2018年06月11日

もっと知りたい!フォルテピアノ・アカデミーSACLA(3)



今年の夏、歴史的な幕開けになるであろう第1回フォルテピアノ・アカデミーSACLAが開催されます。フォルテピアノの第一人者である小倉貴久子さんがプロデュースする、古典派時代のフォルテピアノにどっぷり浸れる贅沢な3日間です。主催は《知っておきたい!トレンド古典派音楽》の塚田聡さんが代表のメヌエット・デア・フリューゲル

line

今回ご紹介する楽器は、タンゲンテンフリューゲルという楽器です。実はこの楽器、私は見たことも聴いたこともありません。アカデミー公式サイトの紹介ページにある写真は楽器内部だけ。(※写真使用のご許可を得ています。) なんとも当日がワクワクと楽しみになる楽器なのです。

1717年にドイツでシュレーターという人が考案した楽器で、シュレーターは「我こそはピアノの発明者」と主張していました。なんと、あのモーツァルトもウィーン移住前のザルツブルクで、シュペート製作のタンゲンテンフリューゲルを愛用していたそうですよ。これは弾いてみたい&聴いてみたい!
  
ところで、発音の仕組みについてですが、これがとっても変わっているんです。

キーの後方の加速レバーにのった木片を飛ばして弦を打ち、自然落下させる。

写真の手前に見える四角いものが木片でしょうか。これを「弦が打つ」ということのようです。音色はチェンバロに似ていて、タッチによって音の強弱がつけられるため「表情豊かなチェンバロ」として18世紀ドイツで愛用されていたそうです。

《塚田 聡さんのミニコラム》

モーツァルトのザルツブルク時代に身近にあったタンゲンテンフリューゲル。日本には上野学園の楽器博物館で現物を見ることができますが、なかなか演奏会場に持ち出すことの難しい楽器です。

その楽器とはまた異なる、シュレーターの考案したアクションによる復元楽器が今年、久保田彰さんの工房で完成しました。 機構はいたってシンプルなもので、キーの後方が木片を飛ばし、自然落下させるというものです。

跳ねた木片がまた弦に当たり2度打ちをしないの?
ダンパー(消音装置)はついているの?

様々な疑問を抱きながら久保田さんの工房を訪れ弾いてみると、消音はよく利き、タンジェントが2度打ちすることもありません。製作者に尋ねても、「どうしてでしょうね?」という肩透かしをくらうような返答。

音色はやはりチェンバロを思わせる上品なもの。しかし強弱がつくというすばらしい楽器です。 この楽器を近くで覗ける・聴けるチャンスをお見逃しなく!
7月21日17:30からのコンサートでは、久保田彰さんのトークもありますので、こちらもお楽しみに!


新タンゲンテンフリューゲル

《会期中のコンサート》
小倉貴久子コンサート(久保田彰とともに)
2018年7月21日(土)17:30開演(1時間)
会場:さいたま市プラザウエスト内 多目的ルーム
入場料:2,000円
使用楽器:クリストーフォリ、タンゲンテンフリューゲル 、クラヴィシンバルム



アカデミーリンク用画像

《フォルテピアノ(ピアノ指導者限定)》
FBに非公開グループを作成しています。小倉貴久子さんもメンバーに加わってくださっている、とても贅沢なグループです。フォルテピアノについてよく知らないという方も大歓迎。投稿を読むだけでも面白いグループなので、どうぞお気軽にメンバーリクエストしてくださいね♪
https://www.facebook.com/groups/189358371794097/


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ




emksan at 09:33|Permalink フォルテピアノ・アカデミーSACLA 

2018年06月08日

もっと知りたい!フォルテピアノ・アカデミーSACLA(2)



今年の夏、歴史的な幕開けになるであろう第1回フォルテピアノ・アカデミーSACLAが開催されます。フォルテピアノの第一人者である小倉貴久子さんがプロデュースする、古典派時代のフォルテピアノにどっぷり浸れる贅沢な3日間です。主催は《知っておきたい!トレンド古典派音楽》の塚田聡さんが代表のメヌエット・デア・フリューゲル

line


(1)では、ピアノを発明したクリストーフォリの復元楽器をご紹介しましたが、アカデミーで使用する楽器はこれだけではありません。これからそのすべてをご紹介していきましょう!

まずは、前回写真だけの紹介となったクリストーフォリ。クリストーフォリがピアノを考案したのは1700年頃のこと。この頃、バッハとヘンデルは15歳くらいですね。クリストーフォリのピアノには、ひとつの鍵盤に対して弦が2本張られています。現代は3本の弦が張られていますが、発明されたばかりの頃は2本。箱はチェンバロの箱を借りたものでしたし、弦も細く、ハンマーは親指大の羊皮紙を中が空洞のシリンダー(円筒)状に固めたものでした。聴くとモダンピアノの音色より、チェンバロの音色に近いです。それくらい繊細な音色なんですね。
  
「ピアノもフォルテも出せるチェンバロ」として発明されたこのピアノは、「小さなハンマーのついたチェンバロ」と呼ばれたこともあったそうです。そのため「クラヴィチェンバロのための」と書かれた曲でも、一概にチェンバロのためとは言い切れません。チェンバロで弾く人もいれば、新しい楽器のピアノで弾く人もいた時代なのですね。


《塚田 聡さんのミニコラム》

ピアノ第1号はイタリア、フィレンツェで産まれました。世界最初の発明品と聞くと、なんとなく不完全な試行作のようなイメージをもたれるかもしれませんが、クリストーフォリの発明は本格的なもので、その複雑なアクションに驚かされます。中間レバー、エスケープメント・ジャック、バック・チェックまで備えられていて、そこには現代ピアノに引き継がれてゆく基本的構造がすでに組み込まれているのです!

下からハンマーで叩いても弦が浮かないように弦止めの板が上部に備え付けられていたり、ハンマーが筒状だったり細かいところまで工夫が凝らされています。

外観はチェンバロと同じサイズですが、アクションが複雑なのでタッチは意外と重く感じられると思います。 音色はピアノというよりもチェンバロのような華やかな音色で、まさに命名の通り、「グラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ(弱音と強音をもつチェンバロ)」というのを実感されることでしょう。


新クリストーフォリ

《会期中のコンサート》
小倉貴久子コンサート(久保田彰とともに)
2018年7月21日(土)17:30開演(1時間)
会場:さいたま市プラザウエスト内 多目的ルーム
入場料:2,000円
使用楽器:クリストーフォリ、タンゲンテンフリューゲル 、クラヴィシンバルム


アカデミーリンク用画像

《フォルテピアノ(ピアノ指導者限定)》
FBに非公開グループを作成しています。小倉貴久子さんもメンバーに加わってくださっている、とても贅沢なグループです。フォルテピアノについてよく知らないという方も大歓迎。投稿を読むだけでも面白いグループなので、どうぞお気軽にメンバーリクエストしてくださいね♪
https://www.facebook.com/groups/189358371794097/

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 08:42|Permalink フォルテピアノ・アカデミーSACLA 

2018年06月06日

発達障碍ピアノレッスン情報交換会

スター楽器池上店の力をお借りして立ち上げた「発達障碍ピアノレッスン情報交換会」が、あれよあれよという間に各地に広がり、とうとうムジカノーヴァ6月号の不定期連載で取り上げていただけるまでになりました。

20180606112218-2772219

私が直接関わっている地区は、京浜地区(池上)とその分科会の横浜です。そのほかの地区は、その地域の先生方が立ち上げ、その地域の先生方が運営なさっています。今のところ楽器店を母体としたものが中心ですが、南東北地区(仙台)や東海地区は楽器店を通さず、先生たちだけで運営されています。運営の形式にはこだわらず、それぞれの地区に合った方法をそれぞれが模索し、お互いのやり方を尊重しながら、各地区同士助け合っていこうというスタイル。
  
その助け合いの一環として作成したのが《発達障碍ピアノレッスン》という告知ブログで、各地区の活動が悩んでいる方の目の届きやすくなったならと願って開設しました。各地区の先生方が自由に投稿できるブログなのですが、日程と場所の告知だけでなく、どういう内容だったのかの報告も投稿されているので、「顔見知りもいないし不安」という方にも、とりあえず試しに行ってみようかな?と思っていただけるのではないでしょうか。

こちらは埼玉県川口市の情報交換会です。6月12日は、ご自身のお子さんも重度自閉症という佐藤美和先生が、重度自閉症の男の子の4年間をお話しくださるそうです。

茨城県龍ケ崎市でお教室をしております佐藤と申します。 4年前に出会った重度自閉症児の男の子から今現在のレッスンの様子を動画を交えながら 私、佐藤がお話しさせていただきます。 その動画には、お母さんの話が入っています。 音楽教室に通わせる事への不安・お教室に通ってからの家での様子・音楽初めて変わったこと・ピアノを始めてよかったと思う事。が収録されています。

初めて出会った時は、ピアノの鍵盤に足を乗せたり、椅子や床の上にひっくり返ってしまったり、蓋を閉めてしまったり・・・・ 音楽を受け入れませんでした。発語・笑わない・多動・何でも口に入れるといった子が、現在は、私と一緒に音楽を心から楽しみ 元気に通ってくださってます。

そんな お互い苦労・感動した話、どんなふうにピアノに向かえるようになったか?をお話しさせていただきたく思います。 皆様の参加を心よりお待ちしております。


34561759_2155302044693894_7835602283143364608_n


こちらは東京都の多摩で開かれる情報交換会。三上先生は京浜地区の分科会、溝の口を運営してくださっていて、いつも「おぉ!」と思わされるお話しをしてくださいます。声掛けの工夫が素晴らしいんです。

このほど、多摩センターでお話をする機会をいただきました 三上 緑です。京浜地区情報交換会での内容を、実演を交えながら、楽しくお伝えしたいと考えています。 また、溝の口の会の先生方から話題に上る、ちょっとした困ったこと。どんな風に考えると、先生側も生徒側も前向きに進めるのか、そのような事にも触れ、フリートークの時間も設けます。 お近くの先生、ぜひお出かけください!

日時 7月3日 火曜日 10:30~12:30
場所 スガナミ楽器多摩店
  〒206-0033 多摩市落合 1-46-1 ココリア多摩センター4F
  TEL:042-375-5311 
参加費 864 円(会場費となります)
お申込み お問い合わせ
中村 直美 Email  suga_naka_nao@yahoo.co.jp
三上 緑 Email  m.mikami 54@gmail.com
34583335_431682110636771_626002414083768320_n


最近、栃木県宇都宮市にも情報交換会ができました。東海地区、南東北地区(仙台)もあるのですが、こちらは楽器店の手助けのない形で運営されており、新しい参加者の募集がどうなっていくのか未知数なため、詳細はこちらに投稿できませんが、FBにある非公開グループ《発達障碍ピアノレッスン(ピアノ指導者・楽器店の方限定)》にいらしていただければ情報が得られます。
  
どう接したらよいかわからない生徒さんがいる。そんなお悩みを一人抱え込んでいる先生、どうぞお近くの情報交換会へいらしてみてください。きっと悩みから抜け出すためのヒントに出会えるだろうと思います♪ 

《発達障碍ピアノレッスン告知ブログ》

http://hattatsu-piano.blog.jp/
ブログのカテゴリを地区ごとに分けています。近隣の情報交換会をカテゴリから探してみてください。まだ数が少ないですが、この活動が全国に広まっていったならと願っています。

自分が住んでいる地域にも情報交換会を立ち上げたいという方がいらっしゃいましたら、ぜひFBにある非公開グループ《発達障碍ピアノレッスン(ピアノ指導者・楽器店の方限定)》で、他の先生方に声掛けしてみてください。同じ地区の先生が2,3人集まれば、まずはお茶会のような小さな規模からスタートできるでしょうし、楽器店に声掛けするのか、自分たちだけでやっていくのかなど、今後の活動方法について話し合えることでしょう。

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 12:04|Permalink 障碍&幼児 

2018年06月05日

もっと知りたい!フォルテピアノ・アカデミーSACLA(1)

IMG_2120

今年の夏、歴史的な幕開けになるであろう第1回フォルテピアノ・アカデミーSACLAが開催されます。フォルテピアノの第一人者である小倉貴久子さんがプロデュースする、古典派時代のフォルテピアノにどっぷり浸れる贅沢な3日間です。主催は《知っておきたい!トレンド古典派音楽》の塚田聡さんが代表のメヌエット・デア・フリューゲル

生まれも育ちもアクションの仕組みもさまざまな総勢7台の楽器が、さいたま市のプラザウエストに参集します。日本の音楽界の将来のためにぜひ!と、チェンバロづくりの第一人者の久保田彰さんの工房、そしてフォルテピアノづくりに生涯を捧げようという太田垣至さんの大きな協力を得て、これら個性豊かな7台のフォルテピアノが出揃いました!(塚田さん)

みなさん、フォルテピアノってご存知ですか? 作曲家が生きた時代のピアノで、現代のピアノとは様々な点で違いがあります。このアカデミーで取り上げる古典派時代のフォルテピアノは、ハンマーの大きさがなんと親指大。現代のハンマーはフェルトですが、当時のハンマーは革でできていました。弦の太さも違います。イギリス産業革命以前は弦の張力を支える鉄鋼などありませんでしたから、すべて木製。弦は木で支えられる程度の張力で張られ、弦の素材も太さも現代とは異なります。

私がフォルテピアノの響きに出会ったのは10年以上前のこと。その頃、チェンバロの演奏会は探せばありましたが、フォルテピアノの演奏会はほとんどなかったんです。ところが最近、フォルテピアノの演奏会がどんどんと増えてきて、この音色が身近になってきました。これは、フォルテピアノ奏者で第一人者の小倉貴久子さんと、メヌエット・デア・フリューゲルのご活躍によるものといっても過言ではないでしょう。

そしてとうとう今年、フォルテピアノ・アカデミーSACLAが開催されることになりました。これだけの楽器が一堂に会するのは奇跡的!フォルテピアノだけでなく、クラヴィコードや、私がまだ見たことも触れたこともない鍵盤楽器も揃っています。古典派時代は、様々な鍵盤楽器が共存していた時代なのです。

アカデミーの開催を知った私は、即座に受講の申込みをしました。受講生は定員8名。なんとこの定員、たった1日で埋まってしまいました。でも大丈夫! 聴講生の定員はありませんし、期間中毎日あるコンサートを聴きに来るだけでもOKという、堅苦しさのない誰にでも開かれたアカデミーです。この機会に様々なフォルテピアノ、当時の鍵盤楽器の音色に触れてみませんか?

ピアノを発明したクリストーフォリの楽器を複製したもの。博物館に置かれているような楽器を、なんと体験コーナーで触ることができるんですヨ♪(1日10名限定)
新クリストーフォリ


(2)以降で、アカデミーで使用される楽器の紹介をしていきます♪

《フォルテピアノ(ピアノ指導者限定)》
FBに非公開グループを作成しています。小倉貴久子さんもメンバーに加わってくださっている、とても贅沢なグループです。フォルテピアノについてよく知らないという方も大歓迎。投稿を読むだけでも面白いグループなので、どうぞお気軽にメンバーリクエストしてくださいね♪
https://www.facebook.com/groups/189358371794097/

 
アカデミーリンク用画像


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 11:29|Permalink フォルテピアノ・アカデミーSACLA 

2018年04月16日

Amazonのなか見検索(無料)で読んでみる

この本は、「今まさに悩んでいてすぐ情報が欲しい!」という方に向けて、即レッスンに活用していただけそうな部分を無料で読めるようにしてあります。無料で読める部分を、目次からご紹介させていただきますね。

特に《第1章より 自閉症スペクトラムの子 》の(1)具体的に伝える  銑イ函◆複押忙覲个冒覆┐ の 銑い蓮∈まさに悩んでいてどうしたらよいかわからずにいる方に、すぐ試してみようと思っていただけるアプローチだろうと思います。



・はじめに   
 「ピアノ講師のみなさんへ」   
 「ご両親の方へ」   

・序章 教室に発達障害の子がやってきた   
 「うちの子、発達障害なのですが レッスンしていただけないでしょうか?」   
 「お月謝をいただいている以上、レッスンらしいレッスンがしたい」   
 「レッスンらしいレッスンとは、目的がはっきりしているということ」   

・第1章より 幼児の世界   
 (1)自己中心性と中心化   
 (2)アニミズム   

・第1章より 自閉症スペクトラムの子  
 (1)具体的に伝える      
  _箸任領習方法を伝える      
  ▲譽奪好鵑慮通しが立つ      
  H表会のための練習を説明する      
  げ士未鮨値化する      
  ァ俵饌療”はすべての生徒さんに通じること   
 (2)視覚に訴える      
  ‘虻遒畔源による説明      
  音の長さを視覚化する      
  レッスンそのものを視覚で説明する      
  っ躇佞鯊イ靴燭た搬琉媼韻鮖覲个冒覆┐   

・ピアノ教室 Q&A より   
 適度なレッスン時間は何分?   
 お月謝の設定は他の生徒さんと同じがよい?   
 発達障害児に指導をしている先生が情報交換し合える場はある?   
 発表会にどうやって参加させたらよい?   
 左手と右手の混乱を防ぐ方法はある?   
 単調な練習を飽きさせないコツは?

※増刷後、情報交換し合える場の紹介をmixiからFBのグループに訂正しています。


【FB発達障碍ピアノレッスングループ】
非公開、ピアノ指導者と楽器店の方限定のグループです。気軽に悩みが相談でき、たくさんの情報が得られます。コメントや投稿には参加せず、読むだけの方も大歓迎。どうぞお気軽にご参加くださいね♪
https://www.facebook.com/groups/458864134300478/


【発達障碍ピアノレッスン告知ブログ】
各地域のピアノ指導者が自主運営している会からのお知らせです。カテゴリーを地域ごとに分けています。お近くの地域を選んでご活用くださいね♪
http://hattatsu-piano.blog.jp/


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 16:54|Permalink 本の出版 | 障碍&幼児

2018年04月10日

Facebookフォルテピアノグループ(ピアノ指導者限定・非公開)

Facebookに《フォルテピアノ》というグループを作りました。ピアノ指導者限定のサークルのような雰囲気のグループで、気楽に語り合えるよう非公開にしています。先日フォルテピアノ第一人者の小倉貴久子さんがこのグループに加わってくださり、なんとも贅沢なグループとなりました♪

フォルテピアノ1

よく知らないけれど興味があるという人から、コアなフォルテピアノファンまで。かしこまることなく楽しくやりとりできる、和気あいあいとしたグループです。

こんな素敵な写真付きでコンサートの感想が投稿されたり・・・

フォルテピアノ4

こんなコアな情報が投稿されたり・・・
  
フォルテピアノ5

ブッフホルツって?ですよね。ショパンがポーランド時代に使っていたピアノの製作者です。これはショパン研究所がこの楽器を復刻したというニュースで、こういった興味深い情報が「何それ?」「知らない」「教えて!」と気軽に言い合える空気感の中で交わされているのが、このグループ♪
  
ご紹介した投稿は佐野安子先生のもの。(公開のご了承をいただいています)こういうニュースは佐野先生のお得意分野!一体どこから仕入れてくるのやら?!情報通がグループにいてくれることのありがたさったら♪

これ ↓ は指をくわえながら「行きたいねぇ」「ため息がでちゃうねぇ」「ため息どころかよだれが出ちゃうよ」なんてやりとりをした投稿。ほんとポーランドに行きたくなっちゃう。

フォルテピアノ2

極めつけはコレ!グループを立ち上げてすぐに「小倉さんのご自宅で講座を受けたい!」という話が持ち上がり、ものすごぉい勢いで決まった企画。
 
フォルテピアノ3

参加者は現在14名。残り3名の募集となっていますので、ご興味のある方はお気軽にグループへメンバーリクエストしてくださいね。ピアノ指導者であれば、どなたでもご参加いただけます。

もちろん講座に参加しなくてもメンバーリクエスト大歓迎♪ フォルテピアノについて知らなくても、読んでいるだけで「へぇ〜」と自然にフォルテピアノが身近になる、そんなグループです。

Facebookフォルテピアノグループ
https://www.facebook.com/groups/189358371794097/


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 11:53|Permalink ピアノ/練習&勉強