2006年06月

2006年06月30日

骨格を知ること

最近、骨格って大切だなぁと思わされることが重なり、
ミューズ図書館に投稿しました。

6月22日のブログ記事「リズム練習が一番?」の最後の方、
【まとまりを感じていない、音の動きを把握していないため】
に通じる内容かなぁ〜。

いつも自分が考えていることをまとめる機会に、
ミューズ図書館やブログを利用しているのですが、
今回も改めて認識する機会になったなぁ思います。
なんとなぁく感じているのと、
こうやって文章にしてはっきりと認識するのとでは、
随分違いますよね。

こういうとき、HPやっててよかったなぁ〜と思います。
これからもブログやHPをどんどん利用して、
具体的に理解する機会を持ちたいな♪



最近大切だなぁと思うこと。それは「骨格」です。生徒さんたちの演奏を聴いていると、骨格が見えていないがために苦労している場合が多くあります。音楽の流れが見えていない。流れが見えると、こんなにも歌える!こんなにも弾きやすい!ところが、音符が細かくなればなるほど、1つ1つの音符にとらわれてしまい、全体の流れが見えなくなってしまうのです。

例えば、ブルグミュラーの「優美」。骨格が見えてくると、32分音符をどのように弾けばよいのかが見えてきます。


kokkaku1kokkaku2

















1ページずつの画像クリックで大きく見られます。

全体はとっても単純です。骨格が見えてくると、重要な「ドミナント→トニック」の流れも見えてきます。どの音が「飾り」で、どの音が「主」なのか。私は生徒さんに、まずこの骨格を楽譜から見つけ出してもらい、それを弾いてもらいます。32分音符についての細かなテクニック云々前にこれをやると、優美な32分音符に自然となっていくからです。

また、この楽曲の場合、骨格をはっきりと見ることによって音の流れがどうなっているか一目瞭然となりますね。最初の4小節は、次第に音が上がっていきます。次の2小節で音が下行し、最後は上行で終わります。9小節目以降は、左手の骨格がはっきり見えたことで、リズムに「揺れ」が生まれていることに気づかされます。この揺れを感じて演奏すると、1〜8小節目までの音楽との違いがはっきりし、変化を楽しみながら歌うことができます。

こういう細かな音符を多く含んだ楽曲の場合、骨格を発見することでメロディやハーモニーの変化が見えてきて、楽しく演奏することができるようになります。その上、テクニック面でも弾きやすさが格段にアップします。細かな音符だらけで弾きにくい!譜読みが大変!と思う曲に出会われたら、この骨格探しがオススメです。全体がすっきりと見えてきて、楽しく演奏できますよ。

ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー

レスナーのための指導のポイント ブルグミュラー25・18・1

ムジカノーヴァ ピアノレッスン/ブルクミュラー 25のやさし









ブルグミュラー25/バッハ、ピアノ小品集(エッシェンバッハ)

ブルグミュラー:25の練習曲(近藤嘉宏)


ブルグミュラー:25、18の練習曲全集(宮沢明子)









↓ポチッとよろしくお願いします↓
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ



emksan at 02:58|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/How to | ピアノ/知識

2006年06月29日

リラリラ通信&4コマ漫画

リラリラが成長してきて、
いろぉんなアクションを覚えつつあります♪
で、その一部をご紹介。(*^-^*)ゞ

rilarila4にっこり笑います。
首をちょこっと傾けて、
かわいいでしょ♪


rilarila5大きなお口で、
気持ちよさそぉなあくび!
眠たそうでかわいい♪




rilarila6ぷぅ〜〜っ。
気持ち良さそうに、
おならをします。(笑)



このリラリラ、ブログ右下にある画面では、
アクションばかりで、あまりしゃべってくれないのですが、
管理ページのお部屋では、
かなぁり饒舌になります。
どういう設定になってるのかなぁ〜〜?
ブログのお庭でも饒舌にしゃべってくれれば面白いのになぁ。

ところで、話題は変わって「4コマ漫画」。
みなさん気づかれていましたか?
このブログで4コマが読めるんです。
ずぅ〜〜っとスクロールしていただくと、
右下の方にこぉんな漫画が出てきます。
1時間おきに内容が入れ替わります。

4koma

 

 

 

 

 

 

 

何名かの作家さんから選べるのですが、
私は中川いさみに。
果たしてみなさんの好みと合致するでせうか?

↓ポチッとよろしくお願いします↓
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ



emksan at 12:36|PermalinkTrackBack(0)

2006年06月27日

フィンガーウエイツ 私の使い方

【送料無料】 フィンガーウエイツ
画像クリックで楽天へ

ここで何度か話題にしているフィンガーウエイツ
今日は新たな使い方発見です。
ずっと怖くてやらずにいたのですが・・・。
付けたまま弾く・・・デス。
指を痛めそうで怖くてできなかったコト。
それをちょいとやってみました。

そしたらね、思いのほかイイ。
もちろん禁則はあるんですよぉ〜。
危ないものね。指を痛めたら。
でもね、無理しない程度にやると、
すっごくすっごく効果大!驚きです。

私はコルトーでやってみました。
もちろんゆ〜〜っくりのテンポで。
必ず脱力に注意しながら弾きます。
重みがある分、重みを感じて弾くことができます。
ということは、重みを利用したタッチを身につけることができるということ。
これ、便利です。

でね、フィンガーウエイツをつける位置なのですが、
第1関節と第2関節の間では、弾きにくいです。
それに重さがかかりすぎて、ちょっと不安・・・。
ということで、私は付け根と第2関節の間に付けて、
コルトーをゆっくりと練習しました。
もちろん5分程度ですよ〜。
それ以上は危ないと思います。

弾くのは重みを利用できる分かなぁりラクなのですが、
指が鍵盤から離れにくくなります。
ということで耳でよく聴きながら、
音が重ならないように練習します。
負担がかかるとしたら、ここですね。

このように、脱力に注意しながら、
音が重ならないようにゆっくりゆっくり練習したところ、
フィンガーウエイツをはずしたとたんに、
弾きやすいことこの上なし!!
指が軽いし、その分余計な力を入れずに、
理想的なタッチでコルトーの練習ができます。

こりゃいい。
今まで怖がりすぎてたなぁ〜〜<(;~▽~)
やりすぎなきゃ大丈夫ですね。
あとは、常に自分の指と相談しながら。
「おまえ大丈夫かい?まだいけるかい?やめとくかい?」
とケアしてあげながらネ。

↓ポチッとよろしくお願いします↓
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ



emksan at 21:43|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/練習&勉強 | ピアノ/How to

2006年06月22日

リズム練習が一番?

みなさんリズム練習ってどれくらい取り入れてらっしゃいますか?
私はというと、ほとんど取り入れていません。
生徒さんを教えていて、「リズム練習が一番効果的」と判断することは、
滅多にないからです。
もちろん、リズム練習が効果的な場合もあります。
全く取り入れていないわけではありません。
しかし、それ以前に問題解決することの方が多いのです。

ということで、今日はリズム練習以外の練習方法と、
何故リズム練習をするのか?といったあたりに焦点を当ててみようと思います。

まず、何故リズム練習をするのか?
理由は「音の粒が揃っていない」ということ。
では、何故音の粒が揃わないのか?
何故揃って聴こえてこないのか?
リズム練習を取り入れるか、
それ以外の練習方法の方が効果的かは、
この「何故揃って聴こえないのか?」にあると思います。

【 技術的な問題があるため 】

この場合、どんな技術的な問題があるのか分析する必要があります。

1)親指で弾く際に、指で弾かずに手首で弾いている。

これが原因で粒が揃わない場合が、本当に多い!
ベートーヴェンやショパンなどを演奏するようなレヴェルの人ですら、
これが原因で粒が揃わないことが多いのです。
この場合、どんなにリズム練習をしても意味がありません。
手首で弾かずに「親指を動かして」演奏することを意識することが一番です。

このとき、効果的なのは「声がけ」の方法です。
・手首を一定にして
・親指を動かして
・手首をガタガタさせないで
・手首を上下させないで
・指だけで弾いて
・手首をラクにして

さて、どの声がけが貴方に一番ヒットするでしょう?
それは、人それぞれなんです。
だから、いろぉんな声がけをしてみます。

意識できるイメージをはっきりもてるようになったら、
あとは、そのイメージ通りにゆっくりの練習をしてもらいます。

2)指が動いていない

これが原因で弾けない人も、本当に多い!
この場合、リズム練習も効果的ですが、
指の独立という物理的原因以上に、
「指で弾く」という意識の足りなさが原因の場合の方が多い気がしています。
大概腕に力を入れて、腕で弾いてしまう。
速いパッセージになればなるほど、指が動かなくなる。
これは、リズム練習より脱力&指を動かす意識を強く持つための訓練をする方が、
ずっとずっと効果的なのです。

http://www.terra.dti.ne.jp/~emikosan/1-2.htm

上記ビデオはミューズクリニック内の基礎テクニック、
∋悗鯑阿す・・・のビデオです。

私はこの方法をよく使います。
指が使えてないなぁと思ったら、必ずこれで確認します。
弾けないパッセージの箇所の指使いで、この動きをするのです。
2回ほどやるだけで、演奏がガラリと変わります。
毎回練習の際に、これで確認するように伝えます。

こういった原因の場合「腕をラクにして」という声がけで直る人もいますが、
大概この運動を取り入れる方が、脱力に成功します。

3)指が独立していない、ある指を意識できない

私がリズム練習を取り入れるのは、これが原因の場合です。
ただ、闇雲にリズム練習をしたりはしません。
必ず効果的なリズムが1つ2つあるはずなのです。
だから、あらゆるリズムを取り入れることはしていません。

指が独立していないのは、どの指か?
どの指を意識できていないのか?


例えば、ブルグミュラーのアラベスク。
これは中間部の左手16分音符でみなさん苦労なさるのではと思います。
私も子どもの頃ここをすごく注意された覚えがあります。
かなりいろんなリズム練習をさせられた記憶が・・・。(笑)

では、何故ここでみんな苦労するのでしょう?
多くの原因は「鍵盤から指が離れない」からです。
ある指がすばやく鍵盤から離れなければ、ここは弾けません。
できない原因は「2→1→2」という指の動き。
ここで1のあとの2が弾けない。
1の前に弾いた2の指が、いつまでも鍵盤に残ってしまっているからです。
2の指をすばやく鍵盤から離さない限り、ここは弾けないのです。

そのためには、裏拍である2の指を、かなり意識できていなければなりません。
そこで、私が取り入れる練習方法が以下の方法です。

・2の指だけアクセントで弾く

この場合、アクセントの音とそうでない音の音量の差が重要です。
2の指以外は、とてもとても弱く弾きます。

・タタン〜タタン〜タ

付点のリズム練習です。
タッカの付点リズムではありません。
この際意識したい指は2の指だからです。
付点の音符にアクセントをつけて練習します。

・ティーヤッティーヤッタッ

「ヤッ」の2の指はスタッカート気味にアクセントをつけて。
それ以外の音は、極力小さく弾きます。

・212、212、212

2の指にアクセントをつけて、すばやく弾きます。

今ここに4種類の方法を書きましたが、
生徒さんにすべての方法を取り入れて練習してくるようにはいいません。
レッスンの際に、どの練習方法が一番効果的か実験します。
本当に効果的な練習の場合、
これらの練習を4,5回やっただけで、効果があらわれます。
4,5回やっても効果が現れない場合は、その練習方法を諦めます。
やっても意味がないからです。
とにかく、あらゆる練習方法を実験して、
一番効き目のある練習方法を探し出し、その方法で練習してきてもらいます。

ここには、2の指が離れないという原因のための練習をご紹介しましたが、
この部分の場合、先に説明した「指への意識」が足りないことが原因の場合もあります。
その際は、2)の方法を使って練習してもらいます。

また、この部分について親指が原因の場合もあります。
その場合は、もちろん1)の練習方法を取ります。

次に、物理的なことが原因ではない場合についてです。

【 拍子感を感じていない、まとまりを感じていない、
                音の動きを把握していないため 】


実は、弾けない原因の多くが、
上記の技術的問題以上にこれが原因だったりします。
粒が揃っていないのではなく、「揃って聴こえない」のです。
流れている音楽の中で、
機械的にすべての音が同じ音量で弾かれるパッセージなんてありません。
実際には、微妙にそれぞれの音量が異なっているはずなのです。

だから、「揃っているか」「揃っていないか」ではなく、
「揃って聴こえているか」「揃って聴こえていないか」なのです。
スケールの練習で、拍子を感じて練習する重要性がここにあります。

拍子感を感じていない場合は、
一度ピアノから離れて拍子を感じながら歌います。
この場合、1と2と3と4と・・・という機械的な感じ方では意味がありません。
拍子を音楽的に感じていなければなりません。
また、拍子の感じ方は楽曲によって異なってきます。
はぎれのよい拍子感なのか、1小節を1つに感じる丸みのある拍子感なのか。
そういったイメージを手の動きで表現しながら、歌うのです。

上手に尺時定規な指揮をするのではありません。
大切なのは強拍を音楽的に感じていること。
弱拍から強拍への繋がりを感じていること。
拍子をその楽曲のイメージに合わせて感じていることです。
ということで私はあえて、
小学校のときに習った指揮は使いません。
ただただイメージ優先の手の動きでやります。

次にまとまりを感じているか感じていないか?
音の動きを把握しているかいないか?
これは連動していますね。
どちらも同時に考え感じなければならないことです。
このことによって、使うテクニックが変わってきます。
なによりも、手首の使い方が変化しますし、
意識をする基点となる指も異なってきます。

ひとつのパッセージを、
1音1音バラバラで感じていても上手くは弾けません。
その中には、音の方向性があるはずですし、
なによりも「流れ」があるはずなのです。
そのためには、音がどのように動き、
どのようなまとまりで音楽が前へ進んでいるのか・・・です。

こういうとき、テクニックと音楽が一体化しているんだなぁとつくづく思います。
ただただ一つ一つの音符を取って練習しても、
練習時間が増えるだけで、弾けるようにはなりません。
この音のまとまりと、拍子感に気づいただけで、
弾けるようになるパッセージの多いこと!!

是非一度ピアノを離れて、楽譜を見てみてください。
3,4小節続く16分音符のパッセージも、
いくつかの単語によって成り立っていたりするのです。

それに気づくだけで、弾くのがラクになりますし、
より音楽的に美しく演奏することができます。


↓ポチッとよろしくお願いします↓
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ



emksan at 15:46|PermalinkTrackBack(0) ピアノ/How to 

2006年06月19日

全身全霊

お教室のホームコンサート(発表会)が終わりました。
楽しかった!充実した日々を過ごさせていただきました。
毎年全力投球する機会ですが、
今回今までと違った感覚を得ました。

「全身全霊ってこういうことなんだ。」という実感。
なぜだろう?毎年同じようにがんばっているのに。
今回は家に帰ってきて最初に思い浮かんだ言葉が、
この「全身全霊」だったのでした。

なんともいえない充実感と達成感。
そしてこの私の全身全霊を生徒のみなさんに受け止めていただけたという、
暖かなぬくい気持ち。

大人の生徒さんも、子どもの生徒さんも、
ホームコンサートのために一生懸命過ごしてきてくれました。
そして、一生懸命ステージを作り上げてくれました。
美しい音色で豊かな音楽を聴かせてくれました。

でも、今回私が全身全霊という言葉を実感することができたのは、
きっと発達障害のお子さんたちのお陰です。
私のお教室には発達障害のお子さんが10名います。
いつも私に幸せな気持ちを分け与えてくれる、
私のお教室にいなくてはならない大切な大切な生徒さんたちです。

この素直で純粋な生徒さんたちとその親御さんたちが、
お教室を支えてくれているのだと、いつもいつも感謝しています。
ホームコンサートにブラボーという声が大きく響くのも、
彼らの壁のない素直な心があったからこそ。
ホームコンサートが独特なあったかいアットホームさを持っていられるのも、
親御さんたちのほかのお子さんの成長を見守る優しいまなざしと、
発達障害のお子さんたちの素直な言動があってこそなのです。


今回、この中の多くの生徒さんが、
自立したステージを目標に掲げていました。
お母さんと一緒にステージにあがらなくても、
1人でお辞儀ができ、1人で鍵盤を探すことができ、
1人で演奏をはじめ、終わらせることができる。
たとえ途中で間違えたとしても、
1人でそれに対処することができる。

すごい成長です。
こういったことを目標に掲げることができるという嬉しさと、
なんとかやり遂げてくれた生徒さんたち。

お教室に入りたてで、初めてコンサートに参加する子。
会場の下見に来ていても、
当日は照明などにより周りの雰囲気が全く異なります。
そのせいで緊張のあまりリハーサルでパニックになってしまいました。
でも、本番は落ち着いてステージに上がることができました。
とても楽しそうに最後のステージメンバー全員でのおじぎにも参加できました。

2年前には1本指での演奏だった子。
少しずつ2本、3本と増え、とうとう5本指で演奏できるようになりました。
今回は右手5本、左手1本での両手奏でした。
落ち着いてお客様へお辞儀ができ、
最初から最後まで集中して演奏することができました。

小学生の間、発達障害だということに気づかず、
普通学級に通い続けていた不登校気味の子。
養護の中学に入っても、なかなか自分に自信が持てず、
すぐに落ち込んでしまいます。
発表会数日前までレッスンに来られませんでした。
学校へ行けなくなると、ごはんも食べられなくなります。
それでも当日がんばってホームコンサートに来てくれました。
そして、ソロも連弾もちゃんと演奏することができました。

昨年まで鍵盤の位置がわからずに、
鍵盤用シールシートを使っていた子。
今年はたった一人でピアノの前に座り、
シートなしで演奏を始めることができました。
気をつけをしてからの上手なお辞儀。
悪かった姿勢も、ピアニストの姿勢で弾けるようになりました。

数年前には、自分の意見がはっきり言えなかった子。
人に頼りっきりだった子。
その子が、お友達のためにセコンドの演奏をしながら、
プリモを歌ってくれ、プリモの子を支えてくれました。
連弾のための直前のレッスン、当日と、この子を迎えに行ってくれました。
彼女をどんなに頼もしく、頼りに思ったことか。

1,2年前のレッスンでは、
すぐに「イヤイヤ虫」に襲われていた子。
自分で自分をどうすることもできず、
お母さんに背中を叩いてもらって、その虫を取り払ってもらっていた子。
今では落ち着いて30分のレッスンを受けてくれるようになり、
当日は、最初から最後まで落ち着いて1人で演奏することができました。
ハキハキと司会をし、同じステージのお友達の手を繋ぎながら、
ステージ全体を引っぱってくれました。

昨年はじめてのステージ。
おじぎもふにゃふにゃで、お母さんを頼りにしたステージ。
習いたてでテンポが安定せず、
1人では落ち着いてピアノの前に座れませんでした。
今年はお母さんなしでの、妹とお友達とのステージ。
はきはきとした司会、上手なお辞儀でのステージマナー。

今年はたった一人で安定したテンポで演奏でしてくれました。

昨年は指の力もまだまだ弱く、
かかとを床につけられず不安定な足のままで演奏していた子。
今年は指の力もつき、安定した手の形、安定した姿勢で、
柔らかな手首の動きまで見せてくれました。
お友達がセリフを忘れても、しっかりフォロー。
ハキハキとした司会で、お友達とのステージを盛り上げてくれました。

昨年は入りたてで、驚くほど指が弱かった子。
見ていて「イライラするのは当然」と思うほどの不器用さ。
今では上手に靴下も履け、レッスンカバンも上手に閉めることができます。
しっかりと持てなかった鉛筆。今ではしっかりとした文字を書くことができます。
昨年は恥かしがってできなかった自己紹介。
今年は大きな声で自己紹介することができました。
しっかりとした足取りでステージへ上がり、上手にお辞儀をすることもできました。
そして、以前とは見違えるようなしっかりとした音で演奏してくれました。

本当に感動するほどみんなの成長を感じた1日でした。
全身全霊で目標を持ってレッスンしてきた日々。
全身全霊でも叶わないことだってあるでしょう。
でも、昨日は私だけが全身全霊だったわけではありません。
お母様方も全身全霊でした。
生徒たちも全身全霊でした。
みんなが全身全霊で向かえた1日でした。
そして、みんなが目標をクリアできた最高の1日となったのでした。

全身全霊をかけるということは、
こんなにも気持ちの良いことなのだと実感することができました。
こういう機会を与えてくれた、この子たちとの出会いに、
心から感謝しています。ありがとう!!


↓ポチッとよろしくお願いします↓
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ



emksan at 22:24|PermalinkTrackBack(0) 障碍&幼児 | ピアノ/レッスン

2006年06月14日

気持ちよく過ごす方法

以前オススメした青森ひば油。
http://musestown.livedoor.biz/archives/2006-02.html#20060214

トイレ、部屋、お風呂と使いまくってるので、
結構なくなるのが早い。
で、今回はどでかいのを購入しました。

【0523レディース10】森のおくりもの青森ひば油100cc新容器(点眼タイプ)で新登場! NEW! !配送...
画像クリックで楽天へ

100ccです。
これでしばらく購入しなくて済むかなぁ〜。

今回は生徒さんのお母様と一緒に購入です。
夏になると、子どもの足が臭くなる?!
だって、はだしで靴を履くでしょう?

「くさぁ〜〜い!」というので、
これを使ってみたら?と貸してあげたら、
靴の中の臭いがスッキリ!
あまりの効き目に、お母様もトリコになっちゃったのでした。
で、一緒に購入です。(*'-'*)

私は布団にもシュシュッとします。
気持ちよくって、布団の中で深呼吸しちゃう!
ちょっと気になると、シュシュシュッと使いまくり。
気持ちよく過ごす工夫。
こぉんなちょっとしたことで、とっても気持ちよい!

そして、夏オススメの気持ちよい飲み物。

カクテル作りの必需品!カクテス プレーンソーダ500ml 1ケース(500ml×24本入)
画像クリックで楽天へ

ただの炭酸水です。
でも、うちの炭酸水は、必ずこの「カクテスソーダ」。
変なクセがなくて、お酒にも合うから・・・という彼の談です。
(彼はウィスキーが大好きなので)
私もこの炭酸水、苦味がなくて好きです。
で、うちでは毎日3,4本消費してます。(笑)
私のお気に入りは、ポッカレモンを入れて飲むこと。

のどが渇くと炭酸が飲みたくなりますよね。
でもね、甘いのはかえってのどが渇いちゃうんですよ。
ということで、シロップなどは一切入れません。
私はすっぱいくらいにレモンを入れるのが好き♪
さっぱりして疲れもとれます。

もう1つオススメの飲み方が、ライム
薄く切ったものを炭酸水に入れるだけで、
まったく別の飲み物になります。
ライムの香りってすっごく強い!
だから薄くて丁度よいんですよ。
ポッカレモンよりフレッシュです。

ラクに気持ちよく過ごす方法。
ちょっとしたことだけれど、すっきりしますネ!!
部屋の空気を入れ替えて、
コーヒーを飲んだり、炭酸水を飲んだり、
ひばの香りを楽しんだり。
梅雨でも十分楽しく気持ちよく過ごせます。(*'-'*)

↓ポチッとよろしくお願いします↓
人気Blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ



emksan at 15:24|PermalinkTrackBack(0) その他