2006年09月

2006年09月30日

2拍3連

2haku3ren-1







この2拍3連。
弾く人も大変ですが、教える側も大変です。(笑)
で、最近これはイイ!という指導法を発案♪
早速ご紹介したいと思います。
みなさんに合う習得方法だとよいのですが・・・。
私にはぴったんこハマッタ指導法です。

1)両手の大まかなタイミングを覚える。

ここでは大まかでいいんです。
細かな点は、あとで修正可能なので。
まずは左右のタイミングを以下の方法で覚えます。
これを何回もリピートして叩けるようにします。
2haku3ren-2









2)右をターターターと言いながら、1)を叩く。

1)のリズム譜は色分けしているので見やすいのでは・・・と思います。
右の赤が3連に相当しています。
1)の方法で叩きながら、右の3連を感じる練習です。
このとき、「タンタンタン」では3連を感じにくい上、
左右タイミングの微調整がしにくいので、
必ずモールス信号のように「ターターター」と唱えます。

3)左を「タートー」と言いながら、1)を叩く。

今度は、2)の逆です。
こちらは「タートー」と唱えることをお勧めします。
「タンタン」でも「ターター」でも感じにくいのですが、
「タートー」だと拍を感じやすいのです。
この唱え方で、左右のタイミングの微調整が自然にできます。

2)と3)の方法でやっていけば、
無理に頭で考えなくても、自然に微調整ができてきます。
重要なのは、左右が同時に「横に」流れていると感じることです。
2haku3ren-4.bmp









2)と3)の方法によって、
頭の中で2つの旋律が同時に鳴るようになります。
これを感じることができれば、
細かなタイミングは自然に微調整されていきます。

ところで、これらができるようになったからといって、
すぐ楽曲に応用できるかというと、そう上手くはいかないものです。
原因は3連符への切り替えができないことにあります。
2拍3連の小節だけは演奏できるのに、
前の小節から弾くとわからなくなってしまうのです。

そこで、上記の練習と同時進行で、
以下の練習をします。
2haku3ren-4




3連符が「タタター」などと最後の音だけ間延びしてしまわないよう、
1拍の中に平均に3つの音を入れます。
私が気に入っている唱え方は、
「タッタッ タッタッ タトト タトト」です。
これは、誰にやってもらってもわかりやすい唱え方のようです。

2haku3ren-5




こちらは、「タンッ タンッ タートートー」です。

↓ランキングに参加中。ポチッとよろしくお願いします♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログへ


【リズム練習】
標準版 リズムの練習 リズム練習とソルフェージュ1 基礎と応用によるリズム練習
リズム練習とソルフェージュ 2 リズム練習とソルフェージュ 3
リズム練習320 リズム練習274問 リズムの基礎 

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア


emksan at 12:44|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/How to 

2006年09月29日

コントラスト

私が今の先生から教わっていること。
アナリーゼを演奏に生かす
一貫してこのテーマでレッスンを受けています。
もともとネットで知り合い、
友人関係から発展した師弟関係にあるので、
こちらの希望を伝えやすい。
なんとも贅沢な関係です。

どうしてもアナリーゼというと、
頭の中だけの理論で終わってしまう。
演奏のためのアナリーゼって?
これがずっとずっとわからなかったのです。

この先生から様々な視点を教わっています。
今まで見えなかったことが見えてきて、
楽譜を読む楽しさに目覚めました。
そして、なによりも弾くことが楽しい!

形式を知るということが、演奏にどう関わってくるのか?
古典派の音楽の特徴はなんだと思う?と聞かれたとき、
答えられなかった私。
古典派の音楽の特徴である「コントラスト」が見えてきたとき、
ソナタだけではなく、あらゆる楽曲の演奏が変わりました。

きっと、息が長くなったんだと思います。
今まで数小節単位の小手先だけで演奏していたものが、
大きなまとまり(流れ)として捉えることができるようになったから。

ソナタ形式の第1主題と第2主題のコントラスト。
それは、主調⇔属調という関係だけに留まらず、
リズムだったり拍の感じ方だったり(縦ノリ、横ノリ)、
様々にコントラストがつけられています。

これらが見えてきたことで、演奏にどんな変化が出るのか?
一番大きな違いは、変化する瞬間の第1音目です。
第2主題の第1音目の弾き方がぐんっとよくなる。
ただ、だらだらと第1主題の流れで第2主題に入るのではなく、
明らかに第2主題へ入るぞ!という気持ちの入替えが、
第2主題の第1音目直前の呼吸に現れるんです。
たったそれだけで演奏ががらりと変わる!

ソナタ形式でこのことを学んだことによって、
2部形式や3部形式の楽曲を弾く際にも、
もちろんロンド形式も!
あらゆる楽曲で「変化」する瞬間の第1音目への意識が変わりました。

形式についての詳しい知識よりも、
変わり目を知ることの方が大切です。
そして、その変わり目をはっきりと意識して演奏すること。
変わり目の瞬間、第1音目が大切。
その第1音目を、どんな音色で弾きたいのか?
その第1音目に続く音楽を、どんなノリで弾きたいのか?

第2音目では手遅れです。
第1音目を弾く直前に意識ができていること。

次にどう弾こう?と思えること。
とてもとても楽しいことだなぁと思います。
なんとなく指が音符通りに動いているのではなく、
「次はこう弾きたいんだ!」という強い思いを持つ楽しさ。
音楽に息吹が与えられる瞬間なんですよね。


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア

↓ランキングに参加中。ポチッとよろしくお願いします♪
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ


【音楽史/本】
西洋音楽史―「クラシック」の黄昏
音楽史ほんとうの話
新 西洋音楽史〈上〉
バロック音楽
中世ヨーロッパ 放浪芸人の文化史―しいたげられし楽師たち
バロック音楽―豊かなる生のドラマ
現代音楽小史―ドビュッシーからブーレーズまで
実験音楽―ケージとその後
パリのヴィルトゥオーゾたち―ショパンとリストの時代
アナリーゼで解き明かす 名曲が語る音楽史―グレゴリオ聖歌からボブ・ディランまで
モーツァルトと古典派音楽
反音楽史



emksan at 11:36|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/How to 

2006年09月28日

モーツァルト青春への旅路

私は作曲家に関するDVDが大好きです。
当時の風景や服装、生活習慣。
本で文字を読むのとは違い、
視覚的に時代を感じることができるので。

モーツアルト青春への旅路









モーツァルトの音楽劇映画。
幼年期、少年期、青年期に分かれて描かれています。
気に入っているのは、無駄が一切ないこと
映像と音楽をバックに、書簡の文面が読まれるだけ。

ただ全体的にちょっと暗い・・・。
モーツァルトのお茶目な文面が、ほとんど抜粋されていないんですよね。
モーツァルトの手紙を読むと、
今にもあの軽やかなリズムと旋律が聴こえてくるようです。
しかし、この映画にはそれがない。

わざとなのかな・・・。
モーツァルトの性格は、手紙や音楽から受ける印象でしかないので、
そういった曖昧な印象を一切省くことが目的だったのかもしれません。
もしくは、そういった表面的なことではなく、
モーツァルトの陰のある内面に迫りたかったのかもしれません。
もしそうだとするなら、それはそれでちょっと偏りすぎな気もしますが・・・。

ピアノ演奏がイェルク・デームスイングリット・ヘブラー
指揮はヨッフム
映像監修が海老沢敏という贅沢なDVD。

当時の楽器、当時の宮廷、当時の服装、当時の馬車etc.
誇張を一切省いたドキュメントタッチの映画です。


ディスカバリーチャンネル アマデウス・モーツァルト-天才作曲家の不可解な死-

NHK名曲アルバム“楽聖たちへの旅”第2集 モーツアルト









アマデウス



・・・・・私のお勧め音楽本・CD・DVDはこちら


↓ランキングに参加中。ポチッとよろしくお願いします♪
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ


【モーツァルト/本】
のだめカンタービレの世界 モーツァルト編
モーツァルトの手紙
モーツアルトの手紙 上―その生涯のロマン (1)
モーツアルトの手紙 下―その生涯のロマン  岩波文庫 青 504-2
NHKスーパーピアノレッスン―モーツァルト
NHK 毎日モーツァルト
モーツァルト 天才の秘密
モーツァルトの音符たち―池辺晋一郎の「新モーツァルト考」
モーツァルト考
I LOVE モーツァルト
モーツァルト名鑑大全
ロココの裏の欲望―モーツァルトのオペラワールド
モーツァルト百科全書―名曲と人生を旅する
モーツァルト―神童とよばれた天才作曲家
オペラ魔笛のことが語れる本―モーツァルトとフリーメーソン
知ってるようで知らない モーツァルトおもしろ雑学事典

emksan at 10:51|PermalinkTrackBack(0) 音楽/本・CD 

2006年09月27日

クリック募金

サイドバーにクリック募金を追加しました。

click1







クリックするだけで募金ができます。
スポンサーのサイトへ行くだけで、
スポンサーが1クリック1円を募金してくれます。
スポンサーの広告を見せられている感は一切なく、
募金先の説明の方に重点が置かれ好感が持てます。
スポンサーによって、募金先が違います。

コスモ石油
・熱帯雨林保全
・環境学校支援
・南太平洋諸国支援
・学校の環境教育支援
・シルクロード緑化
・循環型農業普及支援
click2





















エイブル
・難病の子ども支援
click3




















カカクコム
・盲導犬支援
・子どもの教育支援
・骨髄移植推進
click4

















ジャパンエナジー
・障害者スポーツ
 (スペシャルオリンピックス)
click5




















味の素
・発展途上国の児童労働をなくすために
・ハンディキャップのある子どもたちを支援
・アフリカの子どもたちに学ぶ機会を
click6

















CHINTAI
・国境なき医師団への寄付
 (飢餓の子どもを救う)
click7

















キリンビール
・みどりの基金
・滋賀県琵琶湖森林づくり基金
click8

















日本製粉
・世界の子ども支援(ユニセフ)
click9

















e-まちタウン
・あなたのまちのクリーンアップ
 (クリーンアップしたい地域が選べます)
click10


















サステイナブル・インベスター
・環境保護(ナチュラル・ステップ)
click11















個人情報を記入する必要もないですし、
銀行引き落としなどの面倒な手間もかかりません。
ただクリックするだけで募金ができます。

1日1クリック。
支援したい募金先へどうぞ♪


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア

↓ランキングに参加中。ポチッとよろしくお願いします♪
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

【ボランティア/本】
丸腰のボランティア―すべて現場から学んだ
地域福祉事典
リーダーのあなたに贈る実戦!NPOマネジメント
ほんのすこしの勇気から―難民のオレアちゃんがおしえてくれたこと
ボランティア・NPOの組織論―非営利の経営を考える
傾聴ボランティアのすすめ―聴くことでできる社会貢献
ボランティアの考え方
戦争ボランティア―ボスニアの日本人兵
マザー・テレサへの旅―ボランティアってだれのため?
いまあなたにできる、50のこと
市民教育とは何か―ボランティア学習がひらく
地球のステージ〈2〉国境を越えて…
地球、そこが私の仕事場―愛知万博・地球市民村の40人、大いに語る
小さな命からの伝言

emksan at 11:54|PermalinkTrackBack(0) その他 

2006年09月26日

古城事典

先日気になる本としてご紹介した事典。
たまらず購入しちゃいました。

本棚に入る余地がない〜!
と本を購入できずに困っていたのですが、
押入れに空きを作ることに成功!
そこに本棚の本を移動してっと。
本棚に無事空きができたのでした♪

で、購入したのは以下の2冊。
古城事典

魔術事典
魔術事典はまだ途中ですが、
古城事典は読み終えました。
たくさんの絵や写真が載っていて面白かった!

・天上にあけられた「人殺しの穴」とは?
・中世のトイレって?
・城のらせん階段は、なぜ右回り?
・城の攻め方、守り方
・武器の進化と城の変遷
・円塔が角塔より優れているわけ


どれもへぇ〜〜だったんですヨ。
その他にも当時の食卓や服装についてや、
石工職人や大工職人についてなどなど。
とてもわかりやすくて、
ペラペラめくりながら気軽に楽しめました。

魔術事典は・・・というと、
ちょっと私が望んでいた内容とは違うものでした。
私はハリーポッターなどに出てくる、
様々な魔術様々な伝説の生き物について書いてあるのかなぁと、
ワクワクしていたのです。

でも、中身は違いました。(_ _;)
もっと広い範囲での魔術を取り扱っていたんです。
アフリカのシャーマンや日本の巫女、
中南米の魔術や東南アジアの魔術。
ありとあらゆる魔術で使われた道具などが紹介されています。

これはこれで興味深いのだけれど、
あまりにも範囲が広すぎて、内容が浅くなってしまう。
ってことで、へぇ〜にあまり出会えないんですよねぇ。
ちょっとがっかり。

この2冊は、どちらもあすなろ書房から出版されているものです。
いろんなシリーズがあるみたい。
88カ国で愛され続ける世界的ベストセラーだそうです。
その中の一部をご紹介しますネ!








































全部揃えたくなっちゃいますね〜。
本棚がいくらあっても足らないぢゃん。(T_T)
でもね、このシリーズ1cm程度の厚さなんですヨ。
ペラペラペラ〜っと気軽に読めるのでお勧めです♪



私の音楽以外のお勧め本はこちら


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア

↓ランキングに参加中。ポチッとよろしくお願いします♪
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ



emksan at 12:21|PermalinkTrackBack(0) 読書 

2006年09月25日

先日Gdurに光を感じると書いた私。
なんででしょうね〜。
物理的には音の高低から感じるもの以外、
調性によって性格の違いを感じるなんてないんですよね。
平均律で調律されたピアノなのだもの。
それなのに感じてしまう。

鍵盤を思い浮かべる。
指が右へ1つずれる。
これだけで心が動く。
指が左へ1つずれるのと右へ1つずれるのとでは、
感じ方が全く違ってくる。

私は♯が好き。
短調であろうが、長調であろうが♯が好き。
Gdurは♯の音階。
しかも、このたった1つの♯は導音
ツーンとくる。

例えば、Ges
durとFis dur。(変ト長調と嬰ヘ長調)
どちらも同じ音なのに、物理的にはなんら変わるところがないのに、
スケールを弾くだけでも違いを感じる。
それは「ソラシド・・・」と♭で感じて弾いているのか、
「ファソラシ・・・」と♯で感じて弾いているかの違い。
♯を感じると、倍倍に胸が高まっていく気持ちがする。
Ges durでは感じない。

こうやってみると、聴く側の違いというよりも、
演奏する側の気持ちの違いのような気もしてくる・・・。

その♯に何を感じるのか。
それだけで演奏するバランスが変わってくる
弦楽器などは、ちょっと高めとかちょっと低め・・・なんてことができるけれど。
ピアノはそれを音のバランスやペダリングなどで表現するしかない

私は半音上がる♯を感じたときの響きが好き。
バランスをその音に持ってきてペダルで響かせたくなる。
これがソプラノに出ていたら、もうたまらない。(笑)
胸がツゥ〜〜ンとしてくる。

半音下がる♭を感じるときは、とても気持ちが重たくなる。
Fis durの下行では感じないものを、
Ges durの下行には感じる。
音のバランスは自然と低音部に重きを置きたくなってくる。

結局物理的にどうこうじゃないんだなぁと思う。
演奏する時こういうことを感じて演奏すると、
表現する楽しさが倍増する。
それが私にとっては一番大切なことなんだなぁと思う。


やさしい楽典―音階・調・和音  バーナムピアノテクニック(全調の練習)
調判定を中心とした 楽典問題集  
実践で学ぶソルフェージュ―音程・音階・和音・調の理解と実習
旋法と調性の冒険  グルリット 24の調による練習曲 作品201
音階の曲集―調の理解を高め中級へのステップを確実にする


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング
Amazonトップセラークラシック Amazonモーツァルトストア

↓ランキングに参加中。ポチッとよろしくお願いします♪
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ



emksan at 15:23|PermalinkTrackBack(1) 音楽/その他