2016年09月29日

東日本大震災楽器支援終了に寄せて

楽器支援を開始したのは、震災直後の4月頃のことでした。
宮古市の先生からの要請で始まった支援。
あの頃は被災地の状況もよくわからず、
果たして楽器支援が可能なのかどうかもわからない状態でした。

志を同じくする方々の助けもあり、
中古電子ピアノを支援者の方に
郵送代を持っていただくという形で始めることができ、
それが2,3年続きました。

支援要請したにも関わらず、
仮設に行ってみると狭すぎて楽器が置けず、
支援を受けられなくなかった兄弟がいました。
その後、引っ越して支援できることになったときは嬉しかった。
仮設の集会所に支援することで、
練習ができるようになった子たちもいました。

被災地の先生方からその後の近況をいただけることもあり、
それらはブログや、
ご支援くださった方々へメールでご報告させていただいてきました。

その後、中古電子ピアノのマッチングをやめ、
新品の電子ピアノを支援するようになりました。
電子ピアノは家電。
5年ほどで寿命がきてしまい、
あまりよい状態ではない電子ピアノが支援される可能性があったためです。

支援楽器は被災地の楽器店で購入してきました。
仙台の楽器店にいらした吾妻さん、
宮古市小成楽器店の向口さんには、本当にお世話になりました。
送料無料、県外発送(小成楽器店のみ)、
支援先の方への発送日の確認など、
お二人のご協力なくして、
この支援活動を続けることはできなかっただろうと思います。

チャリティコンサートで支援金を募ってくださった方、
長期的に支援し続けてくださった方、
たくさんの方々に支えていただきました。
宮古市や石巻に訪れ、一生の宝となる出会いにも恵まれました。

支援活動を始めた当初、
まさかこんなに長期的な支援になるとは想像だにしませんでした。
1年半くらいで終了するだろうと思っていたのです。
正直心が折れそうになることも多々ありましたが、
温かく見守り、そっと手を差し伸べてくださる方々にいつも救われてきました。
本当にどうもありがとうございました。

こうした支援活動はやめどきがわからず、
やめるとなると心が痛むものですね。
支援要請がほとんどなくなったとはいえ、
もしかしたらあるかもしれないと思うと、やはり心が痛みます。

しかし、できることとできないことがあるというのも事実。
今後は個人的に各団体へ支援していけたならと思っています。

長い間、たくさんの方々にご支援いただきました。
本当に本当にどうもありがとうございました。


中嶋恵美子


emksan at 13:01|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 東日本大震災支援 

東日本大震災楽器支援(2016/9/29更新)

85台目の支援をさせていただくことができました。
ご協力くださったみなさま、本当にどうもありがとうございました。

この楽器支援は、
85台目を最後にし終了させていただくことになりました。
私一人の力では、1台分の支援金を集めるのが難しくなったことと、
この1年間、支援要請が半年に1台あるかないかとなっていたためです。

高台への移転後、引っ越した方々から支援要請があるかもしれないと、
予測をしつつ見守ってきていましたが、
支援要請がほとんどないということ、
各地で震災が起きている中、個人での支援活動の限界を感じ、
終了させていただくことにしました。

被災地へピアノをとどける会など、
継続して支援している団体があります。
今後はこういった団体へ個人的に支援を続けていけたならと思います。
ピアノ関係の支援活動は、
ピティナのサイトに詳細が載っています。
http://www.piano.or.jp/info/crossgiving/

長い間、ご支援くださり本当にどうもありがとうございました。


【電子ピアノ支援】


これまでの楽器支援報告
 ・購入した支援楽器  楽器提供マッチング





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 11:44|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 東日本大震災支援 

2016年08月30日

来月号ムジカノーヴァの本気度がすごい

ムジカノーヴァ来月号の本気度がすごい。
5年前に『あきらめないで!ピアノレッスン
〜発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ〜』
(ヤマハミュージックメディア)を出版したとき、
雑誌に発達障碍児レッスンが特集されるなんて、
あり得ない話でした。

ネット上でのピアノ指導者同士の会話も、
発達障碍児についての話題はタブーといった雰囲気で、
話題にすることが避けられていたほどです。

あれから5年。
ネット上では発達障碍児レッスンを話題することが、
当たり前になりました。
FBにある非公開グループ『発達障碍ピアノレッスン』には、
ピアノ指導者と楽器店の方限定にもかかわらず、
現在542名ものメンバーがいます。

そして、とうとう限られた人だけが交流するネットだけでなく、
多くのピアノ指導者が読むピアノ雑誌に
取り上げられるまでになったのですね。

ムジカノーヴァ来月号の特集
「先生が知っておきたい子どもの発達」には、
発達障碍と見られる行動をする
生徒とのコミュニケーションの取り方についての、
ピアノ指導者と臨床心理士による対談や、
発達障碍の子のレッスン見学記事が載ります。

私にお話があったのは後者のレッスン見学。
記事を書いてくださる方は、
音楽療法の本などを執筆なさっている、
発達障碍児に詳しい方です。

先日ラフ記事が送られてきたのですが、
私のちょっとした声かけの意図まで汲み取ってくださっていて感激しました。
自分で文章にするわけではないので、
こういうのってものすごく緊張するんです。
誤解なく、ちゃんと記事にしていただけるかなと。

ところが、いただいた記事のすばらしいこと!
心配が一気に吹き飛び、喜びに変わりました。
内容に関する訂正は一切なく、
私がお願いしたのは加筆だけでした。
読者が悩んでいるだろうことを想定して、
ここまで突っ込んで説明した方が
わかりやすいだろうと思われる部分について、
率直にお伝えしたのです。

雑誌は字数制限があるので加筆は難しいだろうと思いつつ、
文字が小さくなっても加筆したほうがよいように思うと、
無理を承知でお願いしました。

そして今日、
それらすべてを含めることになったとのご連絡をいただきました。
ひとつ残らず、すべて!
記事にした方がよいという判断をしてくださったのです。

ムジカノーヴァの本気を感じました。
どこまでもどこまでも、
良いと思うものを追求して記事にする。
そういう意気込みがそこにはありました。
ムジカノーヴァ編集部の方々には、本当に感謝です!

診断名のある子。
グレーゾーンで診断名のつかない子。
診断を受けていない子。

ピアノ教室にはいろんな子が訪れます。
障碍のあるなしで居る場所が分けられるのではなく、
ピアノ教室というひとつのところに、
いろんなタイプの子が集まるのです。

診断名がつかないグレーゾーンの子や、
知的障碍を伴わない子の親御さんたちは、
理解が得られず、苦労することが多くあります。

福祉という限られた世界ではなく、
一般社会に浸透するピアノ教室という場で、
このように理解が広まっていくことには、
大きな意義があるんですよね。

そのことを受け止めるピアノ指導者が増え、
よりよくしていこうと雑誌が特集を組み、
情報を発信するなんて、
5年前には考えられなかったこと。
時代はここまできたんだなぁと、
感慨深い思いになりました。

でも、まだまだこれから!
日本は発達障碍への理解がとても遅れているんです。
一歩一歩地道に歩を進めながら、
5年前目標に掲げた、
発達障碍児がピアノ教室を探さなくてよくなる社会の実現を、
これからも目指していきたいと思います。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 14:15|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年08月06日

発達障碍ピアノレッスン・FB非公開グループ

FBに開設した『発達障碍ピアノレッスン』グループは、
ピアノ指導者・楽器店の方限定の非公開コミュニティです。
現在521名のメンバーがいます。

ピアノ指導者であれば、
発達障碍の生徒さんがいないという方でもメンバーになれます。
メンバーに属していることは公開されますが、投稿の内容は非公開。 
私はあくまでも管理人なので、
私とFBで繋がっていなくてもお気軽にメンバーリクエストくださいね。

どんなお立場の方も、
発達障碍児へのピアノレッスンに興味がある方であれば大歓迎です。
お互いの立場を越え、メンバー全員が平等な立ち位置で、
純粋に発達障碍児のピアノレッスンについて語り合っています。 

参加ご希望の方は、下記リンクからメンバーリクエストしてください。
https://www.facebook.com/groups/458864134300478/

ピアノ指導者かどうかわからない場合、
確認のために神野由香さんから
メッセージを送信させていただくことがあります。
由香さんと繋がっていない方、
共通の友だちが少ない方は、
受信箱にメッセージが入らない可能性があるので、
「もっと見る」⇒「フィルタ済み」を必ずご確認ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


【楽器店の方へ】

楽器店の方もメンバーになることができます。
ただし、メンバーが迷惑に感じるような営業行為はお控ください。
苦情が出た場合、
メンバー削除やブロックなどの対処をさせていただくことがあります。
もちろん発達障碍に関する告知は、どんどんしていただいて構いません♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 12:24|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 障碍&幼児 | ピアノ/レッスン

2016年08月01日

生徒さんたちの演奏動画

ネット上に公開することをご了承くださった、
発達障碍の生徒さんたちによる、
今年の発表会動画です。

私の生徒さんたちはみんな高校生以上で、
10年以上ピアノを続けています。
なっちゃんなど16年、
SYOTAくんもそれに近い年数ピアノを習っています。

ピアノを長く続けていれば、
こんな風に趣味として楽しめるようになるんだなぁと、
今小さい子たちを教えていらっしゃる先生方、
親御さん方には長い目で見ていただけたら嬉しいです。

一人ひとり、レッスンの試行錯誤やら思い出やらがハンパなく多いので、
もっともっと語りたい気持ちになってしまいますが、
そうするととんでもなく文章が長くなってしまいます。(笑)  

ご興味のある方は、ブログ右サイドバーにある
レッスン風景動画や生徒さんの成長の記録、FBのノート投稿、
ヤマハミュージックメディアから出版している
「あきらめないで!ピアノレッスン
 〜発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ〜」
コミックエッセイ「発達障害でもピアノが弾けますか?」などを
読んでいただけたら嬉しいです。

動画リンクはFBですが、
FBをしていない方にも見ていただけるリンクになっています。


【なっちゃん 弾き語り】
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/591000754416242/?l=3187487136101698300

コミックエッセイ『発達障害でもピアノが弾けますか?』に登場している軽度知的障碍なっちゃん。録音機器がマイクよりピアノの音を拾ってしまいやすいようで、声とピアノのバランスがちょっと悪いのですが、会場ではちょうどよいバランスで聴けていました。

なっちゃんは、高校を卒業した頃から5線の区別がつくようになったので、読譜の訓練をしていますが、反射的に読めるわけではないので楽曲の楽譜は色音符にしています。練習は仕事から帰ってきたあとの30分。自主的な習慣です。

弾き語りは夢中になって練習してくれていました。音響が趣味のお父さんもノリノリで、このために耳かけマイクを購入。今、なっちゃんはアンサンブルに夢中で、先日は知り合いの大人の方のサックスとアヴェ・マリアを合わせていました。以前弾いた曲だったので、思い出しのためのレッスンを2回やっただけでしたが、とても楽しく演奏できたとの報告を受けました。



【同上なっちゃん ソロ】
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/591050114411306/?l=701255428064053264

軽度知的障碍なっちゃんのピアノソロです。教室の友だちが合唱曲を弾いているのを聴いて、自分も合唱曲を弾きたいと言ってきました。『マイ・バラード』という合唱曲をなっちゃん用に私が編曲しています。

なっちゃんにとって一番難しいのは、3音以上の重音と黒鍵です。この曲の課題はそこにあり、途中めげそうになったとき、私が弾くのを録音してCDにしてあげたところ、毎日のように聴き込んでくれて不調を脱出。見事重音や黒鍵に混乱することなく、弾けるようになってくれました。

なっちゃんは緊張しぃで、たまに緊張しすぎて楽譜を見失ってしまうことがあるのですが、「音楽の流れを止めない(見失わない)」「緊張に負けない」という声かけを忠実に守ってくれるので、音楽の流れや自分を見失うことなく、自力で対処し復活、最後まで弾き切ってくれています。



【げんちゃん】
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/591046417745009/?l=2202280268645559801

軽度知的障碍なっちゃんと双子のげんちゃん。重度知的障碍の子です。発表会ではみんな自己紹介&曲紹介をしてから弾いているのですが、げんちゃんのことはお母さんが紹介してくれています。

げんちゃんについてはここで私が語るより、動画冒頭のお母さんのお話を聞いていただく方がよいだろうと思うので、私は動画を投稿するだけにしますね♪



【あかねちゃん】
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/591113591071625/?l=1406150000023935601

コミックエッセイのエピローグに「あかねちゃんのお母さん」のインタビューがありますが、そのあかねちゃんの演奏動画です。この子は小学生の頃、イヤイヤ虫でなかなか教材が定着せず、少しでも難しいと思う箇所に出会うと弾きたくなくなってしまい、1曲を仕上げるのが難しい子だったのですが、それは過去の話。中学生頃からイヤイヤ虫が激減し、今では全く見られなくなりました。

「合唱曲が弾きたい」と弾きたい曲が出てきたことで、メキメキ上達し始め、両手奏が苦手だったとは思えないほど弾けるようになりました。それでもアルベルティ・バスやドミソドミソのような伴奏音型の両手は無理だろうと思うのですが、この子の特性に応じたアレンジであれば、こんなに弾けるようになるんですね。そのことに、もっと早く気づいてあげられればよかったと反省しています。

また、この子は手を広げたり、指をくぐらせたりという動きが嫌いで、なかなかそれを受け入れてもらえずにいたのですが、中学生頃からそのことへの受け入れ口が徐々に広がり、「ほら、ここはびよぉ〜〜んって広がるんだよ」など、この子にウケそうな声かけをすると、面白がってついてきてくれるようになりました。今では全く嫌がらずに、どんな動きでも弾いてくれています。

練習は、週に4日。レッスンノートの順番で、真面目に練習してきてくれています。お母さんはどの程度付き添っているのか、多分家事をしながら見守ってくれているくらいだろうと思います。



【かおるちゃん】
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/591195254396792/?l=1812088571289651860

コミックエッセイでなっちゃんのお友だちとして登場する、カオルちゃんの動画です。顔がわからなければとご了承いただきました。 仕事に慣れるので精いっぱいだったこの2年。最近は仕事に慣れてきて、レッスンに休まず来られるようになってきました。ピアノは息抜き。今ある力で弾ける曲を弾いています。

この子は体の筋力が弱く、階段は何かにつかまりながら降ります。指の関節も弱く、見た目にも関節のあたりがフニャッとしています。小学生の頃は、第1関節を鍛えるための練習、中学生以降は保持音を使った練習、親指のための練習、小指のための練習など、これまたかなり地味な練習を提案し続けてきたのですが、お母さんのご協力もあり、いつも誠実に取り組んできてくれました。

お陰で今はしっかりとした音で弾け、親指もしっかりしてきたので指くぐりもできます。長年取り組み続けてきた、左右の音のバランスも今では確実にできるようになり、表現の幅が広がりました。

この子はとにかく耳がいい! 聴覚過敏なところがあるので、犬の鳴き声やバイクの音など、苦手な音がありますが、音感がとてもよいので楽譜が読めなくても、耳で曲を覚えてくれます。一応色音符にしているのですが、ほとんどの音は耳で記憶しているようです。最近は読譜の訓練を始め、少しずつ楽譜から色音符を消していっています。 

ヴァイオリンも習っていて、先日久々に聴かせてもらったのですが、音が伸びやかになって、音色が豊かになっていました。音感がいいので音程もバッチリ。なっちゃん同様に、悲しいハーモニーを聴くと泣いてしまう、感性の豊かな子です。


【リョウくん】
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/591071097742541/?l=176904448575372683

コミックエッセイに登場する、自閉症リョウくんの発表会動画です。今年は、ペダルを上げるときの「ガンッ」という雑音が気になり、レッスンをしたのですが、その音を出さないように気をつけてペダルを上げると、今度は音が濁ってしまいます。本人も濁っていることには気づき、気持ちが悪いようなので、本番はその修正をしながら弾いているようでした。

パニックになりやすく、レッスンでの自傷行為はありませんが、日常生活ではまだ自傷行為が見られる子です。この演奏動画には、間違えて一瞬止まる場面があります。内心「パニックになるのでは?!」と不安になったのですが、なんとか自分をコントロールして冷静に対処してくれ、最後まで落ち着いて弾き切ってくれました。発表会後の妹からのメッセージカードには「間違えたときも落ち着いて弾けてよかったね」の一言。さすが兄妹! わかってるな〜。(笑)

リョウくんは、ホームコンサートで演奏することにものすごいやりがいを感じてくれている子で、本番1カ月くらい前になると、その気合いをひしひしと感じます。この曲を弾くときは、いつも背中を真っ直ぐ伸ばして、丁寧な音で弾こうと1音1音に心血を注ぎ込んでくれていました。

家での練習は、子どもの頃から一人でしています。普段は練習してこない日もあるのですが、発表会の1カ月くらい前から、毎週5日、びしっと練習してきてくれていました。調子の悪い日は、45分のうち30分を気持ちを鎮めるために使い、残り15分でレッスンすることもありますが、もちろん調子の良い日もあります。そんな日は45分みっちり集中してレッスンを受けてくれています。

コミックエッセイは、リョウくんが中学生くらいまでのこと。現在のリョウくんは今年高校を卒業しています。コミックエッセイに書いたことと変わらないのは、注意(否定)がタブーだということです。少しでも注意をするとパニックになるので、注意することはできません。そのためレッスンは、コミックエッセイに書いたのと同じように進めています。


【SYOTAくん ショパン & 自作】
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/589803331202651/?l=4195385880125201330
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/589791837870467/?l=7328395243672247629

広汎性発達障碍の子で作曲をします。小さい頃は多動でしたが、中学生頃から多動がなくなりました。耳が良く、なんでも耳コピーしてしまいます。これまで作曲してきたものは、SYOTAの部屋に投稿していますが、どの作品も私の音は1音も混じっていません。アドバイスすることはあるのですが、それは「この音にしなさい」というアドバイスではなく、「こう聞こえるんだけれど、他の方法はないかな?」などという声かけで、SYOTAくん自身に直してもらっています。

今回の作品は『荒野に立ち向かう』 という曲名です。「仕事でストレスになることがあるので、それに立ち向かうために作った曲です。この曲を聴いたみなさんは、っと明るく前向きになれると思います。」(本人より) 

最初この曲を持ってきてくれたとき、私がついていけないほどの転調をしていたので、「音楽はこのままでいいと思うから、これを前の曲想ともう少し近い調にしない?」と提案したところ、受け入れてくれました。ただ、ここの調を変えたことで先の調に繋げるのが難しくなり、徐々に転調して先の調に近づけていくという転調楽句を作るのにかなり苦労していました。私は音に関して一切口出ししないので、SYOTAくんが自分の力で克服するしかないのですが、見事に素敵な曲に仕上げてくれています。

子どもの頃は、間違えると鼻をフガフガさせて、顔が紅潮し、「こんなはずじゃなかった!」というようなイライラした音でピアノを弾いたものでしたが、「イライラしない訓練」をすることで、間違えても汚い音で弾くようなことがなくなりました。

音の強弱やレガート、音色などの音楽表現をなかなか理解できなかった子で、図や線、体の動きなどを使い、視覚的にアプローチすることで、徐々に理解していってくれました。強弱を理解してくれたときは、自分から「レベル1!」「レベル5!」などと数値に置き換え始め、なるほど、そんな方法があったか!と学ばされたものです。レガートを理解してくれたときは、「ソフトクリーム!」と言い、私はレガートで弾くSYOTAくんの横でソフトクリームを食べる真似をしていました。(笑)

今では、定型発達の大人の生徒さんたちとなんら変わらないレッスンをしています。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  



emksan at 23:52|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 障碍&幼児 

2016年07月29日

SYOTAくんの自作曲

SYOTAの部屋に自作曲をアップしている、
広汎性発達障碍のSYOTAくん新曲です。
リンクの動画は先月の発表会のものです。

https://www.facebook.com/emikopiano/videos/589791837870467/?l=7328395243672247629

『荒野に立ち向かう』

仕事でストレスになることがあるので、
それに立ち向かうために作った曲です。
この曲を聴いたみなさんは、
きっと明るく前向きになれると思います。(本人より)


次のリンク動画はSYOTAくん演奏で、
ショパンのノクターン第1番です。

https://www.facebook.com/emikopiano/videos/589803331202651/?l=4195385880125201330


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 20:24|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 障碍&幼児 | ピアノ/レッスン