2017年07月29日

7冊目の読み継いでいきたい音楽本

新サイト「読み継いでいきたい音楽本」が軌道に乗り始め、今日の更新で7冊となりました。これまでに寄稿してくださった方々をご紹介しましょう♪


塚田 聡(つかだ さとし)さん
古典派音楽をこよなく愛するホルン奏者。フラウト・トラヴェルソを愛奏。
ラ・バンド・サンパ 
http://kikuko-mdf.com/sympa.html
古典派シンフォニー百花繚乱 http://www.ab.auone-net.jp/~symcla/18/biao_zhi.html
シューベルト研究所 http://schubertinstitut.com/index.html

金田 陽子(かねだ ようこ)さん
ピアノ指導者。感じとる力や感動する心を育てる金田音楽教室主宰。
金田音楽教室 
http://www.kaneda-piano.com/index.html
クリスタリーヌ http://kaneda-piano.cocolog-nifty.com/

辻 有里香(つじ ゆりか)さん
東京でユリカミュージック(バイオリン)スクール主催。バイオリン、ビオラ指導者。古楽好きでバロックバイオリンとビオラ・ダ・ガンバを教室に置く。合奏を通して、「人との協調」「音楽」を教えるレッスンを続けている。
ユリカミュージックスクール  
http://www.yurikaviolinschool.jp/

  
音楽の専門書はどんな良書でも絶版になることが多く、手に入れたいと思ったときには時すでに遅し・・・ということがよくあります。私たちの目に留まりやすいのは、発売当初の広告が主だからでしょう。そういった絶版になりがちな音楽本の良書を広め、読み継いでいくことを目的に立ち上げたサイトです。今後も、このサイトの主旨に共感してくださる方々とともに、意義ある充実したサイトに育んでいきたいと思います♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 09:23|Permalink 音楽/本・CD 

2017年07月26日

久々に作曲して遊びました

久々に作曲をして遊びました。曲調が先に思い浮かんでしまったため、適当な詩を見つけることができず、苦手にもかかわらず自分で作詞することにしました。


鈍色の空の向こう側   

通り雨 にわか雨
霧雨 小雨 村時雨
雲のまにまに 身を寄せて
ぽつぽつ しとしと こんこんと

通り雨 にわか雨
地雨 氷雨 横時雨
風のまにまに 身を寄せて
やおら しずしず たおやかに
    
鈍色の空の向こう側
おてんとさまが わらってる




クリックで応援してネ♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 22:12|Permalink ピアノ/練習&勉強 

2017年07月24日

あったかい気持ち

発表会終了。あらためて、多くのあたたかな人たちに囲まれて、私の人生はあるのだと思った一日でした。なんてなんてあったかいんだろう! お手伝いしてくれる仲間も、毎年聴きに来てくださる生徒さんたちの親御さんや親戚の方々も、みんなみんなあったかい。
  
うちの教室は、毎年「ホームコンサート」という名称で発表会を開催しているのですが、まさにこの名の通り、みんなで作り上げるみんなのコンサートが育まれてきました。演奏者のためだけではない何かが、そこにはあるんですよね。そこにいる誰もが幸せな気持ちになれる、そんな空気感。
  
このコンサートでは、私が司会というか、その時々の流れを舞台上でお話するときがあるのですが、そのときのみなさんの眼差しのあたたかいことったら! 本当は人前でお話するのが苦手なのに、会場のあたたかな空気に包まれると、緊張がほぐれて自然に話せる自分がいます。
  
最近は涙腺が弱くなり過ぎ、泣くつもりなんて全然なかったのに、突然涙が出てきて困ってしまう。そんな私に「がんばれ!」と声をかけてくれる友人たち。「ありがとうございました」とおじぎをして顔をあげた瞬間、会場から湧き出た大きなブラボーの声、声、声。抑えたはずなのに、またまた涙が溢れ出てしまう。
  
ここが私の居場所。生徒さんや親御さんたちとの関係は、私の人生の宝物。私がまっすぐに前を向いて歩いていけるのは、ここがあるから。決して見失ってはいけないものがここにあるのだと、ホームコンサートを終えるたび初心にかえります。みんな大好き!
  
クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 10:06|Permalink ピアノ/レッスン 

2017年07月21日

聴きながら読む本

読み継いでいきたい音楽本に、ホルン奏者の 塚田 聡 さんが寄稿してくださった「バッハ=魂のエヴァンゲリスト/礒山雅著」、さっそく購入して読み始めています。この本は読む本ではなく聴く本なのですね。読んでいると、とにかく聴きたくてたまらなくなります。

クラシック音楽はオーディオで聴きたい派なのですが、読書は布団の中が好き。寝室にオーディオはないのでスマホで聴くことにしました。スマホでもイヤホンを付ければ、読みながら聴くにはちょうど良いですね♪ 読んだその場で検索できる上、「こんなに素晴らしい演奏家がいたのか!」という発見にもつながり、世界が広がる気がします。

この本のために、YouTubeが聴きやすくなる無料アプリをダウンロード♪
  
IMG_0387

プレイリスト名は本の題名♪ こういうのって大好き! 宝箱ができたみたいでワクワクしちゃう。本を読んでいて聴きたい曲が出てきたら「検索→聴く」、聴き終えたら再び読み進め、また聴きたい曲が出てきたら検索・・・の繰り返し。聴いているときは読まずに聴くだけ。

今朝も、起きてすぐこのリストを聴きました。昨日読んだ文面を思い出しながら、バッハの若かりし頃に思いを馳せて。「深い淵から、主よ、私はあなたに呼びかけます」BWV.131など、作曲された背景がわかると当時の人々の「深い淵」に胸が痛み、この音楽の美しさに心奪われます。当時の人々は、礼拝で涙しながら聴いたことでしょう。

こんな風に音楽とともにある本っていいですね! 聴きながらゆっくりと読み進めたい本なので、まだまだしばらく楽しめそう♪

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ



emksan at 10:41|Permalink 音楽/本・CD | ピアノ/知識

2017年07月20日

新サイトーいろんな方が寄稿してくださいます♪

新サイト「読み継いでいきたい音楽本」が軌道に乗ってきました。最初の2冊は全体のデザインを決めるために私が投稿しましたが、その後はお二人の方が寄稿してくださっています。今後、ほかの方々からも寄稿文が寄せられる予定で、徐々に見通しが立ってきました♪ ご協力くださるみなさまには本当に感謝です!

このサイトは、わざと管理人の所在を明らかにしていません。管理人も寄稿者も、冒頭に「文:名前」があり、最後にその文を書いた人のプロフィールというシンプルなデザインにしてあります。訪れてくださる方に、ご自身の息遣いの中でくつろぎながら読んでいただくには、管理人がしゃしゃり出るのは邪魔でしかないと思うからです。

この形にしてよかったと思ったのは、寄稿文をいただいてからのことでした。文章を書くのは私とは別人なので、雰囲気ががらりと変わるんです。寄稿文をいただき、「これはこのサイトの面白さのひとつになる!」と思いました。文体が統一していないというのは、読んでいて飽きないものですね。どんどんほかの本の寄稿文も読んでみたくなるのではないでしょうか。

トップ


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 10:59|Permalink

2017年07月17日

時代に取り残されてました(^^;)

何年か振りに、ブログのアクセス解析をチェックしました。驚いたのがモバイル率の高さ。このブログを読んでくださっている72%の方がモバイルからのアクセス。私のようにパソコンのデスクトップからアクセスしている人は、27.8%しかいませんでした。

これまでパソコン画面で見やすい行の長さにしていたのですが、これだとスマホでは改行位置が合わず非常に読みにくい! スマホは時々改行するくらいが読みやすいんですよね。普段スマホでブログを読んだり、FBをしたりすることのない私は、すっかり時代に取り残されていたようです。実際スマホを使い始めたのも、ここ何か月かですし。

先ほど、新サイト「読み継いでいきたい音楽本」をすべて訂正しました。想い出の樹の方は、もう10年くらい続けてきているブログなので、今更直す気にもなれず・・・。先日の投稿だけ訂正し、今後この形にしていこうと思います。

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 08:07|Permalink その他