買いたいものを我慢して、自分に投資できるか・・・。
好きでなきゃできない職業ですね。

私は欲しいものが本やCD、行きたい場所が演奏会や美術館なので、
やりたいこと・欲しいもの=自己投資なんですよね。
ラッキーだったなぁと思います。
自己投資以外の欲しいものをがまんするって必要がない。
やりたいようにやってりゃ自己投資になる・・・みたいな。(笑)


こうやって納得いくまで勉強に時間がかけられて、
自分なりの資金を自分に投資し続けることができるって幸せだなぁと思う。
だってね、勉強したいからレッスンは週4日以上にしないって・・・。
その分収入は減るわけだしネ。
その上自分に投資する分、支出は増えるわけで。(笑)
それが許される環境にあるって幸せだなぁと思うのですヨ。

正直、5,6年前はバイトした方がいいかなぁなんて悩んだことがあったのです。
結婚してるからパートってやつですね。
で、パート先で生徒に合ったらバツ悪いなぁ〜とか想像してたわけです。(笑)
勉強する時間はたんまりあったけれど、
自分に投資する経済的余裕がなかった。

今も年収は通のOLさんの半分くらいにしかならないけれど、
これで十分かなぁと思う。
好きなだけ勉強できてるし美味しいものも食べてるし。
負担になるほどレッスンしているわけじゃないし。
全員に目が行き届く程度の人数ってのが私の信念で、
そういう意味でも丁度いい。少なすぎず多すぎず。

やっぱり恵まれてるなぁと思う。

果たして60歳になったら、
勉強50%の割合が20%くらいにまでなるのかな・・・。
それとも、まだまだ〜と勉強し続けることになるのかな・・・。

キツイ職業を選んだものだと思いつつ、
一生学ぶ機会が得られる職業にめぐり合えて幸せだなぁとも思うのでありました。

♪ 毎日ひとポチッ よろしくお願いします♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログへ

ピアノ指導の本、たくさんあります♪


【教育学/本】
子どもの心のコーチング―ハートフルコミュニケーション 親にできる66のこと
「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルール
ひとりで、できた!―子どもは手を使いながら一人立ちする
コーチング・バイブル―人がよりよく生きるための新しいコミュニケーション手法
七歳までは夢の中―親だからできる幼児期のシュタイナー教育
子どもを伸ばすお手伝い―家事ができる子はなんでも気づきなんでもできる
小学生と思春期のためのシュタイナー教育―7歳から18歳、12年間一貫教育
お母さんの工夫―モンテッソーリ教育を手がかりとして
子どもの宇宙
教師のためのソーシャル・スキル―子どもとの人間関係を深める技術
「お母さんがすき、自分がすき」と言える子に―信頼されて子どもは育つ
4つの気質と個性のしくみ シュタイナーの人間観
「本を読む子」は必ず伸びる!

【教育心理学/本】
人間関係トレーニング―私を育てる教育への人間学的アプローチ
絵でわかる子どもの心
「わかる」のしくみ―「わかったつもり」からの脱出
やさしい教育心理学
授業を変える―認知心理学のさらなる挑戦
脳と心と教育
人はいかに学ぶか―日常的認知の世界
感じない子どもこころを扱えない大人
学習と教育の心理学
教師のためのアサーション
図でわかる学習と発達の心理学

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア 

 


emksan at 12:29|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/練習&勉強 

2006年10月30日

「置く」というタッチ

今回はなんとも文章にしづらいことに挑戦。
「置く」というタッチについて。
はねるわけじゃない。
押すわけじゃない。
突くわけじゃない。
「置く」んですよね〜。

鍵盤に手をそっと載せてください。
1本の指先をそっと上げ、鍵盤にその指を置く感じで弾いてみてください。
そして、スッと鍵盤からその指を離してください。
このとき、手首は一切使いません。
置く時も離すときも、その指だけで。

いろんな音の長さで試します。
「長さ」を完全にコントロールします。
妙な余韻は入りません。
鍵盤からゆっくり指を離すと余韻が生まれてしまうので、
ここではスッと離します。

音への意識がグッと高まります。
楽曲の仕上がりが、すごくすごく丁寧になる。
ということは、音色が美しいということでもあります。

例えばモーツァルトのソナタK545。
k545-1

ソナチネアルバム 第1巻 今井顕 校訂 初版および初期楽譜に基づく校訂版

この楽譜には、一切記号が書かれていませんが、
私たちが見慣れている楽譜は、以下のように書かれていますね。

k545-2


最後の「ソ(G)」にスタッカートが打たれています。
スタッカートというと「はねる」というイメージがありますが、
「はねる」ばかりがスタッカートではありません。
あらゆる長さのスタッカートがあるんですよね。

編集者は何故ここにスタッカートを打ったのか?
それは、1拍目という強拍を感じるためだろうと私は思っています。
k545-3

ドミナント→トニックという解決の和声もあって、
フレーズはこのように捉えられますね。
スタッカートが打たれていなければ、
「ソ(G)」をフッと抜けた音で弾きかねません。

楽曲全体を眺めてみると、
ここは展開部の始まりで、今まで長調だったものが突然短調になるところです。
ここで「ソ(G)」をフッと抜いて弾いてしまったら、
せっかくの緊張感が失われてしまいます。

では、どんなスタッカートで?
私は、ここをはじいたスタッカートで弾きたいとは思わないんです。
重たく深刻な緊張感が、はじいた音のせいで飛んでしまう。
しかも、とてもとてもに響いてしまいます。

私はここで、1拍目をきちんと感じ、
スタッカートの長さを張り詰める緊張感のある長さにコントロールするために、
手首を使わずに指で「置く」タッチを使います。
これは「ドラファラ→ソ」と16分音符の惰性で「ソ」を弾いてしまわないためにも、
とても大切なことだと感じます。

生徒さんが、どうしても惰性と勢いで弾いてしまい、
この「ソ」をないがしろにしてしまうとき、
私は「止める練習」を勧めます。
「ドラファラ」で止めて、「ソ」をイメージします。
どんな「ソ」が欲しいのか?
きっちりと左右の準備が整ったら「ソ」を弾きます。

「置く」というタッチは、
音をないがしろにせず、しっかりと意識して弾くことに繋がります。
自分で練習していてもそうですが、
ないがしろにしてしまう音の多いこと!
何故そこに気づかない?と自分が嫌になってしまうほど・・・。<(;~▽~)

やさしい4期の名曲集 2 〔全音〕
「やさしい4期の名曲集2巻」に入っている、
13.ロンド クーラウ


ハ長調の軽やかなリズムで始まる曲です。
rondo

しかし、途中で短調にかわるところがあるんです。
左の伴奏も流れるような伴奏に変わります。
rondo-2

「ここはどんな雰囲気のところ?
楽しい?はずんだ感じ?暗い?やさしい?悲しい?」

「最初のハ長調のところは、軽やかにはずむ感じだったね。
でも、ここも同じようにはずんだ感じかな?」

「はずまないスタッカートもあるんだね。」


では、はずまないスタッカートをどのように弾くのか?
ここでも「置く」というタッチなんです。
手首を使わずに、指で弾きます。
ここで大切なのは4小節の流れを感じること。
その流れがプツプツ言うようなスタッカートにはならない。
一度レガートで全部弾いてみて、
それを少し切るくらいが丁度いいと思います。

特に、バロック古典初期のものは、
手首を多用しすぎずに、このような指で「置く」というタッチを使うことで、
「飛び出しすぎる音」を避けることができます。
飛び出しすぎたコントロールの利かないタッチで弾くと、
雑な音楽に聴こえてしまうんですよね。
この時代の音楽はごまかしがきかないので難しいですね。(^-^;

♪ 毎日ひとポチッ よろしくお願いします♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログへ

ピアノ奏法の本、たくさん揃ってます♪


【タッチ/奏法】
ピアノテクニック12か月~脱力のタッチのために~
井上直幸ピアノ奏法〈第2巻〉さまざまなテクニック―タッチとペダリング
タッチ、このすばらしい手―ピアノ教師への提言
ピアノの音色はタッチで変わるか―楽器の中の物理学
ピアノ奏法―音楽を表現する喜び
ピアノ奏法の基礎
ピアノ奏法20のポイント―振り付けによるレッスン
ピアニストの歴史―三世紀のピアノ奏法の変遷と巨匠たち

【バロック/楽譜】
バロックから近現代まで ピアノ連弾20曲集
ピアノのためのバロック名曲集
たのしいバロックアルバム CD付
新版 演奏会用 バロック名曲選集 ゼンオンギターライブラリー
ピアノのためのバロック名曲集(上) 様式とテクニックが同時に学べる
バロックピアノ曲集
フランスバロック舞曲集 ピアノで弾くフランス宮廷音楽
バロックピアノ小品集

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア 



emksan at 11:09|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/How to 

2006年10月29日

本当の『ガリヴァー旅行記』

子どもの頃誰もが読んだことのあるガリヴァー旅行記
これはあるガリヴァー旅行記の説明文。

寝ている間に手足と体をしばられ、
台車にのせられて小人国の都につれてこられたガリバー。
小山のような人間に都は大さわぎ…。
小人国、大人国、飛ぶ島、馬の国をめぐる、
ガリバーの楽しい冒険物語


果たして本当に「楽しい冒険物語」なのか?



スウィフトは子どものためにこの本を書いたのではありません。
児童書になっているガリヴァー旅行記は、
原作を「楽しい冒険」にわかりやすく書き換えられたもの。
大人にしかわからない諷刺は激減します。

ところでこのガリヴァー旅行記、いつ頃の作品かご存知ですか?
音楽でいうと、なんとバロック時代にまでさかのぼります。
作者スウィフトは1667年にアイルランドに生まれました。
亡くなったのは1745年です。

このスウィフトの生きた時代を知らないと、
ガリヴァー旅行記の諷刺に気づくことが出来ないかもしれません。
このガリヴァー旅行記は、一体どんな時代に書かれたのでしょう?
大まかに言うと、大航海時代を経て、
発見した大陸や島々を続々と統治下に置いた時代。
植民地の時代です。

そして、それと同時に「啓蒙主義」が広まった時代でもありました。
既存の権力に屈することなく、
理性によって自由に行動し「考える」こと。
こうした「」の大転換によって様々な知識人が生まれました。
ニュートン、ルソー、アダム・スミス、ヴォルテール、ディドロなどです。

音楽の世界で啓蒙主義というとベートーヴェンが思い浮かびますが、
実際はバロック時代にまでさかのぼることのできる思想で、
これが広まってフランス革命へ至るのですね。

この啓蒙思想によって、
身分や宗教、性別などによる差別
解放すべきだという考えが生まれました。
農奴の解放が取り組まれたり、
特権階級などに対しても社会変革が試みられます。

しかしその反面、ヨーロッパ以外の国々の情報が、
様々な探検旅行から持ち帰られ、
ヨーロッパ人優位」という意識が高まった時代でもありました。
差別を解放するという啓蒙思想から生まれた博愛は、
ヨーロッパ世界にだけ通用するもので、
非ヨーロッパ社会には当てはまらなかったのです。

例えば、旅行家クックなどは南洋諸島から、
島民をヨーロッパに連れて帰り、
宮廷や知識人などに披露しています。
またこういった探検旅行には、宣教師による布教や
経済的な市場を開拓する目的もありました。

ガリヴァー旅行記は、そういった社会に対する諷刺物語です。
楽しい楽しい冒険旅行ではありません。
啓蒙主義の理性への諷刺。
この作品を普遍的な価値にまで押し上げる人間そのものへの諷刺

第1、2編は、続く第3、4編への布石です。
一番深みがあるのは布石に続く第3、4編
飛島のラピュタ(第3編)、馬の国(第4編)を読まずして、
ガリヴァー旅行記を読んだとは言えないでしょう。

大人のためのガリヴァー旅行記。
是非一度原作を読んでみてください。
あのガリヴァー旅行記は、本当はこんな内容だったの?!と驚かされますよ。

【追記】
でもね、思うんですよ。
こんな風に啓蒙思想の矛盾を諷刺ししたガリヴァー旅行記は、
啓蒙思想というバックボーンがあったからこそ、
その自由な言論を封じられることなく、
出版することができたんですよね。



私の音楽以外のお勧め本はこちら


♪ 毎日ひとポチッ よろしくお願いします♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログへ


【ガリヴァー旅行記】
ガリヴァー旅行記(岩波書店)
あなたの知らないガリバー旅行記(阿刀田 高)
ガリヴァー旅行記(解説本)
『ガリヴァー旅行記』を読む
近代文明への反逆―社会・宗教・政治学の教科書『ガリヴァー旅行記』を読む
ガリヴァ旅行記新潮社)←私が読んだ本

【啓蒙主義】
啓蒙主義
啓蒙の世紀と文明観←私が読んだ本
啓蒙主義の哲学〈上〉
啓蒙主義の哲学〈下〉
フランス啓蒙思想入門
啓蒙都市ウィーン
啓蒙の都市周遊
専制君主と啓蒙思想家―十八世紀のフランス (1980年)
キリスト教的世界史から科学的世界史へ―ドイツ啓蒙主義歴史学研究
啓蒙のヨーロッパ
ヒュームとスコットランド啓蒙―18世紀イギリス経済思想史研究
イギリス・ロマン主義と啓蒙思想
共和主義と啓蒙―思想史の視野から
永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編←今私が読み始めている本




emksan at 13:24|PermalinkTrackBack(0) 読書 

2006年10月28日

かかとをつけて(ペダル)

ペダルへの導入。
大抵のお子さんは、かかとを上げてしまいますね。
発達障害のお子さんの場合もしかり。

もともと発達障害のお子さんは、
自分の足への意識があまり持てないようです。
「踏み込む」ということが苦手なのかな。
普通に弾いていても、足がブラブラしてしまいます。
足を床につける、という指導そのものが目標になったりします。

今日は、そこを乗り越えたお子さんが、
ペダルに挑戦する場合について。
いつだったか、自閉症のお子さんと幼児〜小学低学年のお子さんの
理解の仕方が似てるように思う、と書いたことがあります。
ということで、この方法はそういったお子さんにも通用すると思います。

私の生徒さんで自閉症ではないけれど、
自閉傾向があると言われている知的障害のお子さんがいます。
このお子さんへのアプローチ。
やはり「見た目」で伝えるとわかりやすいんですよね。

まずは、かかとへのアプローチ。
普段使用しているレッスンノートにこんな図を書きました。
kakato

これ、足のつもりです。<(;~▽~)
パソコンで書くのは難しくて、線で書きました。
赤●が「かかと」です。

曲で練習しようと思うと難しすぎてやる気が失われます。

「ピアノの練習、ちょっと疲れちゃったネ。
ちょっと運動しよっか?足の運動だよ。」

 赤●さんがかかとだよ。かかとをつけたままでね。」と説明します。

△海凌泙髻孱院ぃ押ぃ院ぃ押廚肇螢坤潺ルに指差しながら見せます。

Nって一緒に足の運動だけします。
立ったまま、足の指先だけを「1,2,1,2」に合わせて
上げたり下げたりします。

ぅぅ垢忘造辰董↓と同じ足の運動をします。

ゥ撻瀬襪紡を置いて、と同じ足の運動をします。


これを毎日の練習に取り入れます。
そして、楽曲でペダルを使用するとき、
必ずノートの絵を見せて赤●に注目させます。

赤●のかかとをつけたまま、ペダルを踏もうね。」

この声かけを忘れないだけで、
かかとへの意識が高まり、そこに注意を払おうとしてくれます。
少しすると、その注意が薄まってくるので、
そうしたらまた図を見てもらって確認します

図に描かないと、自分が何をやろうとしているのか、
何に注意して練習しなければいけないのか、
頭で具体的に整理することができないんですよね。
それは幼児〜小学低学年のお子さんの場合も同じだと思います。

頭で理解することができると、やる気が芽生えるように感じます。
目標がはっきりするからでしょう。
かかとへの意識が、無意識でもできるようになるには、
時間がかかりますが、ゆっくりじっくり・・・と思います。(*'-'*)

♪ 毎日ひとポチッ よろしくお願いします♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログへ


【ペダル/本】
堀江真理子編著 ピアノの美しい響きと表現のために ペダルテクニック 基礎編
ピアノ・ペダルの踏み方
ピアノ・ペダルの技法
ペダルの現代技法―ピアノ・ペダルの研究
井上直幸ピアノ奏法〈第2巻〉さまざまなテクニック―タッチとペダリング
ピアノ ペダリング

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア



emksan at 14:00|PermalinkTrackBack(0) 障碍&幼児 | ピアノ/レッスン

2006年10月27日

哀愁のトロイメライ

先日購入したDVD。
20%オフって、お得だったかも♪

哀愁のトロイメライ/クララ・シューマン物語 ◆20%OFF!
「哀愁のトロイメライ」
 監督 ペーター・シャモニ
 出演 ナターシャ・キンスキー ヘルベルト・グリューネマイヤー

たぶん、もうひとつ紹介した、
「これが一番いいものかも」と紹介したDVDと同じDVDだと思ふ。
このDVDにも、
・Production Note
・Staff&Cast
・About Schumann
・Special Features
というオプションメニューがあったので。

とはいえ、大したオプションではございません。
パンフレット感覚の詳細なメニュー特典と書いてあるけれど、
確かに映画のパンフレット程度かな。
それほど詳細だとは思いませんでした。

内容はというと、買ってよかった♪
クララの印象が、私が持っている印象とちょっと違うケド。
使われている楽曲の演奏がいいんですよね〜。

ギドン・クレーメル
ディートリッヒ・ヴィッシャー=ディスカウ
ヴィルヘルム・ケンプ
イーボ・ポゴレリッチ
ヴォルフガング・サヴァリッシュ


どの演奏もすっごくすっごくす〜〜っごく魅力的!

そして、一番興味深かったのが時代の雰囲気
例えば舞台照明
エジソンが白熱電球を発明したのは1879年。
その前はというと、ろうそくランプになるんですよね〜。

クララが演奏する舞台は、すべてろうそく。
舞台に限らず部屋の中などすべての光の具合が、
時代を思わせる演出でよかった!

もう1つ興味深かったのがファッション
バロックや古典にばかり興味があって、
そういう映像しか見ていなかった私。
ロマン派のファッションってとぉっても新鮮!

そりゃ、絵画やクララの肖像画などから、
なぁんとなくのイメージはあったんですよ。
でもね、映画のいいところは動きが加わるってコト。
イメージがグッと具体的になります。

クララって肖像を見ると、すっごくすっごく美人ですよね〜。
Clara

女優のナスターシャ・キンスキーも美しかったけれど、
私の中ではすでに、うっつくしいクララ像が出来上がっていたので、
それには敵いませんでした。(笑)

でね、しっくりこないのは、やっぱりこのクララ像なんですよ。
私はね、芯のしっかりしたかしこい女性ってイメージなのです。
この映画では、10代という幼いクララが描かれているわけだけど、
それにしても「無知」な部分ばかりが表出してるように感じたんですよね〜。

確かにね、英才教育で音楽以外のことは知らなかったかもしれませんよ。
でもね、17歳であれだけの作曲をする人です。
そして、シューマンを支え続け、愛し続け、
シューマンが入院したときも、家計を支えながら子育てした人です。
妊娠しながら精力的に演奏活動した人です。

こんなの常人にはできないコト
なんかなぁ、天才だけど無知なちょっと頭の弱い女性・・・
みたいな表情をするんですよね、この女優さん。
クララのセリフではなくて、クララの表情が気に入らない。(笑)
女優さんに文句を言っても仕方ないですけどね。<(;~▽~)

でもね、一見の価値ありですヨ。
結婚までのストーリーなのが残念だけど、
シューマンとヴィークの師弟関係や、
ヴィークとクララの親子関係など、
生き生きと描かれていて面白かったです。
裁判の様子も興味深かったし。

そうそう、メンデルスゾーンなんかも出てきて、
音楽家同士の交流が見られるのも面白いですヨ。


・・・・・私のお勧め音楽本・CD・DVDはこちら



♪ 毎日ひとポチッ よろしくお願いします♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログへ


【クララ・シューマン/本】
クララ・シューマン―愛をつらぬいた女性ピアニスト
クララ・シューマン―愛の手紙
クララ・シューマン―真実なる女性
少年少女世界伝記全集 17 国際版 (17)
クララ・シューマン―女の愛と芸術の生涯
クララ・シューマン―光にみちた調べ
母と子の世界の伝記〈43〉クララ・シューマン (1978年)
真実なる女性〈上巻〉―クララ・シューマンの生涯 (1956年)
真実なる女性〈下巻〉―クララ・シューマンの生涯 (1956年)
おばあちゃんからの手紙 ― クラーラ・シューマンから孫娘ユーリエへ

【ロベルト・シューマン/本】
シューマニアーナ
シューマン  シューマン
シューマン―愛と苦悩の生涯
シューマン―心のふるさとを求めて
シューマン―音楽と病理
ローベルト・シューマン―引き裂かれた精神
シューマン  吉田秀和作曲家論集〈4〉シューマン

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア

 


emksan at 12:26|PermalinkTrackBack(1) 音楽/本・CD 

2006年10月26日

これが送料100円って、すごい。

こんなお店を発見しちゃいました。
コレってお得ぢゃないですか?!

souryoumuryou

 


取り扱ってる商品が、布団家具ですよ。
それが日本全国送料100円って・・・。
西川の羽根布団とか、ソファーとかテーブルとか・・・。
収納用品もベッドも!
これ、ホントに全部送料100円?!
そうじゃない商品もあるのかしらん・・・。

これだったら近所で買うよりお得。
布団ってかさばるもの。
うちは車なしの電車生活なので、
こういうサービスとぉってもありがたい。

要チェックですね。このお店♪うほっ

♪ 毎日ひとポチッ よろしくお願いします♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログへ


【寝具・ソファー/ショップ】
comfyroom
アイデア100選会
B-Stage
U-LIFE OUTLET HOME FASHION
枕と眠りのおやすみショップ
イトーキ soho st.
cestlavie



emksan at 12:23|PermalinkTrackBack(0) その他